オデッセイの作品情報・感想・評価

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

地球から2億2530万キロ離れた火星に独りぼっち。あらゆる現実が〈生存不可能〉を示していた。 ・外気温:-55℃ ・酸素:ほとんど無し(空気成分 0.13%) ・水:無し ・通信手段:無し ・最大風速:400km/h ・食料:31日分 ・NASAの次の探索ミッションまで:4年 その男は、<希望>を捨てなかった。

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

いいエンディングや、。
彼のポジティブさを日本人も学びたいものだ
あかね

あかねの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

火星に取り残されるパニック映画だと思っていたら、まさかのたくましく生き抜く勇気もらえる映画だったので驚いた、のもありつつパニック映画期待しすぎた感もある。自分で記録していく動画撮る時のセリフが面白かった。
あお

あおの感想・評価

3.5
ポスター観て、号泣必至の感動系かと思ってたけど、いざ観てみると、私としてはサバイバルメインで痛快ストーリー、という印象、いい意味で裏切られた
面白かったです
ながし

ながしの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと見たかった映画。
借りて見た後に地上波で放送してて辛くなった…
これまた長い。三本連チャンで見たからキツかった。
日をますごとにやつれていくマッドデイモンの演技力と体づくりはさすがと思った。
近未来の話だけどリアルでとても楽しめた。
sayaka

sayakaの感想・評価

3.9
改めて思ったのは長いのは苦手だ。。

内容は全然おもしろかった!!
科学的なことベラベラ喋ってるときは意味はわからないけどやってることとかは理解しやすいから私みたいなバカでもわりとわかりやすかったかも。

火星に独りぼっちっていうから暗くて緊迫したシーンが多いかと思ったけど割とポジティブだし、なんかポップなんかんじ?

火星に1人で孤独な割にお気楽すぎじゃない?とツッコミたくなった。

最後に救出するところとかは緊張感あってよかったです。

あとルイス隊長の音楽センスは私は好きだよ!!!
tamaken

tamakenの感想・評価

3.8
次から次に困難に直面するマークは、この手のサバイバル作品に登場するキャラとは一味違い、どんな局面でもユーモアを忘れない。

それが彼を一際魅力的にみせ、感情移入もしやすく、最後には助かるであろうと薄々感じてしまうのに、手に汗握るストーリーに没入出来てしまう。

大作SF作品の醍醐味はVFXのすばらしさもあって充分。さすがのリドリー・スコット作品。

ただ、妙に興業的配慮なのか、それとも原作が元々そうなのか、中国に気を使ったような演出は興ざめ。

「キャプテン、あなたの音楽の趣味は最低だ」とマーク。
それでエンドクレジットとともに流れるディスコ・ミュージックは気が利いている。
mxx

mxxの感想・評価

4.0
セバスチャンスタン目当てで鑑賞しました。
ストーリーはただただマットデイモン凄い..です。絶望から諦めない姿に思わず応援したくなりました。
yasutaka

yasutakaの感想・評価

4.0
化学の未来は明るい未来!

火星に取り残された宇宙飛行士のサバイバルストーリー。

未開の星にただ一人。
さぞ孤独で想像するだけでもホラーの様ですがとても楽しい作品です。

一番に描かれているのは、未開の星に生活の根を降ろそうと奮闘する一人の人間の姿です。
そこには、人の持ち込んだ科学と音楽が文化があります。

何も無い真っさらな地に人が根付く様子が、本作ではとてもポジティブに描かれています。
化学の発展、近未来の作品となるとどこか排他的なネガティヴなイメージが付きまとうのですが、本作にはそれが全くありません。

本作の見どころは、人が紡いで来た歴史や文化への肯定的な姿勢。
そこに始まる未来への希望を感じてください。
331048naka

331048nakaの感想・評価

3.7
現代の宇宙もの(?)でこんなポジティブなの初めて観ました(笑)
ジャガイモとダクトテープ偉大。
絶望的な状況の中、沢山の困難が次々訪れても諦めずに淡々と前向き、ほぼマット・デイモンの一人芝居でド派手な演出があるわけでも無いのだけど、退屈せず応援しながら楽しめます。
Koumett

Koumettの感想・評価

4.4
知識と勇気がある人は
困難な状況にあっても大抵生き延びる。
(特に映画の中では)

宇宙からの奇跡の生還、素晴らしかった!

キャストも好きな人ばかり。
また観たい。
>|