オデッセイの作品情報・感想・評価

オデッセイ2015年製作の映画)

The Martian

上映日:2016年02月05日

製作国:

上映時間:142分

3.8

あらすじ

「オデッセイ」に投稿された感想・評価

SHO

SHOの感想・評価

3.8
「見たかアームストロング!」と言わんばかりの注目度。

火星で独りぼっちになったマット・デイモン演じる宇宙飛行士のマーク・ワトニー。火星を植民地化した人類最初の男になります。(植物学の知識を活かして、火星でジャガイモを栽培して生活します。)

途中からは、孤軍奮闘ではなく遠く離れた地球の頭の良い人たちの支援を受けて行動するようになるのが良いですね。

ちなみに、映画ではNASAの沽券に関わるため公開されていなかった、地上とのやり取りでワトニーが送ったメッセージは、"Look! A pair of boobs! ->(.Y.)"
だそうです。
マコ坊

マコ坊の感想・評価

4.5
植物学者の知恵だけじゃなくて、エンジニア的にも頭切れてるなってイメージ。NASAのロゴとか機材が好き。宇宙の細かな設定、環境がわかりやすく表されていたと思う。
ゆる

ゆるの感想・評価

5.0
この世で一番役に立つ学問は何なのか、私が今しているこの勉強は、火星に取り残された時に私を助けてくれるのだろうか
のり

のりの感想・評価

4.0
諦めた潔さ
ひとは死ぬ気でやれば出来ることは増えるかもしれない
mocamovie

mocamovieの感想・評価

3.7
過酷な環境下、一人で生きていくことなんて普通の人には出来ないけど、知恵があり賢い彼には出来ちゃいます。
生き残る為の発想とポジティブさが素晴らしいです。
外部の人達にも助けられ、孤独なただの絶望映画でなかったのが逆に新鮮で楽しめました。
yo1ro

yo1roの感想・評価

3.7
絶望かと思いきやポジティブシンキングと適応力

いくつになってもら知らない世界って惹かれる
精神の強さを見習いたい
インターステラーでひとりぼっちにされてた時は
気持ちで負けてるやな役だったけど
今回のこっちでは心が強かった〜!

あとみんな秀才すぎ
知識があると命も助かる

looking forward to not dying
のメッセージが良かった
自分が1人空気もない火星で取り残されたって考えただけでゾッとする
まあ私だったらすぐ死ぬと思うけど笑
精神的にも辛い
なんだか感極まって泣いた
リドリー御大がプロメテウスの続編の前に作った宇宙飛行士モノ。

「インターステラー」「ゼロ・グラビティ」と近年出来の良い作品が多かったジャンルではありますがその二つにも負けていない満足感が得られます。
とんでもない危機的状態に陥る主人公ですが意外にあっけらかんとしている軽いノリがまた楽しいですw

3作の中では一番単純な筋なのでより多くの人が楽しめそうですね。

予備知識がほとんどなかった私の頭の中では何故か主人公がトムハンクスになっていたので「で、いつ主人公がでてくるんだ?」と中盤くらいまで「????」となっていました。

.....ジャケットからの思い違いだと思うのですが....私だけでしょうか?

プロメテウスの続編はスペースジョッキーの母星の話になるという噂ですが....私の中では「エイリアン」は一作目で完結しているんですよねぇ.....
今の宇宙技術の少し先のお話。
火星だろうと地球だろうと生き抜く術は似たようなもん。
火星でゼロ円生活してる感じ。
>|