レ・ミゼラブル ザ・オールスター・ステージ・コンサートの作品情報・感想・評価・動画配信

「レ・ミゼラブル ザ・オールスター・ステージ・コンサート」に投稿された感想・評価

riko

rikoの感想・評価

4.5
舞台で見るミュージカルほど素敵なものはない
レミゼは舞台だとより臨場感と迫力があって作品にあってる!素敵!
さ

さの感想・評価

5.0
2020-183

わたしが生まれ変わったら、レミゼラブルの舞台に立つ役者になりたいと本気で思う。民衆の歌を歌いたい。

ラストの次世代への承継のシーンで号泣した

レミゼラブル最高すぎる
死ぬまでに必ずロンドンのレミゼラブルを観に行くと決めた…!
noco

nocoの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

圧巻…!すごくすごく沁みた…!
くるくる回りながらコゼットが成長する演出がすき。
アンコールも素晴らしすぎて!ジャベールのバトンタッチとStars、バルジャンズのBHH、それから鉄板のOne Day Moreと最高に豪華!
受け継がれていく作品って素晴らしいなって。
くどー

くどーの感想・評価

5.0
レミゼはミュージカルでも映画でも大好きな作品で、今回の35周年版のコンサートも最高でした。ストーリーに関しては相変わらず良くて、見るたびに感動できる。
今回の登場人物の中でも、抜群に好きだったのはマリウスとエポニーヌ。マリウスはシンプルに歌うまかった。エポニーヌは今まで見た中で1番カッコよくて、役があってたと思う!!
カーテンコールなども映像に収められていて、帝劇で観た時のような生の感動があった。初演から34年間ジャベールを演じていた方がこの公演でラストで、アンジョルラス役の人にバトンタッチして、2人で歌唱するのが激アツ展開過ぎて。。。
5バルジャンも最高。笑
あぁ、来年の帝劇必ず行きたい。仕事と被らないでくれよ!!!!
hitomi

hitomiの感想・評価

4.0
帝国劇場で観劇した時の感動を思い出す…
映画版も良いけどレミゼはやはりミュージカル。
rain

rainの感想・評価

-
登録するの忘れてた
インスタにめっちゃ書いたのでそのままコピペする…笑

コンサートなんだけどミニマムなキャパなのすごく贅沢で良い。いいなあこのキャパでこの音圧浴びてみたい

もう最初から圧!上手いwwwwってなったのでずるいです好きです
アルフィーのバルジャン映像化2回もされてるの羨ましすぎるし本当に25thと同じ人かこれってくらい演技が深くなってて新鮮に驚いた。独白からうますぎる。別人レベルよどうしたよ10年って大きいね…

直接見たことなんてないくせに何年も前から私の中で断トツ好きなon my ownを歌う女優さんのファンテが手元に残るという嬉しさ。
エポのイメージが強いのかなと思ってたけどファンテも強くて必死に生きてて最高じゃん良いさすが。I dreamed a dream普段私の中であんまりピンと来ない曲なんだけど良かった。安定してて感情の動きが全部歌に乗るの最高。技術的に上手すぎる。生で見たかったよ😭


人間臭くもがき苦しむのが透けて見えるジャベとどこか達観してて安定してるバルジャンというまあなんか不思議な感じなんだけどStarsめっちゃよかったな!中盤からの上げ具合がえぐくてテンション上がっちゃった。
アルフィーバルジャンはどこまでも神に許されてるんだよな…。そしてその対極にいるようなジャベ。この解釈好きかもしれない。

アンジョもマリウスもすごく良くてエポコゼはとにかく王道だったような。コゼットの安定感。one my ownもよかった。

アンジョな。アンジョめっちゃかっこいいな?キラッキラしてるお団子アンジョ。
ラマルクの死でこんな演技するアンジョ初めて見た。パッと表情が明るくなってギラギラし始めるのぞくぞくして良い…。最初はわりと明るく引っ張っていく系な気がする。だからこそ学生たちの痛いくらいの真っ直ぐさが眩しいし、そこからのDrink with meは涙腺崩壊する。した。
ブラッドリー歌も上手いし演技も良すぎるね。だからこそフルで見たいなあ

