ファースト・マンの作品情報・感想・評価・動画配信

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ー人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍であるー
名言すぎた。どこかで聞いたことある言葉ではあったけど、この映画で少しだけ月面着陸までの試みがわかった気がする。
人類初の月面着陸は、最愛の娘や同胞たちの死を目の当たりにしつつも挑戦することをやめなかった主人公にとって、どんな心境に至る行動だったのだろうと知りたくなった。
Hi20to03

Hi20to03の感想・評価

3.5
宇宙飛行士たちのワクワクする部分じゃなくて家族とかそういうところに視点を置いた映画

静かなところが多いから少し退屈した

画が美しい音楽もいい

デイミアンチャゼル好きだったから見たけどセッション、ララランドに比べると微妙だと思った。そもそも伝記ってそういうものなのかもしれないけど
sushi

sushiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

デイミアンチャゼルの作品では今のところ一番好き。
いわゆるセカイ系の話だけど、奥さんからの視点(夫が何を考えているのかわからない)がちゃんとドラマに組み込まれているので、ラ・ラ・ランドやセッションよりも大人の話になっている。彼女の視点と主人公の口数が少ないという描写によって、観客が彼に対して感情移入しすぎず、客観的に見れるようになっている。(そもそも、私たちは現に地球にいるのだから月に立つ彼と大きな隔たりがある。)
地球=家(妻や息子たち)=生、大気の層=ガラス(窓)=生と死を隔てる、月(宇宙)=死という図式。娘の手術シーンでアームストロング夫妻はガラス越しに娘を見ていて、すでに娘があちら側の世界に片足を踏み込んでいるのを示唆していた。そして、ラストでは主人公もあの世へ行き、こちら側へ帰ってるくるか来ないか曖昧にしながら終わる。(たぶん帰ってこないのだろう)
主人公は娘にひかれて死の世界に向かうのだけれど、訓練シーンやロケットに乗り込むシーンはホラー映画みたいな雰囲気があり、あちら側へ進むのがいかに恐ろしいのかを演出で表現している。
ライアンゴズリングはやっぱりドライヴやブレードランナー2049、オンリーゴッドのような心に傷を負った寡黙なキャラがよく似合う。
あ

あの感想・評価

4.0
チャゼル作品独特の臨場感が本作でも楽しめる。視点の切り替えがうまい。時に主人公と視界を共有し、突然切り離されて、傍観させられる。こうやって緊張感が生み出されるのだなと感心した。主な登場人物が夫婦になるので、史実的にどう落とし込むのか読めなかったが、この終わり方には文句がない。主人公は動じない人物で有名だが、その主人公の視点を持って、静かなる宇宙の独特の冷たさ虚しさが描かれる
良かった...。当時のフィルムカメラが使用されてるのも味わい深いし、ほぼ実写で撮られてる映像も凄まじい。クライマックスの月面着陸シーンは圧巻。観終わった後にうまく言葉にできない感情になる映画だった。
伝記映画であり 宇宙空間 夜など 全体的に暗く 主人公の心情も暗い 打ち上げシーンも迫力に欠ける
月面に降り立つシーンがじっくり見せていて魅せられる 3歩目が1歩に被ったように見えたがそうなのかな
まだ1歩目の足跡は月面にあると思っていたのだが そうじゃないのかな
宇宙の映画が好きなので期待していたけれど、なかなか微妙でがっかり。

伝記映画なので仕方ないんだけど、ただ出来事をなぞるだけなら実際の映像をリマスターしたドキュメンタリーの『アポロ11完全版』とかの方が断然面白い。

結局、もっと遡って幼少期から描くべきだった。アームストロングの人となりというか。何故宇宙飛行士を目指したのか。とか。いつ死ぬか分からない宇宙飛行士を何故続けているのか。とか。もっと人物像を描いてほしかったかなあ。

月面に星条旗を刺すシーンが無くて本国でもがっかりで、アメリカ万歳を描いているわけでもなく、結局何を描きたいのか不明瞭な映画で評価が微妙なのも納得な中途半端な映画だった。
退屈なシーンが多い。
上映時間が長すぎる。
最後のほうだけIMAXで見る価値ある。
TKR

TKRの感想・評価

3.5
一度で観きれずに分割視聴

第一人者としての覚悟、リスク、緊張などはひしひしと伝わってきたが、いかんせん静かなシーンも多く、宇宙関係の作品の地味さは拭いきれない
人類史上初めて月面を歩いたNeil Armstrongの話。それまでに面接を受けたり、厳しい訓練を受けたり、仲間が次々に実験で命を落としていったりと、自分があの状況にいたらいくら宇宙への探究心があっても月へ行く決断が出来ないだろうと感じた。妻Janetの内助の功も素晴らしい。それにしてもあの時で70年弱。人類の進歩は凄まじい。
>|

あなたにおすすめの記事