オペラ座の怪人の作品情報・感想・評価・動画配信

「オペラ座の怪人」に投稿された感想・評価

寿限無

寿限無の感想・評価

4.0
日本の舞台で観賞したことがあります
舞台よりも良かった。また観たい。
かえで

かえでの感想・評価

3.8
辛くて悲しい片思い
オープニングが鳥肌もの
いつか、劇団四季で見たい!!
もえ

もえの感想・評価

3.4
現在(白黒)-過去(カラー)
---
子爵・美・シャンデリア-怪人・醜・蝋燭
当時はエリザベート知らなくてクリスティーヌの白いドレスと星の髪飾りがすごくすきだった。曲もすき。
ジェラルドバトラーかっけー!
ラウルの甘い声さいこー
のちにインシディアス にラウルの人出てて落ちたな!ラウル!と思ってしまった。
yuka

yukaの感想・評価

3.6
歌が綺麗
最後、別れ際の音楽の天使?ファントム?へ感情移入してしまい不思議な気持ちになる
miho

mihoの感想・評価

3.6
ファントム役のジェラルド・バトラーの歌声にひたすら惹かれる作品だった。屋上でクリスティーヌとラウルが「All I ask of you」を歌い終わったあと、ファントムが薔薇を拾って歌うところが特に好き…
ラウルの綺麗な声も良いけど、ファントムみたいな力強い男声って素敵だなぁと思う。
私はファントムに共感というかファントム派というかそんな感じ。なんかクリスティーヌにはあまり共感できなくて(^^;
彼女の中で亡くした父の存在はすごく大きいと思うし、そうなるとファントムの沼からはなかなか抜け出せないのかなとも思うけど…
多くは語らない方式の作品だったから原作読んでみたくなった。そうしたらもう少しハッキリしてくることがありそう。

あと音楽が良くて気付いたらアルバム何周も聴いちゃう。The point of no returnとMusic of the nightが好き。Masqueradeも華々しくて素敵だった。これを1人子供のような眼差しで歌うファントムが切ない、、、

このレビューはネタバレを含みます

久々に観賞。
何故買わなかったか思い出した。
クリスティーヌがあまりに残酷でストーリーが嫌いだったんだ。

確かにいいオッサンが若い女に惚れてキモいだとかラウルが幼馴染みだった事を考えれば横恋慕してきたのはファントムの方だろとか言われても仕方無いんだけど、私は人を殺す程の愛を向けられてそれに応えないクリスティーヌがちょっと理解できないとこがある。
「無償の愛じゃなかったんなら要りません」って後から突き放すの酷くない?

父を亡くして孤独を感じていたクリスティーヌにファントムが惹かれるって設定は自然だしクリスティーヌもその愛に助けられて生きてきたわけでしょ。ましてや成功は完全に彼の教育のたまものだし。父として友として愛を注いでた娘が成長したとき、実の娘でもないんだから恋したっていいじゃない、と思う。
それから私が一番苦手で駄目なとこは最後、「勇気をもって示す」と言いながらファントムに口付けるところ。勇気を出さなきゃお前には親愛のキスすら出来ないってハッキリと言ってしまってますやん。無償の愛が美しいって物語ではないみたい。リアルでどろっとしてるとこがある。
ファントムが見ている前でラウルと堂々包容しあって、おまけに一度は戻ってきて希望を与えておきながらなにも言わずわざわざ指輪を返す残酷さよ…。もうわざわざ返しに来ないでそっと捨ててやれよ…。
極め付きは「お前は誰にも愛されないけど私達はラブラブ!将来にかけてもずっとね。」と高らかに歌いながら去っていく止めの凄さ。

映画版のファントムが格好よすぎるからここまでファントムに入れ込むのかもしれないけど、クリスティーヌがあまりに残酷に見えるのでクリスティーヌが好きになれない。

でも音楽は本当に最高だし映像も衣装も観ているだけで楽しめる。
中でもシャンデリアが上がるあの有名なシーンは鳥肌が止まらない。
本物の舞台も観てみたいと思わせる作品。
eriiko

eriikoの感想・評価

3.4
懐かしい!エミー・ロッサムかわいかった。

よく考えたら怪人若い子好きじゃんってなった気がする(笑)
chicoco

chicocoの感想・評価

-
なんだか観たくなって、ひさしぶりに。2005年の映画だった。
りつ

りつの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

4歳の時にミュージカルを観てからずっと大好きな作品。
ミュージカルの映画化は舞台には敵わないと思ってしまうことが多いけど、
この作品はキャスティングがばっちりはまっていて舞台も映画もどっちも大好き。
クリスティーヌの美しさと可憐さと、
ラウルのラウルとしての説得感とファントムのかっこよさ…!!

墓場のシーン、舞台版ではファントムが一枚上手で宣戦布告するのが好きなのですが、
ファントムが負け気味な展開に変えられていても映画のラウルカッコよすぎて許せます。笑

世界観も音楽も全てがツボ…!
>|