昆虫物語 みつばちハッチ 〜勇気のメロディ〜の作品情報・感想・評価

昆虫物語 みつばちハッチ 〜勇気のメロディ〜2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:101分

3.1

「昆虫物語 みつばちハッチ 〜勇気のメロディ〜」に投稿された感想・評価

めっちゃ感動した!
小さい頃観てたハッチを大人になって観ると改めて知ることもあった。
ハッチって王子だってこと。
いつまでたってもハッチは名作!
riekon

riekonの感想・評価

3.0
娘もちょこちょこ一緒に鑑賞。
昔のハッチは直ぐにメソメソして好きじゃなかったのですが(笑)
このハッチは明るくて元気で楽しいです。人間の女の子と言葉が通じるのは始めてかな?女の子も虫達と一緒に頑張って良かったですよ。
ntrec

ntrecの感想・評価

4.0
これ名作じゃないですか?、もっと配給されるべき映画。
タツノコプロ渾身の職人技アニメーション 気になったと言えば声優さんのテンションの差ぐらい。

昔のアニメってコンセプトを出来るだけ変えないで再構成するのってとても大変でしょうけど、見事に現代に昇華されたハッチだと思います。
※7年前の作品ですが..なんら古くない
人の城に土足でwwwwwwwwwww
こういうところで笑うの良くないですが、、、、つい笑っちゃいます。

劇場版アンパンマンを彷彿とさせます。
昔のテレビアニメ版みたいに暗くないです。
れいろ

れいろの感想・評価

3.0
昔レンタルで観たなぁ〜かわいいんだぁ蜂の子☺️
青二歳

青二歳の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

“みなしご”って差別用語なの???タイトルが“みつばち”に変更されたのは何故かと調べたら…身内を喪った子供だから“身なし”…天涯孤独という訳でなく片親を亡くしただけでも使われていた訳で…差別用語って一体なんだ…(子供の頃は天涯孤独だと勘違いしていたけど差別とかじゃないだろ)
ベテラン声優とタレント声優のアンバランスさが痛々しい…これも劇場版ならではでしょうか。

蝉のミンミンが切なすぎる「わしブサイクだし…」ってもう泣ける。基本的に捕食者を"悪者"に仕立てる動物の擬人化は自然の摂理を人間の近代の価値観で切り取るので嫌い。でもスズメバチの凶悪さは現実世界でもその通りなのでラストの展開はそこまでムリは無かった。スズメバチに数で対抗するニホンミツバチも本当だし、“共生できない”種が描かれる点が動物の擬人化アニメの中ではとても面白いと思います。
毒グモのくだりは肉食否定みたいでややイラっとしたけど、毒グモがその後もてんとう虫やら毛虫やらと共にコミュニティに存在しているのがとても良かった。

ミツバチの王子様ってどういうことなんだかよく分からないけど、そういえばハッチは王子様でしたね。
あぽろ

あぽろの感想・評価

3.5
なんだこれは…!!子供向け映画だと思ってなめてかかったら号泣する羽目になりました。
アルマゲドンでもショーシャンクでも泣かない独身女がみつばちハッチで泣いてる図…うーんなかなか気持ち悪い。