ファースト・マンの作品情報・感想・評価・動画配信

ファースト・マン2018年製作の映画)

First Man

上映日:2019年02月08日

製作国:

上映時間:141分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ファースト・マン」に投稿された感想・評価

asumi

asumiの感想・評価

4.0
淡々としてるからこそ心打たれる場面が多かった。
観てるこっちも三半規管おかしくなりそうなくらいの臨場感は映画館で味わうべきだったな。
ミー

ミーの感想・評価

4.5
多くの犠牲者を出しながらも宇宙飛行士は困難な壁を乗り越えてきて、やっと月面着陸に成功したことがよく表現されている映画だった。
Aちゃん

Aちゃんの感想・評価

4.0
一人称視点でみるロケット船内と金属の擦り合う音、恐怖を感じると共に人間って凄いなって感じた。
夢や希望だけじゃなくてアームストロングや周りの人間の、人間らしさも描かれてると思う。
ガガーリンと見比べて見たけど、映画としては僅差でこっちの方がいいかな。
Shinya

Shinyaの感想・評価

3.7
静かな映画。わかりやすい大ドラマや手に汗握るピンチはこの映画に出てこない。それでもなお、宇宙飛行士と周囲の人々の繋がりを鮮やかに描くことに成功している。月に降り立った瞬間のシーンの見せ方は本当に素晴らしい。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.8


盛り上がりも感動も名言も特に出ずものすごい静かな映画に仕上げている。主人公さながらに。

ー亡くした娘カレンー
主人公が亡くした娘の幻想を見る時は必ず死のシーンとなってます。
カレンは一種の死神となり主人公は取り憑かれた形で宇宙に行きます。それまで宇宙船乗ろうともしてなかった主人公はカレンが死んでから乗ることを決意しカレンに近づきたいがために宇宙に行ってるように見えます。

ーテーマは「死」ー
月=死の世界
宇宙船=棺桶

これは昔からギリシャ神話や古事記にある、愛する人を失った者が死に取り憑かれ死の世界まで会いに行く物語なんですね。
ラスト月に行った主人公は月にカレンのブレスレットを置いていきます。

月は死を象徴するもので頻繁に出てきます。出てくるタイミングをじっくり見てみると関連性があります。

ーガラス越しに出会う夫婦ー
これはフランスの監督ロベールブレッソンを意識しています。ブレッソンは自分の殻に閉じこもり自分を愛してくれるかもしれない人と会う時は必ず鉄格子やガラスがあります。さらには主人公視点のものが多いです。デイミアンチャゼルはこれをやりたかったんですね。
そして死に取り憑かれ月に行った主人公は帰ってきて大切な人が近くにいる事を気づきこのラストになりました。


ーカメラワークー
主人公にぴったりくっついて宇宙の映像というのはほとんどないです。広大な宇宙にいるのに狭い宇宙船の中しか描かれません。これは家に帰っても同じで暗くて閉じ込められてるような映像です。

宇宙に行く時もカメラが揺れ実際に我々が行くようだ。この映画は観客に実際に恐怖を体験させる。


ドッキングする時ワルツを流すのは201年宇宙の旅へのオマージュですね。
アームストロング船長て、こんなクールな人だったんだ。
一緒に宇宙船に乗ってる感覚になれました。
Y

Yの感想・評価

3.0
有人宇宙飛行にどれだけ苦労があったか知った。

なかなかハッピーな気持ちにはなれなかった。
ゴスリングしゃべらんし。クレア・フォイも魅力出てなかったし。良かったのはサイドキックのコーリー・ストールくらい?豪華キャストで期待値高かっただけに、なんかなー…
個人的に観ていて疲れてしまう映画だった。
観るのに数日かかった。
月行ってウェイってかんじの映画かと思ったらいい意味で全然違った
>|