レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

イヨ

イヨの感想・評価

5.0
迫力満点の作品。
涙無しでは観られん。
フランス革命の中で恋愛、苦悩など
様々な感情?が描かれていた。
ヒュー・ジャックマンかっこよすぎる。
HayatoMori

HayatoMoriの感想・評価

5.0
自分にとって初めてのレミゼ。 この後原作を読み、ブロードウェイに足を運んだ思い出の映画。
後半の登場人物が一気に殺されていくシーンは見ていて辛かった。

そういう古典だから仕方ないのだけど。。。
舞台で見たことがあったが、映画ははじめて。
映像としても、ミュージカルとしても、曲としても楽しめる。
善とは何か。悪とは何か。をロマン主義のフランスを舞台として物語っている。
ミュージカルテイストにすることでより親近感が湧きやすく、受動的に観れる『モノ』に仕上がっている。
ここで、『モノ』と表記したのは特に理由はない。

悪人は善人になれるのか、善人は善人のままでいられるのか。

それを教えてくれる映画だった。






やっぱ、ヒュージャックマンかっけぇわ。
久しぶりに観て、コゼットが追い出される前までは、なぜこの映画が自分のベスト入りになっていなかったのかと疑った。
だがしかし、コゼットが追い出される理由から先は、原作の大ファンからするととにかく薄い、薄すぎる!カットが多い!
映像が飛んだのかと何度も確認した。
原作を抜きにしても残る疑問点の多さ。鑑賞後に頭の中が?で埋め尽くされた。
汚物・自殺シーンなどは詳細に表現されているのに、肝心の登場人物の背景が余りにも描き切れていない。
特にジャンの裁判での囚人たちへの確認とその後の彼の変化・コゼットのテナルディエに対する恐怖・ファンテーヌの市長への憎しみ・エポニーヌとマリウスの馴れ初め・エポニーヌとアンジョルラスの死の瞬間・一度も嘘をついたことがない修道女がジャンの為につく嘘・マリウスのジャンへの扱いの変化などなど、、とキリがない。
本当に、原作を読まずにこの映画だけで感動している人はもったいない。というかむしろ許せない笑
キャストの素晴らしい演技と歌のお陰で大作のように見える作品。
長い!

けど思ったより長く感じなかったのはストーリーと歌にめちゃくちゃ引き込まれたから。

全然ストーリーも時代背景も予備知識なかったけど、面白かったな。

愛と自由の物語。

革命のとこの歌が好きだ。
コウキ

コウキの感想・評価

4.0
原作とか聖書とかわかっとけばもっとおもしろいんかなと
憎しみ、慈悲、愛、許しの物語なんですかね

雨は花を育てるってセリフが印象的です
groe

groeの感想・評価

3.3
ミュージカル映画だと思って見たらオペラ映画だった

脚本も音楽も素晴らしい

オペラ映画という性質上、バストアップのシーンが多くて、絵的には少し寂しいかな
shinphi

shinphiの感想・評価

5.0
増大な大河ドラマを情熱的な音楽で描く最強のミュージカル映画だと思う。
>|