ライトスタッフの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライトスタッフ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「マーキュリー計画」を題材とした実話を基に描いた作品。

ライトスタッフ、「正しい資質」という意味なんだね。
マーキュリー計画のついての映画は何回か観たことあるけど、そこに辿り着くまでの険しい過程、リアルに描き切っているのは過去最高。

死と隣り合わせの生き様、体感のしようのない辛辣な世界。
そんな彼らにも同じ信念を抱える仲間がいて、無事を祈り続ける家族もまた当たり前のようにいる。
なんて恐ろしい世界だろうと萎縮してしまったりもしたが、その先にしかない賛美せずにはいられない世界がまさに今ここに存在しているのだ。

他の誰でもない、彼らが携わったことによるのは紛れも無い事実。
輝かしい成果の裏側、成功の数以上の失敗、犠牲を目の当たりに出来たことに価値があると思えた。
更なる宇宙への挑戦は今も動き続けている。
ニュースやらで進展を耳にすることがあれば、この映画を思い出してしまうんだろう。
諭様

諭様の感想・評価

-
本当にアツいんだけど、イェーガーの視点がある事によって深みが増してる。
たくみ

たくみの感想・評価

3.6
ストーリー★★★☆☆
映像★★★★☆
演出★★★★☆
キャラクター★★★★☆
音楽★★★☆☆
ざきを

ざきをの感想・評価

5.0
私はこういう熱苦しくて男臭い映画が観たかったんですよ。

誰よりも速く、誰よりも高く、誰よりも先に宇宙へ。常に高みを求め、仲間に追いつき追い越され、わがままで頑固だけどそれでもお互いを認め合う熱い友情。マーキュリー計画の実話をベースに、全編通してすっごい熱い男たちの物語。

もうとにかく「かっこいい」の一言に尽きる。
パイロットとして、宇宙飛行士としての本当の「Right stuff "正しい資質"」とは何かを教えてくれる。私が思うにこの"正しい資質"はどんな仕事をしていくにも、生活していくにも必要なものだと思う。
最初はひよっこパイロットだったゴードンが、最後には"正しい資質"を得て成長したところは本当にかっこよかった。

ジョングレンと奥さんのシーンはもう…かっこいいとしか言いようがない!あんな風に奥さんを守れる男に私はなりたい!

3時間強の上映時間なのにあっという間。
とくに最後の1時間は一瞬でした。
最後のイェーガーの高みへの挑戦…続いてマーキュリー9号のシーンへ…そして流れるようにエンドロールへ…この流れが本当に痺れるし…胸に熱い思いがこみ上げるし…もう最高でした!
人生ベスト級漢ムービー殿堂入り!
amo

amoの感想・評価

3.6
漢映画。
それぞれの生き方がカッコいい、最後のイェーガーのシーンは本当に痺れた。
世間からの注目度下がり切った種目であの頃と同じ会話、あの頃と同じ姿勢で命がけの挑戦をするイェーガーはとてもカッコ良かったが長い。
日本語で正しい資質ってイメージしにくいからこれ観るといいよ。ここにでてくるよ、ライトスタッフを持つ人たちが。

二つの物語が重なり合いながら、それぞれの挑戦する姿・勇気がとても熱い。

宇宙開発競争が戦争の代替だとよくわかる見せ方。

音響と編集がいい仕事しているので、実際に私は空飛んでた。


SNS、メディア時代の今

自分の物語を他人に共有し

声をいかに大きく拡声できるか

そればかりを目指す人々には

この映画を見て正しい資質とは

何かを考える必要がある。

自分にもライトスタッフがあると信じたい。
ウソの計画なの?え?っと思いながら最後まで観たが、面白かった。
実話と聞いてびっくりしました。
きょん

きょんの感想・評価

3.4
男性が好きそうな作品。
内容は素晴らしいと思うけど
とにかく長い。

ソ連に先を越され宇宙計画を競い合うアメリカの意地。
数々の失敗を経て成功させた有人宇宙飛行は沢山のパイロットの死を意味する。
家で待つ妻たちの苦悩もきちんと描かれているのはとても良かった。
サム・シェパードがカッコいい。
音楽がどこかで聞いたことのある曲ばかりなのは、ライトスタッフの曲があたらこちらで使われているからなのかな?

また、現在活躍されてる人の若い頃の映像がみれだ。
エドハリスはアポロ13では、葉巻加えてたよなとか、思った。
最初に出てくる人の話をやるのかと思ったがうまく対比させて描くストーリーでした。
>|