仮面の男の作品情報・感想・評価・動画配信

「仮面の男」に投稿された感想・評価

レオナルドディカプリオが二役、
実在したと言われる仮面の男を巡った三銃士とダルタニアンの活躍を描いた作品、ディカプリオが主役でなければ見る事はないだろうな、ディカプリオの二役は流石の一言、映像も古くストーリーも歴史劇の範疇を出ず平凡で特筆すべき点はない

ルイ14世の独裁によりフランスは傾きつつあった、国王に仕えるダルタニアンは三銃士に相談、三銃士達も国王に見切りをつけていた、アラミスは国王には双子の弟フィリップがおり鉄仮面を付けられて幽閉されている事を仲間に告白する、三銃士は監獄からフィリップを救い出しルイ14世を入れ替える作戦を決行する、救出に成功し剣術や乗馬、マナーなどの特訓をする、実はフィリップとルイ14世はダルタニアンと王女の子供である、舞踏会当日、見事2人を入れ替える事に成功するがダルタニアンが気付き、フィリップが捕まり再び幽閉されてしまう、ルイ14世の悪政はさらに強まりダルタニアンは三銃士にフィリップの居場所を教える、再び三銃士達はフィリップを救出、しかし監獄は王兵に包囲され追い詰められる、フィリップと14世の一騎討ちになりフィリップが危機の一瞬ダルタニアンが割って入り代わりに刺される、ルイ14世を捕らえた三銃士は鉄仮面を付けて幽閉する、フィリップが国王になっておしまい
Channel190

Channel190の感想・評価

3.7
デカプリオの演じ分け上手し

老兵でも三銃士の様に敬われる存在になれたら
Pecco

Peccoの感想・評価

3.0
あらすじも歴史も知らずに観たので『主人公がこんなクズなのにどーなんの?』と思っていたらまさかそんな風になるとは!!と驚いた。
まのん

まのんの感想・評価

3.5
舞踏会の仮面をイメージしてたら全然違った…内容を忘れたとしてもあの鉄仮面姿は一生忘れないと思う…
若干のチープさはあるけど、レオ様にイケおじ銃士に…見どころは多いのでなかなか楽しめました!最後もよかった!

"仮面をかぶっていたのはあなただ"をみなさんがどう解釈したのか知りたいです。私は結局そこがよくわからなかった、、モヤモヤ
あーい

あーいの感想・評価

3.5
透明感ある当時のディカプリオの美しさにため息が出る。
最後、フィリップからアトスへの頼み事がちょっと泣けた。
miq

miqの感想・評価

3.5
三銃士の物語もディカプリオもいい。
どっちもメインで見たくなるので
合わせて1本だと限界があってもったいない。

ディカプリオの当時の美しさ、
若くして伴う実力を
これでもかと見せる作品でもよかったなぁ。

皇帝ルイ14世と仮面の男の謎を描く。

1662年、フランスのパリ。若き暴君ルイ14世の圧政下、民衆は飢えに苦しんでいた。しかし彼には隠された秘密があった。彼は地下牢に双子の弟フィリップを幽閉していたのだ。引退をしていた三銃士たちはこの事実を知る。彼らは鉄仮面をつけられたフィリップを救出し、仮面舞踏会の日に王を入れ換える計画を企てる。この計画は一度は失敗し王に追いつめられはするものの、最後にはルイ14世と仮面の男の入れ換えに成功するが……。

双子の決闘…ラストの鉄仮面は…?

このレビューはネタバレを含みます

当時タイタニックの大ヒットで一躍スターへとのしあがったレオナルド・ディカプリオのタイタニックの次の作品がコレ。
舞台は中世ヨーロッパ。ルイ14世(レオナルド・ディカプリオ)は独裁政権で国民や兵士からの評判はあまりよくなかった。
彼に仕えるダルタニアンはかつての英雄で、王の態度に疑問を持ちながらも兵士部隊を統率していた。

一方町ではかつて王に仕えていた元三銃士達が再び集結し、王をその座から降ろす計画を立てていた。ダルタニアンともかつては一緒に戦った盟友、果たして彼らの運命と友情は。

実はルイ14世には双子の兄弟がいて一人は鉄仮面を被され幽閉されている。実はこちらの方が性格が良くて王にふさわしい人物なのだがルイ14世は秘密にしているという。三銃士が彼を助け本当の王を誕生させるという非常に分かりやすいストーリーだ。
ディカプリオは傲慢な王と仮面の男の一人二役を演じている。
あんまり評価が高い作品ではないが、エンタメとしては良く出来ている。
Aya

Ayaの感想・評価

-
仮面を外した時の感じがリアル

中世の
実際に仮面をして監禁された貴族いたよね?確か。
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

3.0
話全然知らなかったから面白く見られた🌟
ディカプリオの若い時って本当王子様だわ🤴!
>|

あなたにおすすめの記事