かもめ食堂の作品情報・感想・評価・動画配信

かもめ食堂2005年製作の映画)

Ruokala Lokki

上映日:2006年03月11日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「かもめ食堂」に投稿された感想・評価

あおき

あおきの感想・評価

4.0
なんか、見ながら東京住んでるのめちゃくちゃ嫌になって森の中の今誰も住んでないおじいちゃんの家に住みてーって思いながらでも、勇気出ねーって落ち込んでたけど最終的に東京でがんばろーって思っちゃった

いい匂いがする映画でした
Kento

Kentoの感想・評価

3.5

フィンランドのヘルシンキにオープンした
日本食堂

客は来ないが、店主のサチエはゆったりと
気ままに店を営んでいた

ちよっとしたきっかけで知り合った
ミドリ (片桐 はいり)や
ひょんな事から訪れたマサコ(もたいまさこ)

それと近所の人達
そんな人々と関わり合いながら
ゆったりと時間が過ぎてゆきます

空気感が好きでした

キャスト陣の演技も自然で
肩の荷を降ろしてらくーに観れる様な
作品でした
yu

yuの感想・評価

3.7
休日の昼間にピッタリ映画。
案の定5分で寝てた。
ちゃんと眠気無しで観たら、ゆーっくりしてて特になーんもないのに引き込まれてた。

いつかシナモンロールを焼いてみたいと思いました。
(絶対やらん)
nyicc

nyiccの感想・評価

4.5
焼きたてのシナモンロール、ほかほかのおにぎり、ごろごろ肉じゃが、でっかいとんかつ、3人の空気、豚身昼斗念、ぜんぶℒℴνℯ・・・
🍙☕️🥮
おにぎりとコーヒーとシナモンロールが
食べたくなる作品。

荻上監督の作品、やはり好きです。
丁寧に暮らしたくなる。
フィンランドでおにぎりをメインメニューとした食堂を営む女店主と、そこを訪れる様々な事情を持った人々のお話。

メインキャスト3人の味のある動作に
惹かれます。
もたいまさこさんのあのなんとも言えない
雰囲気が本当に良い。
もたいさんは一度お会いしたことが
あります。ただ、すれ違ってもおそらく
気づかないかな、という感じの普通の方
でしたが、作品の中での存在感がすごい。

フィンランド人の好奇の注目の中、
もたいさんが絶妙な間でおにぎりを
食べるシーンはおお〜っ!て感じ。

トンミヒルトネン=「豚身昼斗念」
ウケた🤣🤣

🍽美味シーン🍽
⚠️出てくる食べ物についてはネタバレありです

北欧的なキッチンで冒頭のコーヒーを
丁寧に入れるシーンから
とにかくホッとするようかメニューの
オンパレードです。

香ばしい香りがこちら側まで来そうな
焼きたてシナモンロール、
心を込めて握り、パリッとした海苔を
丁寧に巻いたおにぎり。

他にも、
★現地の人の好みそうな具材で試行錯誤で研究したトナカイ、ニシン、ザリガニのおにぎり→失敗に終わる
★豚の生姜焼き、魚焼き網で焼いた焼き鮭
★コスケンコルヴァ→フィンランドのウォッカ
★揚げたてのトンカツに包丁を入れる時のサクサク音。
★幻のコーヒー、コピルアック
美味しさ満載の作品でした❗
ゆた

ゆたの感想・評価

3.3
遠くから歩くとこの広角レンズの使い方が面白かった

急に近づく・遠ざかる感じ
Mana

Manaの感想・評価

4.2
なんだか、なんかいいなー、の連続のストーリーです。

海外で、しかも1人で、相当の根性がないとやっていけないのはわかっています。そもそも、理由もなくフィンランドに行く人も変わってます。

だから、みんなちょっとこだわりが強そうなんだけど、でも優しい。それは、お互いが自立してて、自分で立てるから、優しくなれるからあの空気の食堂が成り立っちゃうんです。
mmm

mmmの感想・評価

3.5
ゆったりのんびりぼーっと観るのに最適。
相手を否定せず包み込む小林さん素敵。そんな人柄は自然と多くの人を呼び寄せるんだな〜
おしゃれ雑誌によく紹介されていて、敬遠していたこの映画。
字幕なしで観たのでスウェーデン語はわからないけど、全く気にならない。
いい映画でした。
否定しないハナエさん。ありのままをうけいれ、がんばらない。自分から声をかけた人に悪い人はいない。海外あるあるです。
言葉通じなくても、なんとなくわかり合えるのも、あるある。
お店の内装、料理の見せ方、キャスティング。とても良くできた映画でした。
若い女性に人気があるのはよくわかる。
shuka

shukaの感想・評価

4.0
人に勧めるでも
高く評価するでもなく

ただぼっと見ていたい時に見る
自分だけのおすすめ映画

ご飯を食べるシーンよりも
料理する過程、音が好きだった
>|