ニュースの天才の作品情報・感想・評価

「ニュースの天才」に投稿された感想・評価

ナカ

ナカの感想・評価

-
2011/12/30

地味ながら、堕ちていく様が丁寧に描かれていた。
スクープを立て続けにものにする若手新聞記者はフェイクニュースの達人だった…という実話を基にした映画。
新聞やニュースを作る人たちもSNSでグレーな行為に手を染める構ってちゃんと大差ないのかも。
kummy

kummyの感想・評価

3.5
ヘイデン君の顔、
序盤はキラキラしたお顔立ちだったけど、後半は疲弊し、目が泳ぎだし、「ヤバイよ、ヤバイよー(~_~;)」となる感じが見て取れ、一貫の終わりかと思いきや、
リアルストーリーでは、自叙伝を書いちゃうんだね…捏造も含め、なんて図太い性格なんでしょ。
41の記事のうち27が創作だったという驚きの記者。
3重、4重のチェック体制でありながらも、「面白い」という魔力を持つ彼の原稿はかい潜ってしまう。
大衆誌ならともかく、ワシントンポストと並ぶ誌面でこれをやってしまったというのだから驚き。

トランプ大統領は自身を非難するマスコミをフェイクニュースと罵っているが、これはほんとにフェイクニュース。

この記者は後にロースクールを卒業後、この事件を本にしたというのだから図太いというか頭おかしい。
saya

sayaの感想・評価

3.3
スティーブン捏造しすぎ、、
これ実話やと思ったら
記事を全部が全部信じたらあかんねんなって思う。
今の週刊文春?とか芸能ニュースとか
正直ほんまかよみたいなとこ多いし、、
記者ってむずかしいね
それでも読者がおもしろいと思うもの書かなあかんし、、
でもうそはあかん。
全部の信頼、信用なくす。
7ai28

7ai28の感想・評価

2.0
「マスコミ」という格好の餌食を題材にしておきながら、別に守ってもいないし攻めてもいない。マスコミ業界では日常茶飯事な内容で別に普通、驚きもしないし疑心暗鬼にもならない。自信過剰な態度を取りながらもどこか他力本願な態度が幼稚でイラつき、それを客観的に観るのは疲れる
捏造したニュースなんて、今じゃあちこちに転がってそうね。半分信じて半分疑うくらいがちょうど良さそうだね。チャック役の方の雰囲気すんごい好き
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.3
実話もの。記事を捏造して、それを認めて謝ったかと思えば、謝るのは一部についてだけで絶対に全てにおいて非を認めない。しかも謝っておきながら攻撃してくる。それで終わるかと思えば甘えてくる始末。ここまで相手の感情とか空気を読めないのは病気だと思う。どちらかというとチャックに感情移入してしまった。一つの記事を捏造したら、その記者の記事は遡って全ての記事で信用を失くすものだと実感した。人として犯罪を犯したわけでもないから同僚や友人としては同情しても、記者としては同情の余地がない。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.1
権威ある米国政治雑誌ニュー・リパブリックの記者による、実際の記事捏造事件を描いている。捏造した記者がもちろん最低だが、実際の事件の記事知らないけど、あんなちょっと調べたらバレそうな内容、2重のはずの校閲機能ザルすぎるだろう。。廃刊にならなくてよかったね。主演のヘイデン、スターウォーズの時にもずっと思ってたが、基本無表情(というか表情動かせない?)だし演技下手やろ。
トモ

トモの感想・評価

3.0
天才と称された記者のある取材の根拠が見つからないことを皮切りに、記者の嘘が次々に暴かれていく。

信頼されている記者と信用を築けていない新編集、嘘と真実の対比はまあまあ。

報道系の裏切りはあるあるなタイプだと思うけど、ある種の精神障がいのような描かれ方をしている。
最後の、この人がこんなところで話しているのって変だよね?あっやっぱり、、、っていうところは、もはやホラー、怪談話です。
>|