マリウスもぼろぼろになっていくマリウスだったので、え、、好き(ちょろい)ってなりました。カフェソング良い〜〜。全体的にとても好み。低音も高音も出せるの強いね。歌は海宝くんっぽいけど解釈的には内藤くんに近いような(気がした)


カテコよ…カテコのあの胸熱展開はなんですか…
そっかジャベをやるのね、だから髪伸ばしてるのね(知らんけど)
コート似合うしハイトーン上手すぎてびびりましたいいねジャベ。

ラミン罪すぎる問題とてもわかるんですけどアンジョに関しては私はそうでもなくて。それでも思い出すんだからほんと罪そういうとこだぞ…笑
アンジョの解釈的にはそんなに好きじゃない(はず)から声が唯一無二すぎるんだよって思ってる🤭
他の俳優さんにそれを求めるのはナンセンスだなと気づいたしラミンはラミンっていうジャンルなんじゃないかとたまに思うよ笑笑 すごいよねあのパワー、、まじでマリウス可哀想だもん25th😂

25thはコンサート!力技!強い!!って感じだったけどこれは、え、みんなうまいね?さすがだね…?って言葉失う感じ。全編通して見るのなら確実にこっちの方が完成度高いかなと。もはやコンサートの枠の中には無くてレミゼとして完成されてて怖い推せる

以下地味に好きポイント
・ノリノリのアールさんバマタボア(に挑むけどコゼットは絶対守る強いキャリーちゃんファンテ)と司教さんの振れ幅
・リトコゼと大人コゼ交代の演出
・ファンテの去り際
・アーミーオフィサーの最後の警告
・マリウスの涙の美しさ
・リトコゼとガブのカテコ(かわいい)
・結婚式で後ろで踊る学生たち(かわいい)
・カテコでいじられるマイケルボール(かわいい)
25周年記念版とこちらのどっちを買おうか、迷っていました。大掛かりなセットなど総合的には25周年記念版が良いのですが、あちらにはマリウス役のニック・ジョナスの歌唱力が劣るという欠点がありまして、こちらの実力充分なマリウス役の人を移植したいです……
こちらはジャン・バルジャン役の人は相変わらず素晴らしい。
ジャベール、マイケル・ボールの声は少し物足りない。25周年記念版のノームの方が素晴らしい。
エポニーヌ役の方、演技に哀切さが足りない。
アンジョルラス、25周年記念版のラミンよりカリスマ性がない、という感じですかね~。
Poniha

Ponihaの感想・評価

4.8
レミゼは映画版では3回映画館で観て、ビデオでも何回か観て大好きな作品です。今回、この作品がたまたまアマプラで、安くなっているのを見つけたので、買ってしまいました笑。

この作品はコンサート版なので、大掛かりな舞台装置はなく、主に役者さんたちの歌と衣装、オーケストラの音楽で構成されてます。舞台もそんなに大きな舞台ではなくこじんまりした感じです。役者さんたち、全員が歌がうまくて、歌だけで場面が想像できて感動しました。ただ、これは想定内でジーンときましたが、涙がこぼれるってほどではなかったんです。

でも最後の舞台挨拶で、役者さんたちが揃って挨拶する中で、ジャベール役のマイケル・ポールが、「最高の34年間だった。レミゼのような作品の喜びの一つは役者たちが成長と共に次の役柄に進むことなのです。子役の子供たちもやがて主役をやるようになるでしょう。私がここでジャベールを演じるのは最後です。新しいジェベールは彼に」とアンジョルラス役だったブラッドリー・ジェイデンにジャベールのコートを着せてあげ、2人でStarsを歌うシーンでボロ泣きしてしまいました。レミゼが脈々と受け継がれていくことが、なんだか人生そのもののように感じられてしまったからかもしれませんね。
そして最後、作曲家のクロード=ミシェル・シェーンベルク、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュをはじめキャスト全員で歌うOne day more!!最高でした!!

