チョン・ウチ 時空道士の作品情報・感想・評価

「チョン・ウチ 時空道士」に投稿された感想・評価

Annu

Annuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

残念なイケメンが似合うカン・ドンウォンと人間になりたい犬ユ・ヘジンさんコンビが可愛かった
妖怪のビジュアルがかなり良いのでもっと出てきてほしかった
みボ

みボの感想・評価

2.5
ドタバタアクションコメディなので気軽に見れる。
けど面白いかと言われると??

カン・ドンウォンは本当にテキトー男が似合う。
護符を使った術がいい。
ドタバタアクションコメディですね。
韓国映画をよく見てる人なら知ってる俳優さんがいっぱい出てきますよー。
R

Rの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自宅で。

2009年のファンタジー。

監督は「暗殺」のチェ・ドンフン。

あらすじ

500年前、妖怪に体を乗っ取られてしまった道士ファダム(キム・ユンソク「天命の城」)によって巻物に封じられてしまった道士チョン・ウチ(カン・ドンウォン「ゴールデンスランバー」)が現代に蘇り、同じく現代まで生き延びたファダムや妖怪たちと戦う。


韓国産スーパーヒーロー的設定に興味を惹かれ、昔一度鑑賞を試みたものの、TSUTAYAのレンタル返却期限に間に合わず、泣く泣く途中で諦めた因縁深い作品。

今回はNetflixで配信されていたので、リベンジの意気込みを持って鑑賞しました!!

この機会に「チョン・ウチ」自体のことを少し調べたら実際にいた人物だったんですね。どうやら映画版以外にもテレビドラマ版があるみたいで、向こうでは、日本で言うところの「安倍晴明」みたいな位置付けか。

ただ、こっちのほうは観てみるとわかるんだけど、チョン・ウチのキャラといい、コメディ調というか、カラッとした作りになっているので、非常にとっつきやすい。

主演を務めたのは、カン・ドンウォン。この前観た「超能力者」の役柄とは異なり、今作ではコミカルな役で、またこういう役演じてもかっこいいはかっこいいなぁ!!ただ、服装はちょっとダサいけど…。

護符を使った術の描写も特に中盤の分身のシーンは絵的にも新鮮で楽しく観れた。

あと脇を固める役者陣が意外と豪華!!多分韓国映画をある程度観ている人なら、あ!この人も、この人も出てんだなぁ!!となるはず。特筆すべきはチョン・ウチの相棒(元犬)のチョレンを演じたユ・ヘジン(「コンフィデンシャル/共助」)と黒幕ファダムを演じたキム・ユンソク氏!!

ヘジンは三枚目というかほとんど汚れ役(ヒロインの手をペロペロ)を買って出ていたり、ユンソク氏は相変わらずの不敵なヴィラン感オーラが半端無い。

やっぱ、この2人が出てるだけでカン・ドンウォン然り絵的にすごく格が上がってるように感じる。

あぁ、あと3人の仙人を演じた役者たちもどこかで観たことあるけど、特に現神父の仙人を演じたキム・サンホは今年で言うと「焼肉ドラゴン」で大泉洋と共演していたので、見覚えがある人も多いんじゃないだろうか?

肝心の妖怪描写も、まぁハリウッドの技術には優に及ばないけど、それでもウサギとネズミ型というあまり見たことのないモデルの妖怪をそれなりのCGで見せてくれるので安っぽさはほとんど感じない。残念なのはせっかくファダムが妖怪に身体を乗っ取られるので、最終的に妖怪化するのではないかと、ずっとワクワクと待ち望んでいたら、変身せんのかーい!!いや、そこは変身しとこうぜ!!(ファダムのままでもある程度の強敵感はあるけど)。

あと、不満点で言えば、コメディシーンを所々で挟み込むので、ある程度中だるみはします。加えて戦闘シーン、特に映画セットを舞台にした最終決戦のシーンはワイヤーあり、CG効果ありでワクワクしながら観れたんだけど、それに至るまでの戦闘シーンが小刻み過ぎてとっちらかっちゃってる感じはあったかなぁ。

端的に言えば無駄なシーンを省いてもうちょい短くできたように感じる。

まぁ、細かい点は目につく、まさに大味なヒーローものの作品だったけど、決してつまらないわけではなく、「韓国でもマーベルみたいなヒーローものの映画作ってやろうや!!」っていう作り手の気概も伝わり、結構楽しめたというのが正直な感想。

「ブラック・パンサー」でもあった夜の道路でのチェイス及び戦闘シーンもあり、もしチョン・ウチがマーベルに参入したらと考えながら観ても面白いだろう。
楽しんで観れました。
色々設定で分からない部分はありましたが役者さん達が良かったので。キム・ユンソクは雰囲気ありまくりだし、ユ・ヘジンさんは安定!もちろんカン・ドンウォンも素敵でした。
もみ

もみの感想・評価

-
ユ・ヘジンとキム・サンホが愛くるしくて愛くるしくて愛くるしくてたまらんだった!!!ファダム様にキャ〜〜〜ってなったし、、、キムユンソクの「ン?」好きだなあ、、💦💦💦どうしよう、キムユンソクって、かっこいい、、、?!?メイクの要はやっぱり眉毛よね、、、
仙人3人組はソン・ヨンチャン、キム・サンホ、チュ・ジンモ!!!
チュジンモが!!怖くないっ!!!これだけでめちゃくちゃ得した気分!
ソンヨンチャンもベテランの財閥会長様とかGBWのキム辧主とか怖めの役しか見たことなかったから、コミカルな顔芸にヒイイー!笑「あの犬だよ、ケーセッキ!ケーセッキ!!(裏声)」とかひっくり返りそうになった、、!!本国では声優とかもやっているそうだから、そこまで怖い人イメージでもないのかなあ??
キムサンホ、司祭服似合う〜!!
チョン・インギもあんまり見たことない嫌味のないキャラクターで黒縁メガネが似合いすぎでよかったし、イムスジョンはトゥルントゥルン…イムスジョンストーリー上不要ではという意見があるのもよくわかるんだけど…いや、ごちそうさまでした…ふふふ…
ユヘジン氏演じるチョレンイが、名乗りする時に一文字ずつ「チャ」を挟んで喋るのめちゃくちゃ可愛かったんだけどどういうニュアンスなんだろう😆
ノグリおじさん(チョ・サンゴン)は見つけられずザンネン
雰囲気など主人公のカン・ドンウォンもカッコよくキャラも良かったのでまあまあ楽しめた。

ただ長い!中盤辺りのバトルもそんな盛り上がらないし、街の人都合よくいなさすぎだし…。ワイヤーアクションなどCGなどはできいいのでそん気にせずは観れたけど…。

キーとなる笛の脅威さ、手に入れたかった青銅の剣はなんだったのか
イマイチわくわくしなかったなぁ。
すー

すーの感想・評価

3.0
B級感がすごいけどカン・ドンウォン出てるし見ようかなという。なんだこれって感じではあるけどカン・ドンウォンが格好いいからまあ…にしてもだったけどもう良いのです。カン・ドンウォンが演じる役のキャラは好きだった。
tuji

tujiの感想・評価

2.0
Netflixにて。久々に面白くない。なんか狭い世界の話のように感じてしまう。過去と現代の設定も、どうなんだろう。。なんか唐突な印象。
はるか

はるかの感想・評価

3.5
道士vs妖怪のファンタジーアクションコメディ。
カン・ドンウォンが尋常じゃないぐらい可愛い。ライダースとロングコートかっこよすぎる。
ユ・ヘジンも可愛い。

後半ちょっと長く感じたけど意外と面白かった!!
>|