エイリアン4 完全版の作品情報・感想・評価

「エイリアン4 完全版」に投稿された感想・評価

No.3552

オープニング、エンディングとも、

劇場公開版のほうがすっきりしてて、断然そっちのほうが良い。
面白かった。でも、シリーズでは2が1番好み。新種のエイリアンは表情豊か。
このみ

このみの感想・評価

3.3
記録。
2022年112本目
ディズニープラス

シガニーウィーバーの無敵さを再確認。
リプリーは肉体的にも精神的にも最強。
ウィノナの立ち位置。
そ

その感想・評価

4.0
やっぱこの4面白いっすね。しかし荒廃したパリで一体どうするつもりなんすかね。
だい

だいの感想・評価

2.9
かもなく不可もなく。
最後のエイリアンボーイの倒し方は個人的好み

76点

最近ネトフリの Stranger Thingsにハマっていて
ライダー出演の本作が観たくなり完全版を視聴👽

十数体のエイリアンとガチンコ対決👾

シリーズの中でも評価が低いのですが
‘デリカテッセン’を撮った監督さんということで🇫🇷
結構気に入っています👍

前作から200年経過しているという設定🛸
医療研究用宇宙船オリガ号で
リプリーはクローンとして蘇っていた🤭
彼女の体内からエイリアンのDNA を取り出して
繁殖させるというのが目的だったのだが
エイリアンが逃亡して船内で繁殖し始める👽

90年代のCG👾
現在のものに比べるとやはり少々見劣り感が否めませんが
宇宙船内の汚れ描写(ウェザリング感)が
かえってリアルに映ってGOOD🛸

エイリアンとの水中戦などB級ホラー感溢れる戦闘描写も
多少のチープ感がありかえって印象深い👾
クライマックスの戦闘シーンはかなりのグロ注意です😱

レプリーがクローン再生されて蘇るのなら
車椅子の乗組員の治療も可能では...❓とツッコミどころも満載😅
でも、エイリアンの造形にうまい具合にごまかされます👽
そもそも、クローン再生されているのに
レプリーのお肌のツヤがアレなのは流石に無理あり😅

そして今回の視聴目的である我らがライダー👩🏻
当時26歳だった彼女も今では50歳...🤭
万引きでハリウッドをしばらく干される前だったのかと
妙に懐かしい気持ちで観てしまいました😅
今回の目玉はウィノナライダー

シガニーウィバー ミラジョボビッチ デミムーア スカーレットヨハンソンの様にはならないのがウィノナですよですよ

あーいとぅいまてぇーん
懐かしいシリーズ再鑑賞中。
あれ?リプリー?

クローンのバスケ激うまリプリー登場。
終始うっすら悲しげに笑ってる。


ジャン=ピエール・ジュネ監督が
冒頭「まぁこれ(完全版)はサービスだから」と断ってくるのがもう面白かった。



機械?だよね〜人間は優しくないもんね

地球?まじ行きたくない



などから現状を鑑みて
あぁ200年持つかな、、と荒んだ悲観的な感想が漏れちゃいます。
美しい地球を
あなたが救ったのよ、とリプリーに言わせる劇場版の方が好みです。

あんな怖かったのにマザーエイリアンが殺された時悲しかった。
2022年リライト22本目

「4/26エイリアンの日」記念|ナンバリング作品ラスト

◆あらすじ
西暦2155年、囚人惑星・フューリーでドッグエイリアンを葬り、自らも溶鉱炉に沈んだリプリー(シガニー・ウィーバー)。それから200年後・・・USM(連合軍)の医療研究用宇宙船・オリガ号の研究員は、溶鉱炉に沈んだリプリーの血液からクローンを作りだそうとしていた。

そして、被験者8体目にして完全なリプリーのクローンを作り出すことに成功。リプリーの手術痕は3日ほどで消え、記憶もうっすらあるようだ。一方、クイーンも凄まじいスピードで成長し卵を産んでいた。

その後、船長エルジン(マイケル・ウィンコット)や女性技師コール(ウィノナ・ライダー)を含む、6人の乗組員を乗せた民間貨物輸送船・ベティ号がオリガ号に寄港する―――。

◆感想
ニューボーン・エイリアンが登場したときは、感想の行き場がなくてどうしようかと・・・。可愛くないんだこれが。エイリアン・クイーンを殺すとは何事か!?

今作のテーマは「復活」ということで、溶鉱炉に沈んだはずのリプリーとエイリアンが復活!!ただ、リプリーはクローンなので厳密にはリプリーじゃないんですが。4といえば、リプリーがバスケットボールと戯れているシーンが印象的ですが、CGを一切使わずゴールしてるんですね!?
また、コールがアンドロイドだと判明する瞬間も好きで、人間よりも人間らしく、人間よりも優しいという設定。演じているウィノナ・ライダーの演技も好きで、ピュアピュアアンドロイドを見事に演じきっていました!
アンドロイドと人間、どっちが人間らしいかそこらへんの倫理観みたいなのが描かれている気がします。いつまでたってもエイリアンを軍事利用しようとしか考えてないし、何回も同じことを繰り返してほんとうに愚かな生き物!

今作では水中を泳ぐエイリアンが登場します!ただ、フルCGなんですね・・・それでも違和感なく優雅に泳いでいた印象です(笑)
ただ、ニューボーンちゃんのビジュアルはいただけない。骨格から肌の色から全部が、今までの個体と違っていて、瞳が見えてる時点でもう別物よな。しかも、めっちゃ瞳で訴えかけてきて、最後宇宙空間に吸い出されていくシーンは少しだけ「ごめんね」って思ってしまった。

子どものころに観たときよりも「面白い」って思ったのは私が大人になったからか(笑)3のごシックな雰囲気とは違い、コミカルなシーンもあり、その中にもちゃんとホラーやアクション要素があって、ちゃんと''復活''の物語に仕上がっていたと思います。
今作では、ウェイランド・ユタニは吸収されているという設定なので、企業がどうとか、みたいな話はあまりなかったですね。まぁリプリーも200年前に死んでいて、大企業だったウェイランド・ユタニも無くなっててもおかしくないよな。

ジャン=ピエール・ジュネ監督のほかの作品を観たことがないのですが、ナンバリング作品を締めくくるにはいい終わり方だったと思います。
許して…(涙)の巻

劇場公開版と完全版の主な違いはオープニングとラスト
完全版のオープニングはしょうもない始まり方で、劇場公開版のおどろおどろしい雰囲気など皆無
ではラストはどうかと言うと、劇場公開版は初めて見る地球は美しい的な終わり方でしたが、こちらは地球に降り立って荒廃した地上の景色で終わる、ある意味真逆な終わり方
どっちがって言うのであれば劇場公開版で良いと思いますが、正直どっちでも手に取れる方でどうぞって言うのが本音です
>|

あなたにおすすめの記事