スピーシーズ/種の起源の作品情報・感想・評価

「スピーシーズ/種の起源」に投稿された感想・評価

ニコ

ニコの感想・評価

3.8
美女、グロ、エイリアン

美女役が本当に美女って実は結構すごいなぁと思いました!
Masato

Masatoの感想・評価

3.8
美女エイリアンの生殖とかもうサイコーだな。。こういうのこそリメイクしてほしい!
TB12

TB12の感想・評価

3.5
子供の頃何度も見た思い出の映画。理由は当然…エロいから!
でも改めて見るとB級なりに頑張ってるしそんなに悪くないと思う。
それにヒロインが美人。とにかく美人。いやほんとこれに尽きる。俺の中ではもう消えちゃった女優さん扱いだったけどwiki見たら今でもコンスタントに映画やドラマに出てんだね〜。なんか嬉しくて思わずインスタもフォローしてきちゃった。アメリカでMeToo運動が始まり出した頃に実は彼女も被害に遭っていてメディアに出たりしてたんだね。テレビに出た際彼女を紹介する時の映像はもちろんこちらのスピーシーズのV。アメリカでもやっぱりナターシャ・ヘンストリッジ=スピーシーズなんだね(笑)
5年に1回ぐらいは見返したくなる懐かしエロ映画。何度もお世話になってるから評価は高め。
Chikara

Chikaraの感想・評価

3.4
友達とエロを求めて観たけど、エイリアンの姿がまるで触手モノで萎えた。

でもナターシャヘンストリッジは無茶苦茶綺麗だった。
エロティックなSF作品。

宇宙から来たエイリアンが
地球人の男性の精子を受け
種を残すために繁殖行動を開始する…
というおはなし。

とにかく、美女エイリアンが美しく
こんなエイリアンが来たらつい男は
ついていってしまうでしょう…
とは言え、素は冷酷なエイリアンで
交尾相手を平然と殺すのでセックスしたら
最期…

単なるエロ作品でなく
美女になり男性を翻弄するエイリアンと
それに立ち向かう人類との戦いが描かれています。

美女エイリアンのデザインは
H.R.ギーガー氏によるもので
非常に無機質でエロティックな風貌が
作品にとてもマッチしています。

私も美女のエイリアンとは
ベッドインしたくないと
思わされる作品でした。(笑)

SFにエロティック要素を取り入れた
意欲作です。
DESK

DESKの感想・評価

2.6
ナターシャ・ヘンストリッジは美しいし、惜しげも無く脱いでくれますが、買えるのがそこだけではね。エイリアンの行動原理も研究所の学術的使命感の無さも霊能力者を出した意図も、中途半端で雑な描写。
20年以上前の作品だし、こちらも山のように映画観てるので、すこし評価厳し過ぎか?
犬

犬の感想・評価

3.3
悪夢

宇宙からの信号に基づくDNA操作実験によって生まれた、“新たな種”の恐怖を描くSFホラー

エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの

彼女の目的とは?

あんな美女がきたらもうダメ

エログロ

ストーリーもそこそこ
終わり方〜

俳優陣が地味に好き
ナターシャ・ヘンストリッジはヤバい
幼いミシェル・ウィリアムズ可愛い

触手が印象的
ライ

ライの感想・評価

2.8
宇宙に向けたメッセージが20年後に届き、そのメッセージの1つにDNA結合があった。
DNA結合で実験進めて行くと、新たな生命体シルを誕生。
そして、すごいスピードで少女から成人の女性と変化していく。
少女の時に逃走されたため、各著名人たちを収集して、シルを探して、駆除するのだが。。。

今観ると、そんなにxxくない(^_^;)
また、少しB級感もあります。
俳優陣は少し豪華です。

最後の戦いでは、シルは人間の姿で戦って欲しかったかな~(^^)
シリーズ1作目。
B級SFホラー。

宇宙に向けて発信したメッセージに20年後DNA塩基配列の返信が。

謎のDNAと人間のDNAを結合させる。

種さえもらえば男はバッサリ殺されまふ。

エイリアンがセクシー👽
○低評価だが割と好きな作品。終盤の安易な追跡劇は残念だが、エロあり、グロありのSFモンスター映画。

○何より美しきエイリアンことナターシャ・ヘンストリッジ演じるシルの魅力。

○他キャストも、ベン・キングズレーやフォレスト・ウィテカーとこの手の映画では珍しいキャスト。若き日のミシェル・ウィリアムズも観られる。

○「LAは何をしても目立たない」というセリフの後に、シルがウェディングドレスで街中を歩くというギャグは最高。
>|