スプライスの作品情報・感想・評価・動画配信

「スプライス」に投稿された感想・評価

pita

pitaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

🔬🧑‍🔬🐈👽👗💄🛖
SF感は意外と薄い。夫婦の言動に終始イライラw ツッコミ入れながらなんだかんだ楽しめる作品。
よーだ

よーだの感想・評価

3.0
製薬会社に勤める天才科学者の夫婦は、遺伝子結合実験により新種のキメラ生物を生み出すことに成功した。企業は新生物をバイオ分野に応用する方針を示すが、二人は秘密裏にヒトの遺伝子を組み込んだキメラの創造という禁忌を犯してしまう。


◆ 暴走する狂科学者

倫理観とはなんでしょうか。古今東西のインモラルをかき集めてぐちゃぐちゃに混ぜ合わせた様な強烈な作品でした。

《人工生命体》これは今作において(なぜか)是とされていました。ウミウシと芋虫を足して肥大化させたようなクリーチャー。こいつを一目見て〝キュート〟とか言ってのけた時点で〝こいつ、感性がぶっ壊れてんな〟と確信。

あれよあれよと禁忌の《人造人間》の精製に踏み込んでしまう研究者夫婦のElsa(Sarah Polley)とClive(Adrien Brody)。先っぽだけ理論で暴走していたのは主にElsaでしたが、ほとんど彼女の言いなりでノーが言えなかったCliveもよくない。出来ちゃった(創っちゃった)子供は見た目も気持ち悪いけど、その子供を無理やり育てよう(観察しよう)とする夫婦も同じくらい気持ち悪い。責任取れないならやめろよ!いい大人だろ!

知能がついた人造人間が成長するにつれて人間によせた姿形になっていく。これはこれで《不気味の谷》に似たグロテスクさ。Drenと名付けられた彼女をDelphine Chaneacが怪演していました。生肉(ウサギらしい)むしゃむしゃして振り向いてニッコリ。バイオハザードかよ。


◆止まらぬ嗜虐の連鎖(ネタバレあり)

生命倫理の観点から切り込んだ作品が、いつの間にか《性》と《血縁》の領域へと踏み込んでいきます。

マッドサイエンティストのElsaは母子家庭で抑圧された(虐待を受けていた)少女時代を過ごしていた事が明かされます。そのため、精神的に未熟で大人になりきれていなかったんですね。(宝箱やお菓子などは補強材料だったんだと得心。)そして、自分もまた子供を支配するために実子ではなく実験動物の形をとった事までも明かされていました。〝隠さなければならないから〟という理由でDrenを監禁し、〝危険だから〟という理由で身体(毒針)を無理矢理切除するElsa。正統に見える理由は全て後付けの大義名分だったと知った時、Elsaに対して嫌悪感を抱きました。これはしっかり虐待。

成長したDrenも〝反抗期〟(の様なもの)をむかえます。自分で捕まえた猫が一度母親に取り上げられて、再度与えられた(Elsaのマウント)時には躊躇う事なく刺し殺すDren。挑戦的な表情が何とも。

〝I inside you.〟ハートウォーミングに聞こえるElsaの台詞が、ラストで特大の禍々しいブーメランとなってはね返ってくることに。血は争えんな。


◆崩壊していく道徳観念(ネタバレあり)

Drenの精製に使用されたDNAはJane Doe(匿名女性)のものでは無かったと明かされて、ビッグ芋虫ちゃんズの血祭り大会が閉幕したあたりから、本格的に《性》がテーマに切り替わります。作品の仕上げに入りましたね。アクセル全開ですね。

恐るべきはCliveとDrenの納屋での性交シーン。DrenにはCliveのDNAは入っておらず、ElsaのDNAが入っている(Elsaのキメラである)事を踏まえると、〝同一個体の異性に好意を抱くのは普通のことなのか…〟と思わなくもない。けれど、画面上で繰り広げられているのは異常事態。異種交配と近親相姦(エレクトラ・コンプレックス:女児の父親に対する性的衝動)と不貞行為の詰め合わせ。現場を目撃したElsaに逆ギレするClive面の皮厚すぎな。

