ライトスタッフの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライトスタッフ」に投稿された感想・評価

『The Right Stuff』(1983)

実話に脚色されているというけど、大まかな歴史を楽しめながら学べて良かった。『Space Cowboys』(2000)は史実ベースに架空キャラクター&ストーリー。どちらの映画も、当時、宇宙へ行くのは人間が先か、チンパンジーかと笑いのネタにしていたという事は史実として入れてるね。「Russian Sputnik satellite」のアメリカへのインパクトは『October Sky』(1999)でも出てきた。ロシア(ソ連)に対しいちいち負けたくないアメリカって負けず嫌いな小学生みたいで幼稚だけど、そのおかげで今のNASAがあるw

物理学、超音速、ソニックブームなどに詳しい程、この映画を楽しめるだろうな。長い、3時間ちょっと。NASAのシーンが面白かった。

NASAマーキュリー計画がよく分かった。USAFのパイロットと、NASAの宇宙飛行士の2つ職種の話が同時に進んでいく。共通点もあるけど、テストパイロットじゃなくても、宇宙物理学の知識があって適正能力ある人達はいただろうけど「速い乗り物を操縦する」という事で白羽の矢が立ったんだね。USAFテストパイロット達だけじゃなく、US MarineとUS Navyのパイロット(Aviator)らも、強い精神力、身体能力とか、メカに強いと言う理由でリクルートされ、いろんな心身耐性テストで勝ち残った7人。次第に団結していくところが良かった。

エド・ハリス、デニス・クエイド、ジェフ・ゴールドブラム、みんな若い~

エド・ハリスが演じるJohn Glennが奥さんを守ってて素敵。幼馴染だったそう。
R

Rの感想・評価

4.0
日本初公開時(1984年10月5日)、日比谷スカラ座で鑑賞。(前売券1100円)

初公開版を劇場で観た。2時間20分。
これでも割と長尺なのだが、その後発売されたDVDは「完全版」として3時間13分。


音速を超える男達を描いた物語で、邦題「ライトスタッフ」の意味「正しい資質」を考えさせられる映画だった。

結構満足させられた映画。
YUMI

YUMIの感想・評価

5.0
 ソ連との宇宙覇権争いの中遂行された「マーキュリー計画」に献身したアメリカ初の宇宙飛行士7人と、パイロットとして人が死ぬと言われていた音の壁という領域に限界まで挑み続けたチャック・イェーガー氏のノンフィクション映画🎬[192分:完全版]

 
 これは宇宙開発史を描いたドラマ映画の原点であり名作!!
 空や宇宙が大好きな私にとってはもう、感動!胸熱!大興奮!だった😭🙌🏻 このロマン溢れる史実を生で、この目で見たかった🥺

 そして、とにかく両者共に人類初となる夢を叶えるために力を注ぐ姿が本当にカッコ良かった!また、上っ面じゃなく、皆んなの人としての生き方や考え方も本当にカッコいい!!😭❤️こんなの惚れるに決まってるぅ。゚(゚´Д`゚)゚。 感化されまくりだった🥺
 特にチャック・イェーガー氏は別格だよね、ほんとに!ガス・グリソムの一連の問題に対してのあの対応……何ちゅうカッコ良さなんだ。そんな人間でありたいと強く思った🥲 それに、孤高での超音速飛行をする場面は、もうね、感動でしかない本当に。まじでカッコ良すぎた❤️‍🔥
 
 本作は3時間越えの超大作だが、私自身あっという間の時間。無駄な描写を描きすぎなのでは?と感じてしまうが、そんな所一切ない。むしろ、内容としてもう少し細かい部分まで描いてくれ🙏🏻って感じ。この点で言えば、『マーキュリー・セブンの真実』や『ドリーム』(Disney+配信中)と併せて観ると、先述したグリソムの一件や各宇宙飛行士とのやり取りなど、映画では描かれなかった部分が観れるためより深い物語として鑑賞出来ると思う。

 また題名である『ライトスタッフ』(=自らに備わる正しい資質)の意味も非常に考えさせられる映画でもあった。ただ自身に備わっている能力などを100%出せばいいのだろうか。これは、何かをする上で誰しもが忘れてはいけない部分ではないかと感じた。
 
 そして、テーマ曲もドラマ映画の中だったら『フォレスト・ガンプ』の次に大好きな1曲になった。劇中での選曲も合いすぎて最高すぎた🙏🏻キャストも豪華すぎて…🤦🏻‍♀️♡
もう本作のDVD買おう。

 最後に、ちょうど去年チャック・イェーガー氏がお亡くなりになったと記事で見た。
 あなたが成し遂げた偉業は忘れません🥺ガムもこれからは食べようと思います。
 R.I.P. Chuck Yeager🙏🏻🧡
kojiorz

kojiorzの感想・評価

5.0
チャック・イェーガーがF-104で成層圏を目指すシーンの美しさ。
かい

かいの感想・評価

4.0
正しい資質

3時間超の大作。
アメリカ初の宇宙飛行士はいかにして選ばれ、宇宙に行ったのかを描いた作品。

上映時間が長いから敬遠してたけどクソ良かった。
ガムくれないか?って言いたくなる。
オリジナルの193分を鑑賞。
これマーキュリー計画の映画だったんだね。
もうちょいマーキュリー計画の知識があったらもっと楽しめたかも。

アカデミー賞、作曲賞(ドラマ)、編集賞、音響効果賞、録音賞の4部門を受賞してるのに、興行収入はコケたとか。
香

香の感想・評価

-
A面B面だった・・・。

名誉も金も手に入れるが、メディアに追いまくられる英雄・宇宙飛行士
飛行技術のため、命をかけて職務を全うするが「それだけ」のテストパイロット
アメリカ初の宇宙飛行士たち、通称オリジナル・セブンがいかに選抜され、宇宙に行ったのかを描いた作品。初めて音速を突破した男、チャック・イェーガーも重要な位置で描かれてる(アドバイザー+カメオ出演もしてる)
長すぎるので避けてたけどついに観ました。初期の宇宙開発がいかに手探りだったかわかって勉強になった。曲芸師飛ばそうとしてたんだね。あと意外とパイロットの地位は低かった。だからこそ、ライトスタッフであることを証明しようとするのはとてもかっこよかった。
2021.08.15 TSUTAYA movie

193分 完全版を観賞
tmy

tmyの感想・評価

3.5
アルバカーキ、ココア・ビーチ、ケープ・カナベラル、ピッグス湾事件、ムチア、ハンク・ウィリアムズ
>|

あなたにおすすめの記事