蜘蛛の瞳/修羅の狼 蜘蛛の瞳の作品情報・感想・評価

蜘蛛の瞳/修羅の狼 蜘蛛の瞳1998年製作の映画)

製作国:

上映時間:83分

ジャンル:

3.9

「蜘蛛の瞳/修羅の狼 蜘蛛の瞳」に投稿された感想・評価

ジガ・ヴェルトフ集団が作った映画かこれは?と思ったのだが案外画面がチープで映像修辞法も既視感バリバリでつまらない。北野武へのオマージュかどうかは知らないが、全体的にゆるゆるな演出で本家とは比べ物にならない。

良くも悪くも黒沢清らしいシネフィル的あざとさが全面に出てる映画。鑑賞後何も印象に残らない。車で横切る大杉漣だけが面白い。
Mayashico

Mayashicoの感想・評価

4.5
同じ人物に温和さと残虐性が同居した矛盾を孕んだ存在として描く黒沢清的な主題が、哀川翔を復讐者or善き夫として交互にモンタージュすること、またダンカンの部下たちが標的を殺害した(実際に手を下したのは哀川翔だが)直後に、無邪気にボール遊びに耽る彼らの姿が挿入されることで際立つ。複数の人物が等間隔で闊歩したり、釣りしたりするシーンは北野映画を思い出す。一緒に観た人が「布マスクを着けてるのって狂人しか居ないよね」と言っていたのが印象に残っている。
inabow

inabowの感想・評価

3.6
世にも不思議なホラー映画。
出てくる登場人物たち皆ワケわからん。彼らは一体何がしたいのか、何を考えているのか…セリフも別に哲学じみたこととか、難しいことを言ってるわけではないですが、全然分からない。物語も一体どこへ向かっていくのか…復讐劇かと思いきや気が付けばダンカンと杯を交わし、また気が付けばだだっ広い野原でおっさん同士が鬼ごっこしてます。そして、ひたすら淡々と人が死んでいくという…
このワケの分からなさが何とも言えない恐怖を誘います。黒沢清にしか出せないこの感じ。好きです!

「考えるな!!!」
大杉漣が劇中で私の気持ちを代弁してくれるという何とも嬉しいサービスもついております。
"車からひょっこり大杉漣"のシーンは何度観ても笑っちゃいます。加速でGがかかって、「グンッ!」となる漣さんあっぱれ。
dude

dudeの感想・評価

4.3
訳分からんがめちゃくちゃ面白い。室内で急に傘をさす大杉漣、僻地で化石を掘るヤクザの親分・菅田俊。一方通行なブロマンス感は『復讐 消えない傷痕』にもあったが何なんだこのザワザワする後味...。ほとんど肉体しか出てこない寺島進...。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

3.7
脚本が高橋洋から監督自身に変わることで、物語から解放され、やりたいようにやった感がある。

前作では広い空間が多く、奥に抜けた構図が印象的だったが、今作は森といったある種、鬱々とした空間でのベルトルッチ的手法が光る。てかあのシーンはそのまま暗殺の森だよね。

ただ全体として北野武リスペクトが強すぎて、オマージュってより模倣としか思えない所が多々あった。
あちゃ

あちゃの感想・評価

4.0
プログラムピクチャーらしい感じで前作とほとんど設定は引き続き。空っぽの部屋、空っぽの人々、ラングや小津の世界。ペキンパー好きだっていうのに、ゴダールみたいに発砲し続けんのなぜ?
ずっ~と、観たかった黒沢清監督のVシネマ作品の一本。 
VHS(大映ビデオ)をレンタルして、鑑賞。 
あの『勝手にしやがれシリーズ』に続いて、哀川翔が主演。 

新島(哀川翔)が娘を殺した男(寺島進)に復讐する場面から始まる。 
そんな新島に「仕事」を一緒にしないか、と持ちかける岩松(ダンカン)が出てきたあたりから物語は進展を見せる。 

