奇跡の旅の作品情報・感想・評価

「奇跡の旅」に投稿された感想・評価

Ray

Rayの感想・評価

3.9
犬2匹と猫1匹が離れ離れになった飼い主の元へ戻るため旅をする物語。懐かしい作品です。
Shizka

Shizkaの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の牧場の待て!のシーンでもう泣き、小さい男の子を黙って縋り付かせるシーンに泣き、再会で泣く。

疑問があるとすれば、引っ越した家。充分犬猫飼えると思うけど
ヒロコ

ヒロコの感想・評価

4.2
可愛いかった。
犬好きにはもってこいの映画

旅の途中、ピンチに陥りながらも飼い主のもとへ辿り着く
うちの子もシャドウみたいだったらノーリードで散歩いけるのにな
Airi

Airiの感想・評価

-
動物映画の中で一番好きな映画。これ何回見たかわかんないけどもっかい見たい。
👍🏻👍🏻👍🏻👍🏻
blay86

blay86の感想・評価

4.0
いままで観たアニマル系映画で、いちばん涙腺やられた。風景映像も綺麗だし、子役たちがなかなか愛おしい。いまみたいなCGもない時代に・・・このアニマルたちはどうしてこんな自然なんだ!もし家族ペット同士がこんな風に会話していたら、と思うと笑顔と涙が止まらない。これは将来じぶんたちの子どもや孫にも見せたい作品。
咲里奈

咲里奈の感想・評価

4.8
タレントアニマルすご、、、。

目で語る演技にかけては、時に動物の役者の方が人間の役者よりも秀でるものがあると思う。それは言葉を話せない動物だからこそ成せる技だと思う。
荒野の野獣役などのタレントアニマル達ももちろん、シャドウ役、チャンス役、サシー役のBen、Ratter、Tikiに拍手を送りたい、、、まだ今よりかはCGが発達していない時代にこんなにすごい存在がいたのか、、😭
むしろ彼らの演技にCGは不純物だと言っていいほどすごい。

今まで観たアニマル系映画で1番、度肝を抜いた。
※mixiから転載

昔の映画だから
今みたいにCGで動物の口を動かすとかはないんだけど
CGぢゃなぃないからこそ動物達の演技のすごさがわかる。
かしこすぎです。猫ちゃんも。
ありえなぃ話なんだけど最後は感動。
動物っていぃ。
癒されたい時にオススメします。

2007年01月26日 17:23
よくスンスン書いてますがね、マシンボーイ、実際に映画で泣いたことはありません!

2匹のワンコロと1匹のニャンコロが我が家を目指して旅をすんよ!って話

マシンボーイの涙腺をダムに例えるならよ、あの「ちはやふる」でも貯水率80%くらいですわ
本作…98%!危うくホントに決壊、すなわち涙するとこでしたよ、スンスン
ラストな、わかりきったラストなんやけどな、危うくホントに泣くとこやった…危ない危ない
ディズニー映画で泣いたなんてバレたらご先祖様に合わす顔が無い

フィルマークスの人気レビュアーの中でもポンコツ映画、キチガイ映画に特化した、マシンボーイも敬愛する変態レビュアー桔梗Fさんとあーぁさんがレビューしていた本作
え?桔梗さんがなんでこんな可愛らしい作品を?あーぁさん血迷ったか?ってかワンコロ映画かぁ、観たい!観たい!なりましてね、早速観ましたよ
めさめさ良かったぁ!キュンキュン
ワンコロ映画は好きなジャンルですがね、本作、「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に次ぐ好きなワンコロ映画になりましたよ

ちなみに僕はゴールデンレトリバー、アメリカンブルドッグ、猫、の主人公3匹の中では若くてヤンチャなアメリカンブルドッグのチャンス君推しです!
ヤンチャが過ぎて厄介事を呼び込んだりもしますが、裏表の無い可愛いヤツです
ゴジラ?にビビり倒すチャンス
子熊追いかけまわして、親熊にビビり倒すチャンス
アーノルドシュワルツネコ(ピューマ)に襲われてビビり倒してる割に、いざ逆襲って時に蝶に気を取られちゃうチャンス
いたずら心でヤマアラシに近づくもんやから、案の定痛い目みるチャンス
拷問?を受けるチャンス
そして老犬シャドウの危機を熱い言葉で励ますチャンス
ってか、とにかくうるさいチャンス
もう全ての表情が愛らしいですわ、とりこ

