アポロ13の作品情報・感想・評価

アポロ131995年製作の映画)

APOLLO 13

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アポロ13」に投稿された感想・評価

リオ

リオの感想・評価

5.0
アポロ13号は、1970年4月に行われた、アメリカ合衆国のアポロ計画の3度目の有人月飛行である。途中での事故によりミッションを中止したが、数多くの深刻な危機を脱して、乗組員全員が無事に地球に帰還した。
Wikipediaより引用

事柄としてはこの5行程度で収まる訳で、この文見ただけでは他人事の様に受け止める訳だが、
映画を通して、宇宙飛行士の月に行けなかった悔しさ、そして絶望的な状況から、焦りや不安、諦めがある中で、そのことも脳裏に浮かんでいる訳で、でも、それでも一切口に出さず「生きて帰ろう」とする彼らに心打たれた。
そして、彼らを助けようと無理難題を頭抱え不眠不休で「生きて帰らせよう」と解決策を作り出した司令部も本当に素晴らしいと思う。僕なら諦めてしまう。
彼らもまた苛立ちがあっただろう。
本当に凄い。

映画中、地球の人々が彼らの生還を祈るシーンがあった。僕はそれに感銘を受けた。

13と言う数字は元来、西洋では不吉な数字として扱われていたが、まるで、神が仕向けたイタズラの様な数々の不幸を
乗組員、司令部、そして彼らの生還を願った人類の努力で打ち破った様に思えた。

ああ、本当に凄い。"栄光ある失敗"
FraFil

FraFilの感想・評価

4.5
トム・ハンクス…わ、若いw

当時のNASAの置かれた状況や家族の心境、宇宙船の中までも、すごく精密に丁寧につくりこまれていて本物感がすごく、それに輪をかけて王道でしっかりしたストーリーに、もうドキドキしっぱなしでした!
これほんとにあったことなんですか…怖い。そしてほんとに1995年の作品なんですか…すごい。

奥様のマリリンさん、素敵(*^^*)

そして皆かっこよかったですが、特にジーン・クランツの10ヵ条を心に刻みたいと思います。

改めて、13て数字が怖くなりました…((( ;゚Д゚)))ガクガク
仕事仲間って、戦友という感じがします。
何気に人生の親友になったりします。
仲間について描かれてる作品かなと思います。もちろん月へ行く描写も凄いです。
恥ずかしながらアポロ13を知らなかったので、心から楽しめてしまいました。
司令官、ケン、トムハンクス。リーダーとヒーローの一つ一つの判断、指示、決断、諦めない心。かっこいい。こんなリーダーになれるのだろうか。
瑞季

瑞季の感想・評価

-
全員が全員カッコよくて、グッとくる
th

thの感想・評価

3.0
まあまあ。
人生を変えた作品
宇宙飛行士よりも技術者に憧れた
shun

shunの感想・評価

4.0
ゲイリーシニーズこんなところで出てくると思わなかった。csi:ny
Toco

Tocoの感想・評価

4.0
映像とか演出は正直古めかしいのだけど、エンタメ機能がきちんと作動してる。
オープニングの一本のネジ、テレビ放送されていると思って頑張るクルーたち、2アンペア足りないけど最終的には賭けにでるエンジニア、ケンの奮闘など、細かいけどグッとくるツボをきちんと押さえている。ナショナルジオグラフィックを見ると、指揮官やエンジニアは本物にかなり似ている。
夢と希望を持っていたアメリカだからこそ、こういう人間の悲哀の表現は日本人にはできないし、他の国であってもできない。まさにアメリカ的映画だ。アメリカの光と陰のコントラストのスケールを感じさせる名作である。
Ray

Rayの感想・評価

3.6
記録
>|