レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

あやか

あやかの感想・評価

4.2
悲しい話だったけど、
俳優さん達の歌声と映画の世界観に感動しました。
え

えの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

爆音上映で見たから迫力が凄かった
小さい子までフランス革命に勇敢に加わってた所、最後は勲章を付けられたシーンで号泣( ; ; )
レミゼさいこー!部活のオーディションで、エポニーヌの役を受けたのに落ちて宿屋の主人の役になったのは一生忘れません!!
ゆい

ゆいの感想・評価

4.1
途中中だるみするけど、
それを差し引いても圧倒的。
映画館でみるべきだし、観れてよかった。
最後の民衆のシーンは震えた。
Koco

Kocoの感想・評価

5.0
最高のミュージカルムービー。全く曲の入りへの不自然さがないというより、音楽でずっと話を進めるところがすごい。
最後の終わりかたも迫力満点で最高でした。
何度見たかわからないです。爆音映画祭で見るのがオススメです
見た後に隣の子に、嗚咽すごかったねって言われた。1番泣いた映画かも
atsuko

atsukoの感想・評価

5.0
何回観ても泣くやつ
ジャベールが何考えてるのかわからなくて1周回って好き
M

Mの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ前に一度見ていたんですが、今回爆音映画祭で上映すると聞いて、初めての映画館での鑑賞でした!

いや〜最高だった!!!!!

もうこの作品は大好きで、舞台も好きだし映画も好きだし音楽も好きだし全部好きな訳ですが(小説は挫折しました笑)、
改めて大きなスクリーンで見ると、本当に音楽が全曲素晴らしいのと、ド有名の音楽に頼らない役者の表現力と、テンポは速いけど端折らないで1曲1曲を大事にしてくれてるところと、なんかもう贅沢なひとときでした。


ヒュージャックマンの囚人時代と市長になってからのギャップは見た目も声もすごかったし、やっぱり主役が力強くて時には脆くいてくれるから感情移入しやすい。そしてヒューの圧倒的安心感。バルジャンの名前は捨てた!って言って身分証を破り捨ててからのレミゼのテーマ曲始まり〜!は本当に毎回鳥肌もんです!ホルンが裏でパーン!って鳴ってるのすごい好き。いつか演奏したい。あと下水道の真っ黒になった格好、視覚的にバルジャンとマドレーヌ市長を演出してて、こういうの映画ならではだよねー!

アンハサウェイの「夢やぶれて」はすっごく切なく訴えかけてて、この曲を壮大に歌いきる人も多いなか、すごく苦しそうに絞り出すように歌ってて本当に感動した。あの歌い方も映画ならではかな〜。天国にバルジャンを連れていくところは天使のようで、この物語の始まりを意識させる。

アマンダちゃんはもうめちゃくちゃかわいいし、高音もすごくきれい!コゼットとマリウスが恋に落ちて、庭で愛を囁くシーンはうっとりしてすごく絵になる二人だったし、二人のハーモニーがどの曲もとてもきれい。

エディレッドメインは1回目見たときは「マリウスは王道イケメンが良かったなー!」とかちょっと不満だったけど、ファンになった今としてはすごくドキドキしたし、恋人と仲間との間で葛藤する青年を好演してましたね!特に革命に敗れ生き残ったことに涙を流すシーンは(映画オリジナルの歌かな?)、もう何にも言えないですよね。

そしてエポニーヌ役のサマンサバークスさん!名前は今回初知りだったんだけど、この方多分レミゼのアニバーサリーコンサートにも出てた方ですよね?!あの時からエポニーヌが似合うな〜って思ってたけどやっぱりいい!お顔も声もとても合ってる!はあ、切ないよね。長い髪を持ち上げて帽子被るシーンがとても好き。レミゼの中で何役やりたい?って言われたら絶対エポニーヌって答えます!

ジャベールのStarsは染みたな〜。元々テンポのいい曲が好きで「Stars」「bring him home」「drink with me」とかゆっくり系が苦手だったんですけど(好きだけど)、なんか今回はえらく感動してしまい…。すごく彼の葛藤する感情が溢れてて、ジャベールとエポニーヌのサイドストーリーはぜひ見たいと思いました。レミゼの良いところって登場人物が皆それぞれ魅力的だってことだよね。

そしてガブローシュ!私的にコンサートのガブローシュ役の子がめちゃくちゃかわいくて好きだったんですけど、映画を見てこういう男の子もありかもと。決して容姿が美しい訳じゃないけど、すごく味があるというか、上手く言えないけど貧しい街で1人育って子供らしからぬ知恵を身につけてしまってる感じとか、かわいいけど少し卑しく見える感じとか、確かにガブローシュってただかわいい男の子じゃダメだよなあって。最初の馬車のシーンとか、スパイに入ったジャベールを見破るところとか、撃たれるシーンとか(衝撃的)、下手したら舞台より見どころあるんじゃない?ってくらい活躍してましたね!

忘れちゃいけないのがテナルディエ夫妻〜!今度舞台では斎藤さんがやるんですよね、なんか見たいような見たくないような(笑)唯一笑いをくれるのがこの方達。本当に下品だし下世話だし卑しいけど、物語のアクセントになってることは間違いないし、革命を取り巻く色々な人達が見えて面白い。「one day more」はどのパートも本当に泣けるけどテナルディエのパートがあるからまた個性が出るし、しっとりしつつリズム感を出して、勇気を奮い起こして力強い曲に仕上がってる。

、、、言ってない人いるかな?いそう。ま、いっか。


本当に全部の曲が大好きなので2時間半の壮大なMVを見てるようでもありましたね。
その中でも「Do you hear the people sing?」「one day more」は鉄板。本当に泣けるよね。
「at the end of the day」「the robbery」は実際に演奏したこともあってやっぱり好き。
「who am I」「red and black」「Stars」そして「on my own」、心揺さぶられる歌ばかりです。

なんかやっぱり好きだな〜このお話。って改めて思いました。
一人一人が輝いてる、全てのキャラが魅力的。
素敵な時間をありがとうございました。また見ます。
asa

asaの感想・評価

4.6
大好きな作品の1つ!
何度観てもフランス革命のところは泣ける…
音楽も俳優も素敵で飽きない映画
エポニーヌの幸せをひたすら願う
なんでだぁ…なんでそうなった………
>|