DrenちゃんがDrenくんになってからはバイオレンス感が増量。強引なレイプスタイルでリアルMother Fxxkerに。異種交配と近親相姦(オイディプス・コンプレックス:男児の母親に対する性的衝動)のダブルパンチ。ちょっとヤバいElsaさんのお子さんもしっかりヤバかったんですね。初めて発した言葉がElsaが投げつけた〝I inside you..〟。精神的にプレッシャーをかけてきた母親に対して物理で返す大技。こりゃあ気持ち悪いですわ。


今作では悉くオスが淘汰されました。《蠱毒》の様に殺し合った人工生命体も、男性に性転換した人造人間も、その周りにいた科学者も企業の役員も。醜い《暴力》によって命を落としました。

最後に残ったのは、女性社長とElsa、そしてDrenの置き土産。母系社会をあらわしたような締め方でしたが、結局Elsaは会社に飼い殺しにされることになりそうです。逆光の中、社長がElsaの方を抱き、Elsaがお腹を抱える構図が逃れられぬ縦社会(虐げ、虐げられる関係)にゾッとします。人ならざる者をその身に宿していることも、勿論恐ろしいのですが。


*雑記*
ゆいまるさん のレビューを読んで、ついつい怖いもの見たさで鑑賞してしました!
ゆいまるさん と同じく、〝おぇぇぇぇ。〟ってなりました_:(´ཀ`」 ∠):
興味本位で突っ走ってしまった。これは科学者夫婦のことを悪く言えんかもしれんな。
いいのかつまらないのかわからない内容だった。やきもち焼くとか…
Imyme

Imymeの感想・評価

3.2
好き嫌いわかれそうな映画だけど、個人的に結構好き。
人外ちゃんが離れ目じゃなかったらもっと好き。
ただ主人公が戦犯すぎてもれなく全員不幸ルートなのでずっともやもやする。弟不憫すぎ。
ぜひ続きが見たい。
酩酊

酩酊の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

倫理観ボロクソな夫婦の話。エルザ、わざとドレンに旦那殺させて自分が孕むの受け入れたでしょ、、?どこまで行っても気持ち悪さ貫いててイイネ
よ

よの感想・評価

3.4
キモ映画。
自我が芽生えていく過程も面白い。
個人的には結構好きだったな
観たい!と思ったポイント☑︎✨

1、正直おすすめできない、衝撃的過ぎるトラウマ映画10本という記事に含まれていた(他ヘレディタリーとか時計じかけのオレンジとかあった。ヤバそう🙄)
2、監督がキューブのヴィンチェンゾ・ナタリ
3、製作総指揮にギレルモデルトロ

倫理を無視して人間と動物のDNAを掛け合わせて新種の生命体を創造する🧬その生命体を秘密裏で育てる研究者夫婦の話しーーー。。

おぉぉぉΣ( ̄[] ̄;)!なかなかヤバそうな設定💦

誕生した生命体のルックスは・・・
人寄り?動物寄り?鳴き声は?成長してどのように変化する??

👆🏻これが気になってたんけど。。
うん。ギレルモがいかにも監修してる感じ(⚭ω⚭ )(察していただけると幸いです‧✧̣̇‧)

ストーリー展開も、おぇぇぇぇ。
あなた達(研究者夫婦)のその感情を言葉にすると何なんですか?教えて🤲?おぇぇぇぇ。
ラストも、うわぁぁぁぁ。 (語彙力w)

こりゃ記事が言うように人にオススメする作品じゃないですね😇✨私みたいに怖いもの見たさの方は是非💁🏻‍♀️笑

倫理は守りましょう( ・᷄ὢ・᷅ )‼️
ラフ

ラフの感想・評価

3.3
微妙にかわいくて、、、
絶妙なかわいさ

大事にしたくなる気持ち分かるけど、、いずれ手に追えないことは分かるよね

ドレンが色毛づいた雰囲気すごいっ!!
クライヴが意識した所も伝わってきて、、やっぱりな〜
がしの

がしのの感想・評価

3.4
胸糞と聞いてやって来ました。
胸糞よりも、主人公夫婦のブレブレ思想に憤りを感じたわ。
科学者だからパンピーでは理解できない部分があったとしても、責めて一貫性のあるキャラクターを描いて欲しかった。
倫理観あるんだかないんだかよく分かんないよ。
なんちゅうか生理的にきつい
忌避感やばい。しかしこれも制作者の思惑にまんまとはまってるのか?
>|

あなたにおすすめの記事