明日は必ず来る。One day more!
thebeatles

thebeatlesの感想・評価

4.9
最高!
レミゼは理屈抜きで心に響く。
初めて25周年を観たときに圧倒され、もう少し冷静に観れたけどやはりすごかった。
今回の方が好き。

いつか生で観たい。
2019年ロンドン、ギールグッド・シアターで行われたステージ・コンサート

レ・ミゼラブルは最も好きなミュージカルの1つで、帝国劇場やブロードウェイ公演に何度も行きました。

ちなみにオーディション受けて途中まで行ったけど落ちましたw
テナルディエ妻やりたかったんだけどなぁ~

そんな愛するミュージカルのBlu-rayが届いていたのをすっかり忘れていたので再生っ!
愛が溢れ過ぎて長文です(* ̄∇ ̄)ノ


コンサート形式のは10周年記念版が一番好み。

バルジャン…コルム・ウィルキンソン
ジャベール…フィリップ・クォスト
エポニーヌ…リア・サロンガ

完璧な布陣なんですよ☆
特にジャベール!
ジャベールは彼以外ではどうもしっくりきません。


今回は35周年を迎える記念コンサート。
キャストは知らない方ばかりでしたが、勿論素晴らしかった!

ここから羅列~

まず Look Down で第1ソロの人、力み過ぎ(笑)
そこそんなに目立たなくて良いからw

バルジャン What Have I Done いいねぇ~
高音も素敵。

ジャベールは……ちょっと声が高めで深みを感じられない。
上手いけど。
バリトンがいいのー!!
年々若い人になっていく気がするけど、そんな若くて出来るキャラじゃないと思うの。

ファンティーヌはとても透き通った声の方でした☆
Mix Voice も美しい、理想。

Confrontation バルジャン vs ジャベールは大好きな曲!
男性になれたら絶対これ歌いたい!
フランス語発音でジャベール!って言いたい!!

テナルディエ夫婦、海外版は本当に汚ならしくて上手いですよね♪
日本版は頑張ってるけど、せいぜい綺麗なちんどん屋。
海外版はがめつさとか凄いんですよ!
で、滅茶苦茶笑える( ´∀`)

エポニーヌは黒人さんでした!これは私は初めてのキャスティング!!
下町っぽくしゃくれる歌い方ばかり観てきたけれど、彼女は素直に声を出していて良かった☆
こういう On My Own も良き。

アンジョルラスは長髪無精髭イケメン。
クールフェラック&ガブローシュの関係性には毎回号泣。

アンジョルラスの最期。
あれはねぇ、泣くしかないんですよ。
逆さ磔。。。
が、舞台ではあそこで観客が拍手するんですよね。
私あれ拍手出来なくて。
頑張った!とか色々な気持ちはあるけれど、無理。
あんな死に方して、バスタオルびしゃびしゃにして泣いてるのに、無理w

そしてバルジャンの Bring Him Home。
If I Die, Let Me Die
Let Him Live
号泣。

マリウスなんて恋してるだけのボンボンのせいで……w
あいつ嫌い。
コゼットも大人版は嫌い。
エポニーヌを幸せにしてくれたまえよ。

そしてどんな時でも私の気持ちをアゲてくれる
One Day More
全ソロ歌えるw
まじ神曲(* ̄∇ ̄)ノ


そんなこんなで長文となりました。

久しぶりにミュージカルを観たなぁ~
コンサート形式だし、小さな画面でだけれど。
初心に戻れた気がしました。

ミュージカルが、歌が大好きだ。
演じるのが大好きだ。
そう思い出させてくれました。

レミゼは大好きですが、その他には~
Rent
エリザベート
ライオンキング
wicked
が、人生ベスト・ミュージカルです。

いつかまた気軽に何度も劇場に行ける日が来ますように☆
>|

似ている作品