ニュースの天才の作品情報・感想・評価

「ニュースの天才」に投稿された感想・評価

ka28mar

ka28marの感想・評価

2.8
ニュース 記事 報道>雑誌
主観>客観

全くの嘘>やらせ>演出

作家 クリエイターなら
→フィクション。被害者は誰だ。
[R_D]
mi

miの感想・評価

3.1
天才ってそういう意味かって感じだった、だいぶ脚色してるんだろうけどやばい人が実在したんだな
KURI

KURIの感想・評価

2.5
本人がまるで嘘をついている自覚がなくて、自分で言い続けてるとなにが嘘でなにが本当かわからなくなるところが怖かった。ちょっとかわいそうって思ったけど実際のところなに考えてるんだろう。
笑えるところはない。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
なぜ記者は記事を捏造したのか。焦りか、プレッシャーか、功名心か。そこには悪魔的な葛藤があったはずですが、本作の主人公はただの虚言癖のバカにしか見えない。自分でついたウソと現実の区別さえつかないときたら、一片の同情の余地なし(そもそも捏造記事の筋が悪すぎる)。これはある意味ヘイデン・クリステンセンの本領発揮であり、この全く共感できないキャラクターは、アナキン・スカイウォーカーにも通ずるところあり。

あまりに簡単に真相が明らかになってしまうので、なんかどんでん返しがあるのかなー、と期待した自分もバカでした。

でも映画としてつまらなかったかというとそんなことはなくて、「世の中、こんなバカがいるんだ」と妙に清清しい気分になったりして、案外楽しんでしまった自分もいます。
ザン

ザンの感想・評価

3.4
言い訳や嘘を次々と語り続け、事件直後に母校であつかましく後輩に語るイヤな感じがよく出てた。
正直な感想は、意外とバレないもんなんだなって事

しかしながら、静かなハラハラ感満載で終盤に向けての収束にかけての感覚が、幼少の頃に先生や親に怒られると思っている感覚と同じような気持ちになりました。

是非鑑賞後はトゥルーストーリーをどうぞセットで‼︎
つよ

つよの感想・評価

3.0
ニュース捏造事件。
ちゃんとした雑誌で実際にあったという驚き。
A23

A23の感想・評価

3.0
随分前に見たけど、主人公にものすごくイライラしたことは覚えてる。とにかく苛ついた。あんなにイライラしたってことはやっぱりヘイデン・クリステンセンがうまかったってことなのか、ストーリーがしっかり練られてたってことなのか。
chihiro

chihiroの感想・評価

3.2
あらすじを知っていても、最初のうちは好感を持って主人公を見ているのに、段々と軽蔑の気持ちが湧いてくる。演出が本当に上手いんだと思う。
ナカ

ナカの感想・評価

-
2011/12/30

地味ながら、堕ちていく様が丁寧に描かれていた。
>|