レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価・動画配信

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

yuho

yuhoの感想・評価

4.0
階段の上に立つラッセル・クロウ、ラジ・リによる同名作品のラストシーンを思い出した。立場も状況も違うけど、両方とも大きな選択を迫られている。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.8
ミュージカルと時代への知識の無さ故に、作品の良さをを最大限理解できない自分の甘さがわかった
勉強しよ
nanaly

nanalyの感想・評価

5.0
多くを語る必要のない とても素晴らしい映画。
サブスクで映画が見れるこの時代で
どうしても円盤が欲しいと購入したのはこの映画が初めて。
satodesu

satodesuの感想・評価

4.8
素晴らしいミュージカル映画でした。見応え抜群。俳優陣の流石の歌唱力も見事でした。一人一人のキャラがしっかり成り立ってて惹きつけられます。ヒュージャックマンはかっこいい。
Miyus

Miyusの感想・評価

4.0
On my own ,
I dreamed a dream,
one day more,
Do you hear people said,
bring him home

どれも好き。
たぶん元のミュージカルありきなんだろうなという感じで特にハマらず。
少し個人の歌にフォーカスしすぎなのでオペラっぽかった。

時代背景的にはナポレオン没落後。
フランスの社会が階級制度や王政に振り回されてズタズタだった時のことをライトに知れるので教養としてこういった伝統があるのは素晴らしいことだと思う。
それを映画的にこう落とし込めた、と見る時面白く感じるのかもしれない。

いつか舞台を観てみたいな。
yurika

yurikaの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的歌唱力…!!世界史苦手マンでもその歌に込められた熱に引き込まれてすんなり世界観に入り込めた。
「レ・ミゼラブル」という歴史的タイトルになんとなく難しい内容かと感じて見ていなかったけど、周りの高評価っぷりに観てみて、本当によかった。危うく素晴らしい作品との出会いを逃したまま生きていくところだった。
このお話の登場人物はみんな何かに縛られていて、そこからの脱却を望む人、縛られてるとは思わずその誇りに殉じる人(彼らもまたそれに縛られているのだと私は思う)それぞれの人生の中で足掻いていて、想像を絶する貧しさや混乱に絶望を感じながらもそのエネルギーに力を感じた。
縛られているその先に何かを切望してーーそれは神の赦しだったり、自由だったり、豊かさや愛だったりーーいるからこそ、彼らの歌う想いがあんなにも力強く美しくて惹き込まれるのだと思った。
私はヒュー贔屓なので、最期にジャンが求めていた(個人の所感)神の赦し=自分自身への赦しを得られて本当に本当によかったと号泣した…。彼は自分の人生や魂に辱しさをずーっと抱えて生きてきたんだと思うので、やっとそれらの縛りから解放されて安らかな気持ちになれたであろうラストは心の中でスタンディングオベーションを送った。
出逢えて良かったと思える映画だった…!
torakkichi

torakkichiの感想・評価

4.3
素晴らしい映画(拍手)…観て良かった。

音楽の力強さが骨太なストーリーによりいっそう感動を上乗せして伝わってくる感じ。

ラストの民衆の歌声は涙なくしては聴けない。

それぞれの登場人物がみな一生懸命生きてて、見終わったあとは誰が悪いなんて言えなくなっちゃう…多分悪役要員として登場するジャベールでさえも。

子供の頃に本を読んだ時はいまひとつ意味が分からなかったけど、大人になったら実感としてよく分かる非常に良い作品でした。
bob

bobの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

壮大だった。みんな歌がうますぎる。
久しぶりにもう一度観たいと思った。
あ

あの感想・評価

4.2
“夢以上に未来を創り出す事はない”
全力で共感できる。それです、、、

うーん、思うことがたくさんあってうまく言葉にできないからメモ
法か善か 色んな形の愛 勇気 罪 希望 自由
民衆の歌はいつ聴いても心揺さぶられる
後は画が説得力あって好きだった
後半30分は本当にやられた涙止まらん
>|