印象的なシーンは、多々あったが、やはり黒沢清監督らしく段ボール殴打が迫力(笑) 
→この「段ボールを使う理由」は、黒沢清監督の著書に詳細記載あり。 

また、ロングショットもやたら多かった。 

しかし、物語としては、前作『修羅の極道 蛇の道』と比べてしまうと、内容がスカスカな感じであった。 
(物語の詳細を書くと幾らでも書けるが、長くなるので詳細は省略する。) 

物語というより、映像を楽しむ作品だった気がする。
りえ

りえの感想・評価

3.8
前作に引き続き面白い。この映画の独特な間がすきだ。哀川翔の虚無感もすごくいい。ソナチネに確かに似てる。
俺は蛇の道のが好きだけどこっちもやばいな。お気に入りは逃げる女に石を投げつけて殺すシーン。
netfilms

netfilmsの感想・評価

4.3
 椅子に羽交い締めにされ、ガムテープでぐるぐる巻きにされた男(寺島進)の姿。『勝手にしやがれ!! 英雄計画』のクライマックスのようなやる側とやられる側の構図。新島直巳(哀川翔)は6年前、娘を誘拐され無惨にも殺された。彼はその復讐を果たそうとしていた。右手にボールペンを取った男の「人違い」の文字。妻の紀子(中村久美)には仕事が残業だと嘘を付き、新島は復讐を完結させた。だが生きる目的を失い、ただ淡々とした自堕落な日々を送っていた新島はそんな矢先、同級生だった岩松(ダンカン)に再会する。岩松インターナショナルの会長になったかつての友人に誘われるままにバイト感覚で転職した新島は、ビジネスとして殺しを行っていく。ある日、新島は組織の上部・依田(大杉漣)に岩松の監視を命令される。岩松を裏切る自分に嫌悪感を抱きながらも、依田に説得され監視を続ける新島。やがて岩松が暴力団・金政会の会長と接触していることが発覚する。岩松が仕事にかなりのストレスを感じていることを知った新島はカタギになってやり直すことを進めるが、岩松はなかなかその踏ん切りがつかない。その事を隠した報告書を依田は信用し、新島は組織の真のボス・日沼(菅田俊)と会い、そこで金政会の会長を殺すように命令される。

 本来ならば『復讐』シリーズの最終話になっていた物語で、主人公は著しく主体性を欠いている。『蛇の道』では自らの復讐計画のために宮下を巧みに操りながら、最終的には娘を殺した人物たちを皆殺しにしたが、今作では逆に抜け殻のようになった新島が、周りの人間に言われるがままに殺しに手を染めていく。前作は新島がなぜ宮下を助けるのかという部分にミステリーが宿ったが、今作は寺島進を殺める描写をラストではなく、導入部分に持って来ている。彼を拉致し、椅子に縛り、口を塞ぎ、コミュニケーションの手段は筆談だけという状態で監禁し、最後には銃弾で殺める(死んだかどうかは問題ではない)。『勝手にしやがれ!!』シリーズ同様に、ここでもダンボールによるワンカットの暴力性が露わになる。役者の生理に対し、決定的なワンカットを映すために、黒沢はあえて軽いダンボールを凶器として用いるのである。中盤にはまるでキアロスタミの俯瞰ショットのように、かなりの高所にフィックスされたカメラが哀川翔と菅田俊のあまりにもバカバカしい追いかけっこを長回しで据える。16mmから35mmに転写されたフィルムは粒子の粗い映像となり、滑稽な人間の動きを更に面白おかしくコミカルに伝える。後半、死んだ娘の幽霊を妻が見るところは、『降霊』の原型と言っても過言ではない。心底ナンセンスな不条理劇は、抱いた女を躊躇なく殺める残虐さをもって提示される。獲物は決して釣れることはなく、妻と引き換えに生きがいを見つけた男の眼前には再び狂った日常が提示される。
>|