レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

2.8
原作に思い入れがあり、さらにこのまえのミュージカル版も見た後なので、本作をフェアに評価するのはなかなか難しい。リアム・ニーソン、ジェフリー・ラッシュの名優の共演は見ごたえはあり、重厚な作品にはなっていますが、ディテールで気になるところがいくつかあります。

まずコゼットのキャラクターに違和感。天使のように無垢なコゼットは決してジャン・バルジャンを問い詰めたり、歯向かったりはしないのです。あと、ジャベールが自殺したところで映画が終わってしまったら「解放された \(^o^)/ 」となってしまうでしょ? ジャン・バルジャンの魂の救済を描くのであれば彼が死ぬところまで描かないと。とくにミュージカル版のスケール感あふれる感動的なエンディングを観たあとではね…。
来夢

来夢の感想・評価

3.6
高校生の頃、クレア・デインズ目当てで映画館へ行きました。パンを盗んだ人の話。くらいの知識しかなかったけれど有名な原作だけあって話は面白い。ただ、もっとズンっとくるかと思ってました。意外とテンポよくあっさりめ。暗いし痛々しさはあるんだけれど、ちょっとストーリーを見せる方に寄りすぎで、もう少し内面的な重みが欲しかったな。
レミゼラブルがどんなお話しか全く知らなかった。ユゴーの原作を読んだこともなければ、他のリメイク作品もミュージカルも観たことない。
1998年版は、市長と署長に重点が置かれているらしい。原作のあらすじだけ読んだけど、端折られてるところけっこうあるみたい。いかんせん長いから仕方ない。
やっぱり長く愛されている原作土台だけあって話しは面白いし、同名の別作品も観たいなと思った。
2012年のミュージカルよりこっちの方がすきだったなあ。

バルジャンの人柄の良さも、流れも自然だし役者が美しすぎないところも、コゼットの若さと可愛らしさが光って良かった。

あと、圧倒的にジェフリーラッシュが好きすぎて良すぎて、やっぱり大好き。
bonotarou

bonotarouの感想・評価

4.3
フリーパスをゲットして、8回見ました。
名作と名曲は何度見ても飽きません。ミュージカルにほとんどオチは関係ないですからね。
Poly

Polyの感想・評価

3.7
実はミュージカルでも舞台でも本でも何にも触れたことがなかったこの作品。

ジェフリー・ラッシュの作品は3作目だったけど、演技が上手すぎる〜〜

盗みだけで20年も獄中で石切り労働させられる時代。
女が無下に扱われる時代。
命懸けで市民革命が行われる時代。

ミュージカルでは見られないリアルな19世紀のフランスの姿が映し出されている作品だった。

神父から貰った慈悲深さを貫き通すジャン・バルジャンはすごいよね。
犬

犬の感想・評価

3.7
バリケード

ジャン・バルジャンの波乱万丈の人生を描いた大河ロマン

やはり名作ですね

今作はミュージカルではなく重厚なドラマ

見応え十分
終わり方も印象的でした

世界観が良い
衣装、セットも雰囲気あります

俳優陣の演技が見事でした
【良かった点】
・ジャベールの冷血サイコなキャラがよく出ている。
・幼少コゼットとジャン・バルジャンの逃避行の描写が丁寧。
・マリウスのストーカー紙一重愛の描写が丁寧。
・ジャン・バルジャンとマリウスの微妙な対抗関係の描写が丁寧(後半の一つの柱なのにミュージカル(2012)版には無かった)。

【気になった点】
・「隙あらばテナルディエ」の趣向が大胆カットされている。
・ラストがあれで終わってしまう点。
・ラストでジャン・バルジャンが何とも言えない笑みを浮かべる点。ただ,それは一つの解釈として長所にもなりうる。
個人的にはミュージカル版は舞台の方が良いなって思ったタイプで、映画としてはこちらの歌わないバージョンの方がオススメですw
キャスト豪華だよ!
2018.4.30
ヒュー様のミュージカル版とは違ってこちらは全然歌わない。でも中だるみせずにサクサク話が進むのでみやすかった。
この時からリーアムパパの娘愛炸裂で安定してるなーって思ってしまった。
>|