バグダッド・カフェの作品情報・感想・評価

「バグダッド・カフェ」に投稿された感想・評価

MakotoUkai

MakotoUkaiの感想・評価

4.6
音楽と色彩。童話的な展開が⭕️
住人またはお客になりたい
ラストシーンの下心感が否めなくて
笑ってしまった
ブレンダのキレ口調が母そのものすぎてやべー!みるのきつ!ってなりかけた
Seiya

Seiyaの感想・評価

3.9
お洒落映画
Mana

Manaの感想・評価

4.0
一度観て、主題歌が耳から離れなくなった。

モーテルに集う全員を家族のように思うブレンダとヤスミンの優しさが、ストーリー全体に滲み出ていた。ピリピリとした心も次第に解かれていき、共に支え合える関係に変化。自分らしく振る舞えるようになった女性2人の明るさたるや〜。
ミート

ミートの感想・評価

4.0
名作中の名作ですから、あらすじは必要ないですね。

なんとドイツ映画なんすよ。今もドイツで俳優として活躍するMarianne Sägebrechtが主演。控え目でとても上品なドイツ人女性を演じています。

そして脇を固めるのは「シェーン」のJack Palanceと「ER」のヒックス先生"Carol Christine Hilaria Pounder (CCH Pounder)"です。

僕は「再会」のシーンとポスターにもなっている掃除のシーンが好きです。それに「子供がいるいない」でブレンダの心が激変するあのシーン。泣けます。

身の回りのことでいっぱいいっぱいになっているブレンダのやさぐれた心がヤスミンによって変わっていくそのさまがハリウッド映画ではない切り口でゆったりと描かれます。

そして特筆すべきは音楽。Jevetta Steeleの”Calling You"が切なくそして叙情的に全編を彩ります。

良い映画ってのは色あせないのですねえ。
砂漠の中のバグダッドカフェ、流れる音楽が心地よい。最初は何もかもに対して怒っていたブレンダがジャスミンと会うことで雪解けしていく様がよかった。人間色んなことを溜め込んで日々を繰り返すと、いつの間にか余裕が無くなっていくんだと思う。言葉もそれほど話さないジャスミンがひとつの特技を通して色んな人と仲良くなり必要な存在になっていったことがとてもいいと思った。
muta

mutaの感想・評価

5.0
時間がゆっくり流れる感覚
人に気づきを与えたり幸せを運ぶ人間になりたいなと
音楽もとても素敵
kuu

kuuの感想・評価

4.0
CALLING YOU◎
>|