キャッツ&ドッグスの作品情報・感想・評価

「キャッツ&ドッグス」に投稿された感想・評価

tk10

tk10の感想・評価

4.0
犬と猫の戦争なんだけど、犬らしい戦い方で、猫らしい戦い方で、ブラックジョークいい感じ。
はせ

はせの感想・評価

5.0
確かに猫と犬のイメージはこんな感じ。従順で愛らしい犬に対して、行動すべて自分のための猫。犬が実は喋ったり、犬猫の対立構造もあるといいなっていう想像のままで受け入れやすかった。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

3.8
2018年11月23日
『キャッツ&ドッグス』 2001年製作
監督、ローレンス・ガターマン。

人間用の犬アレルギー薬の開発をするブロディー教授。
しかし、Mr.ティンクルズという世界征服を狙う猫が、
ブロディ―一家を守る為に派遣されていたエージェント犬
を誘拐する。
ティンクルズは、あの肉球この肉球を駆使して、人間と
犬の邪魔をする。
その為、ブロディ―教授と薬を守るために新たに後任と
して派遣された犬は、ピーグル犬のルー。
ルーは、エージェントとしての訓練を受けていず、
何らかの手違いが生じ、ブロディ―一家に飼われること
になる。
ルーは、仲間に助けられながら、犬の皆と共に人間を守る。


CGを駆使し、犬と猫の戦いを描いた映画。
こんな装置を一体どうやって犬が作ったの!?
という場面多し。
が、細かいことは追求せず、大まかな話の流れを追って
行った方が良さそうです。
猫のティンクルズ、真っ白なかわいい鼻ぺちゃ猫なのに、
一生懸命邪悪ぶってるとこが笑いを誘って超カワイイ💛
ラスト、着せ替え猫にさせられて…これもまたカワイイね。
ルーが、ン?と首をかしげる場面、萌えます♡

闘い終わって、No Side。
勝ったも負けたもなく、双方仲良く暮らしましょ♪
jonajona

jonajonaの感想・評価

4.1
犬猫版のトイストーリーという(は?)
人間に隠れて戦争を繰り広げる
ワンちゃん猫ちゃん…かわいすぎる
特にネコのボスの白い子。かわい
小さい頃何度も観た。
ひまろ

ひまろの感想・評価

3.0
・ハイテクわんにゃん戦争。
・大丈夫。何しててもかわいい。
・つくった人多分犬派
cyinglee

cyingleeの感想・評価

3.3
if the cats could be more cutes
ハイテクな犬猫の喧嘩。
犬猫それぞれ集まってこっそり会話したり秘密基地があったり、真面目にやってるつもりだけど終始微笑ましくて可愛い。
子供向きでゆる〜く観れる。
お

おの感想・評価

2.9

スフィンクスは悪役に抜擢されやすいの…
わかるけど…スフィンクス可愛いんだよ
好きだよスフィンクス…
カモメ

カモメの感想・評価

3.4
犬派も猫派も満足できる映画。ただし猫は悪役。

世界を牛耳ろうとする極悪猫たちに対抗する犬エージェント。近未来的な機械を駆使して活動をする犬たち。ちょっとMIBっぽいし、音楽は完全に007のオマージュ。

吹き替えに合わせて口が動くタイプの作品。実写とCGと人形を駆使して撮影されていて、大人が見るとコメディ部分はややチープに思えるかも。
全体的にノリが低年齢向け。
ただ、とにかくたくさんの犬や猫が登場するので、見ているだけで楽しい。

ノラ犬のダックスが自分のことを"オーナーフリー"と自称してたのは笑ってしまいました。上手い言い方!

DVDの開始時に犬派か猫派か選択させられて、専用のメニュー画面になるのが面白かったです。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.1
話の適当さと動物の可愛さにひたすら和んだ。なに、この猫の不細工さ。可愛ーなー、このやろう。CGも結構入ってるけどウンザリした猫と「うー」と渋顔する犬の顔が良すぎる。犬も可愛いなー。というか、アメリカ人は猫に対するイメージが悪いんだろうか?
>|