ファースト・マンの作品情報・感想・評価・動画配信

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

月面に足を踏み出したとき、涙が止まりませんでした。人類である以上、観るべき作品!
特に宇宙に行くシーン、月に降りたシーンは臨場感が凄かった。。
これは映画館でぜひみたいやつ。。

月から見ると地球はあんな小さく見えるのか、、宇宙どんだけ広いんだ、、

今私たちがこうして便利に安全に生活出来ている裏には、犠牲になった人たちや命をかけた人たちの仕事があるということを改めて認識しました。
その時、世界は宇宙への旅立ちに湧いていた。
人類としての名誉や躍進、そして、地球では馴染み深い月に降り立つ偉業。

しかし、偉業が歴史の光であるように、陰に隠された事故や犠牲を忘れてはならない。

アポロ11号、ニール・アームストロング。
彼の壮絶な人生を軸に語られる、月面着陸への軌跡。

これを見た後、あの言葉を聴くと重みが違う。

アームストロング船長、月面宇宙計画について知るにはとてもいい映画だった。
正直、名前や出来事ぐらいしか把握してなかった自分にとって非常に教養になる内容だった。
ちょっと全体的に漂う暗さと重さが苦手だったかなー。
事実関係の上でしょうがないとは思ってるんやけど。
ライアン・ゴズリングの表情がこちらにも苦悩や悲しみを伝染させてくるね。

ぐるぐる訓練はエグかった。
止まらない回転はかくも怖いものかと。
意識を失ったら、全てが終わる…。
凄まじいなぁ。
今回1番恐怖を感じたのは回転だね。
人間にとっては小さな一歩だが
人類にとっては大きな飛躍である

月面着陸の無音シーンは息を呑む

宇宙飛行士であり、家族を持つ男

着陸でなく再会で終わるラスト 個人的に好き

妻の演技に脱帽

2020 351本目
さと

さとの感想・評価

3.9
露は「ガガーリン」米はアームストロング。どちらも淡々と進行するので、「インターステラー」のようなエンタメ要素を期待する方にはお勧めできません。当方、宇宙好きのためどちらも好きで、少し加点。

人類初の有人月面探査。死と隣り合わせの緊迫感と、未開の地に挑む意義、強い覚悟で月を睨み猛進する選ばれし宇宙飛行士たちに、スリリングなエンタメ性など超越した畏怖を感じました。あの人達の覚悟と恐怖は一般人には計り知れない。

アームストロング船長が仕事によって犠牲にしてきた家族との時間、受け入れられなかった娘との決別、世間から受ける宇宙探査批判、英雄的な偉業の裏に隠れた個人の人生があり、それを内省的に魅せる大人向けの作品でした。
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

4.1
冷戦時代の世界で、宇宙開発にしのぎを削るなかで沢山の命を犠牲にしても進められたプロジェクト。今なら難しかったのでは?
アームストロング船長の実話に基づく点もリアルな感じがあり面白かったです。
mimoza

mimozaの感想・評価

4.0
「1969年7月20日 アポロ11号によって、アメリカ人のアームストロングとオルドリンが人類初の月面着陸に成功した」という事実を知っているということと、そこに至るまでの経緯を知ることは全くちがうと感じた。
大切な仲間の死、税金の使われ方への市民の抗議、家族の思いなど多くの犠牲を払ってもなお計画を遂行するために前進するのはなぜか。
静かな物語の展開だからこそ、傍観者ではなく、当事者たちの立場に思いを馳せることもできる。

ライアン・ゴズリングの抑えた表現がよかった。
月の映像が綺麗で良かったです。前編から中盤にかけての話は淡々としていて退屈に感じられました。ラストあたりの良さもわかりませんでした。恐らく何か感動的な意味があるのだと思います。
チャゼルの中ではなんか違う感ある。めっちゃくらい。フィルムっぽい色調の地球シーンとデジタルっぽい月のシーンの色調のギャップがあんまり好きじゃなかった
初めてチャゼル映画でノレた。登場人物の恋愛関係の如く「熱し易く冷め易い」前2作と違って、今作はニールと妻の関係が常にグレー。それでも、エリオットの死後に、月を見上げるニールとそれを遠くから悲しそうに見るジャネットの姿を見てはっきりする。これは、月とニールとジャネットの三角関係だ。
そう考えるとニールが月に向かう道中は、さながら恋愛が成就していく過程でもあるけれど、ここで壮大な計画を前にした彼の日常的な描写が凄く効いてくる。ハエ、コックピットの凹み、家を出る前の玄関、最後の晩餐。その全てが彼の不安と興奮を、間接的に物語る。こういうの「映画」って言うんだろうな。
月に降り立って、今までずっと自分がいた地球を見返すショットとかも最高だったな。
ラストで、月が消え、三角関係は、たった2人だけのドラマに変化する。このラストシーンが本当に素晴らしい。2人の関係に安易な結論は出ない。はっきり言ってあの2人は言葉で説明できない領域にあって、もう「あのショット」しか2人のことを表せないのだと思う。ここだけで猛烈に感動してしまう。
とにかく画面だけで泣けてしまうほどカメラワークが雄弁な傑作だった。
>|