レ・ミゼラブルの作品情報・感想・評価・動画配信

レ・ミゼラブル2012年製作の映画)

LES MISERABLES

上映日:2012年12月21日

製作国:

上映時間:158分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「レ・ミゼラブル」に投稿された感想・評価

NANA

NANAの感想・評価

4.1
長い映画耐えられない人には結構きついけど最後まで行くとハマっていて
終わった後は音楽を帰りながら帰ってしまう
Chasa

Chasaの感想・評価

-
ミュージカル系良く理解してない人間というのもあって段々飽きちゃった
koi

koiの感想・評価

4.0
冒頭から壮大かつ豪華。錚々たるキャストも勿論ですが、とにかく映像のスケールが大きく、迫力が凄いです。
まるで舞台を観ているかのようなミュージカルシーンや演出を映画ならではの壮大な映像美とともに贈る、舞台と映画のいいとこ取りのような作品です。
有名作品なのでタイトルこそ知っていたものの、実は私はミュージカルも映画も観たことがなくストーリーすらよく知らなかったのですが、作中では聴き覚えのある歌が何曲も登場し、改めて「名作」の凄さを感じました。
個人的なお気に入りはエポニーヌ。雨の中歌うシーンの切なさとラストの美しさは月並みの言葉では言い表せません。そしてあの両親の下でよくまともに育ったな…と。
エポニーヌのお母様はよくよく見たらヘレナ・ボナム=カーターなのですね!ハートの女王といい、憎らしいけれどコミカルな演技が本当に上手で、ついクスッときてしまいます。
おそらく映画ならでは、舞台ならではの良さがある作品だと思うので、コロナが落ち着いたら劇場でミュージカルも観たいです。
すのう

すのうの感想・評価

3.4
良かったけれど冗長な気が、もう一作の上のレ・ミゼラブルのほうがキレイにまとまっていて個人的にはそっちのほうが好き!
レイ

レイの感想・評価

4.8
やっと観た〜

2時間半ってどんなもんやろうって
思ったけど
時間を忘れさせてくれる映画だった

セリフが全部歌で成り立ってて
だからか、
ストーリーの展開は穏やか

何から何まで
圧巻の映画だった

善と悪のどちらを選ぶか
自分がどっちに立つか

良い立場にある人ほど正しくないことをして
悪の立場にある人ほど正しいことをする

そんなこともあるかもしれない

純粋な恋愛ものもあったし
凄いに尽きるけど面白かった
大豆

大豆の感想・評価

4.0
長い話だしストーリーの密度が凄くて前半はちょっと疲れるけど、ラストに向けてとても良い
ラストの歌がめっちゃ良かった

キリスト教の価値観が大きく反映されているから、ストーリーの合理性よりもそれぞれの救いや赦しがメインになっている
舞台で観たら凄く良いんだろうなと思う
torakoa

torakoaの感想・評価

2.8
台詞全部歌になってるので「ミュージカルは唐突に歌うから嫌い」という人にはある意味大丈夫だけど多分ダメだろうな、という特殊方式。台詞やモノローグにあたるものが全部歌になってるだけな感じで、歌い踊る場面や群舞などはない。ミュージカルにしては大変地味なドラマ作品。
これが映画化で一般的に受け入れられるか?については有名俳優揃えたらまあいけるだろうと思ってた。ストーリーはお墨付きあるようなもんだし。小学校の図書室にあったハードカバー本『ああ無情』がとても印象に残っている。最も短い手紙「?」→「!」てこれの時だったよな。

で。生歌にこだわったのはよかったんじゃないかな。観劇機会ない人にもこの作品観てもらえるのは嬉しいし、映画化したことはよかったと思う。
けど見せ方がなー。変更点も残念だったり結構違和感あったり、気負いや衒い、ドヤ感みたいなの鬱陶しくて何だかげんなりしてしまって乗れなかった。いちいち派手にしようとしすぎというか、その割に何かショボいというかダサいというか。
ジャベール役、ミスキャストとは言わないけどイメージ合わなかったんだよな……ファンティーヌは感情表現盛り盛りだったので演技賞はまあわかるけど演者が自分に酔ってる感じであんまり好感は持てなかったっけな。
何か色々やり過ぎてて食傷気味、また観たいとは思わない作品に仕上がってると思った。舞台版は複数回観劇してる程度には好きなんだけどなー。
就活中に新宿で観た。観終わった後に場内で拍手が流れたのでよく覚えている。

自分には長すぎる映画だった。笑
悪いやつって思う人間、沢山いるけど、そいつもそいつの正義で良い奴だってさ
悪いやつがさ正しくて、自分が正しくなかったら今まで楽しくて、すごくいい時間ってのは何だったんだろうってね
神様は滑稽な人間見て笑ってやすか
今日生きてる俺らってのは、なんてマヌケでアホっつらでガニ股広げてくつろいでんのかねってね
そりゃこの足で探さないとね。
その手で守ってやんなきゃね。
自由ってのは今を指すんだなぁ。ってね

諸行無常、それ故に美しいってね
がっつり映画見たいって気分の時、真っ先に思い浮かぶ作品。
登場人物ひとりひとりの信念や運命が、六月暴動の日に交差して時代が動いていく感じが何度見てもたまらない。
>|