処刑教室の作品情報・感想・評価

「処刑教室」に投稿された感想・評価

scotch

scotchの感想・評価

2.0
驚異の駄作。どこぞの映画祭で絶賛されたらしい。神経疑う。邦題も謎、何が処刑か!

いかれたアメリカのハイスクールで起こった陳腐な事件の謎を追う。
B・ウィリスが客寄せパンダが如く出演するも、事件そのものがあまりにつまらなすぎて全く興味が湧いてこない。見どころは数秒のセクシーシーンのみ(笑)

ラストシーンの女子高生のセリフ、「忘れなさい」
そうしたい。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
タイトルから想像するストーリーとはかけ離れすぎ。高校の構内でのちーさなはなし!ブルースウィルスがでる必要あるの?
非常に評価が低いけど、期待していなかった分そこまで酷くはなかった。タイトルから80年代にあったような学園内バイオレンス・アクションみたいなものを想像すると間違いなく裏切られる。
メインのミステリーもミーシャ・バートンも平凡だけど、バートンと「シックス・センス」繋がりで友情出演?としか思えないブルース・ウィリスが場違い感がありつつ怪演で一見の価値はある。ガムにこだわる件や変な歌を唄う場面はコメディとして面白い。
yun

yunの感想・評価

1.5
相変わらず、作品を選ばないブルースウィリス。
そんなブルースが演じるのは、元軍人の校長…オイオイ

授業潰して自作の歌を生徒に歌わせる。
アメ~リケン♪

元軍人なだけあって、インク玉とはいえ撃たれた時の反応が過剰。
『畜生!!撃たれた!!』
スーツを破り裂く。
アメ~リケン♪

こんな演技もやってしまうブルースウィリス、好きだわー( ´ω`)


それにしても、アメリケン高校生の発達がよすぎてハイスクール映画に見えない。爆

ミーシャバートン可愛いけど声低い。
ストーリーはもう言わずもがなB級。

ブルースウィリスの一人舞台。
Techno9012

Techno9012の感想・評価

2.0
ミーシャ・バートン目当てで見たけど、、

胸くそ映画だった。

タイトルがそもそもダサい。
Bee

Beeの感想・評価

1.0
ブルースウィリスが出てる割に、ストーリーがイマイチすぎる。

なんで、出たの?って思う。
無駄だったなぁ。

しかも処刑教室ってテーマじゃない。。

このレビューはネタバレを含みます

2回目の観賞。
ブルース・ウィリスの出る意味。。でもアメリカの歌には笑った。そしてミーシャ・バートン可愛い。
寝ても問題ないし映画館でみた人には御愁傷様としか言いようがない
もっとスリルがあると良かったのに!!
全然コワくなくってヤバかった…

ブルース・ウィリスが出演している事に若干の違和感。
ひろ

ひろの感想・評価

2.3
長編映画デビューとなるブレット・サイモン監督によって製作された2008年のアメリカ映画

すごく安っぽい学園ミステリーです。「処刑教室」という仰々しいタイトルにも関わらずエグさゼロという拍子抜け。「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」の方がよっぽど物騒です。学園ミステリーの定番みたいな展開だから、頭を使わないで観たい人向けかな。

主人公を演じたリース・トンプソンは、あまり知らない若手俳優だけど、この映画は脇役に注目が集まった作品。「シックス・センス」以来の共演となるミーシャ・バートンとブルース・ウィリス。ドラマ「The O.C.」でブレイクしたミーシャ・バートン。ドラマ以降はパッとしないからか、オールヌードで悪女を演じ、新しい道を模索している。

そして元軍人の校長を演じたブルース・ウィリス。彼はなんでこんな役をやってるんだと思って笑ってしまった。軍人時代を引きずりすぎの校長のキャラクターはまあまあよかったのに、あまりにも登場シーンが少なかった。あれだったら誰がやってもよかったかな。

アメリカの学園ミステリーって、必ずB級映画になっちゃうけど、どうせB級にするなら徹底的にやって欲しかった。下手に本格ミステリーを目指しているから中途半端になっちゃったね。なんだかんだいって、学園ミステリーって言ったら「金田一少年の事件簿」なのです(笑)