もちろん賢くて清廉潔白な老犬シャドウの威厳溢れる姿も素敵でしたし
唯一のニャンコロも生意気ながら実は2匹のワンコロのことが大好きな感じも可愛らしかったです

スリリングな旅の様子や、3匹の成長と深まる絆など見所は盛りだくさん!
普段ポンコツ映画ばかりみて荒んだ映画生活を送っている方には是非本作を観てデトックスして欲しいですね…君達のことやで!(お前が言うなとか言いっこなしな)

何?続編だと!
桔梗F

桔梗Fの感想・評価

4.0
号泣わんにゃんロードムービー(ФωФ)フフ

再婚相手のパパの仕事の都合で、しばらくの間おばちゃん家に預けられたわんにゃん三匹。

家族に捨てられたと勘違いしたわんにゃんたちは、はるか遠い我が家を目指して旅に出るのだった…

夏休み旧作特別企画第6段。
来週から本格的に仕事始まるんで、旧作レビューシリーズももう終わりかなあ( ´△`)
※夏休み長いわ

本作はディズニー映画「三匹荒野を行く」のリメイク。結局ディズニーですが。

ストーリーの大筋はほぼ同じだけど、違う点は、、
・オリジナルは動物たちはセリフしゃべらずナレーション。本作はうるさいくらいしゃべる
・オリジナルは飼い主家族2人兄弟、本作は3人兄弟(妹)※3人というのがけっこう重要!
・犬種、猫種が違う
などなど

本作の登場わんにゃんは…
・老犬ゴールデンレトリバー
・うるさいいたずら好きピットブル
声優マイケル・J・フォックスがひたすらしゃべる(゜ロ゜;
・気位が高いヒマラヤン
声優がサリー・フィールド(゜ロ゜;アメスパファン必見!※だが声だけ!

ストーリーは単純明快で、わんにゃんが道中様々な危険を乗り越えて我が家を目指すというもの。

ディズニー映画なので、内容は子ども向け。
もしくは、汚れつちまったへっぽこ大人向け( ´△`)

素晴らしい点は、

・動物たちの神演技( TДT)b
どうやって指導したの?ってくらい見事に動きます。(ФωФ)ササッ
スタッフたちは、うまくいくまで撮り直し撮り直しで相当たいへんだった思う…

vs熊戦、vsピューマ(アーノルドシュワルツェネコ)戦はどうやって撮ったんだろうってくらい素敵。

「急流流れナイアガラにゃんこ」は今なら動物愛護法に引っかかるんではないか?(゜ロ゜;
にゃんこ命がけすぎ( ノД`)…

度重なる大ピンチの他に、スパイ活動。
いがみあってた三匹に芽生える友情や成長、出会いと別れ、などなど見所いっぱい(^-^)/

・ラストの大号泣( TДT)
このラストを観るためだけに、これを観てもいいくらい。
箱ティッシュ1箱使い切ってよい。
※夜用に3枚は残した方がよい

基本は子ども向けながら、大人が観ても十分楽しめるんではないかなと(^-^)

ちなみに、三匹映画だけど
「また又、三匹が斬る」や
「さあこい!3匹」←少女マンガコメディだがちょっと泣ける
とは関係ないので注意。
素麺

素麺の感想・評価

5.0
観たのはカリフォルニア・ナパ近郊。当時8歳。慣れない土地での移動に熱を出した私はその日、母や妹がステイ先の家族とぶどう畑に出かける間、その家の愛犬黒いラブラドールのチースパーとお留守番だった。ステイ先のママのデボラは寂しくないようにと、ビデオデッキにこの映画をセットして行った。その間、チースパーは私がどんなに寄りかかっても嫌な顔ひとつせず、じっとそばに居てくれた。
一緒に観たこの物語でも、チースパーのように賢く、かけ替えのない存在が家族を求めて大冒険をする。当然アメリカで観たので吹き替えじゃないし字幕もない。でも言葉は全くわからなくても何を話しているのか分かったし、とても感動した。
日本に帰るとき、 チースパーと別れるのが何よりもつらかった。たった数日でも私の心強い親友でいてくれた。
この映画はそういう映画だと思う。
>|