想い出の瞳の作品情報・感想・評価

「想い出の瞳」に投稿された感想・評価

yoichiro

yoichiroの感想・評価

3.0
11月11日 DVDで鑑賞
終戦直後のエール・フランスを舞台に、チャラいパイロットであるジャン・マレーとふられて自殺未遂まで起こしながら未練タラタラのCAミシェル・モルガンによるメロドラマ。くっついてー別れてー又くっつく、という話なので、見どころは終戦直後のフランスの航空機事情。冒頭、砂漠に墜落しているのはドイツ軍のSTOL機Fi156(のフランス生産型か)、捜索に来るのはイギリスの爆撃機ウェリントン、パイロットの研修風景の後ろにはドイツ軍の三発輸送機Ju52(のフランス生産型)、パリとセネガルのダカールを結ぶ旅客機はアメリカ製のC54など色々出てきて、それだけでも観る価値がある。
クライマックスではエンジンが故障したC54の墜落の危機を特撮で見せていて、フランス映画としても珍しいかもしれない。
イシ

イシの感想・評価

-
サルトルの『賭はなされた』(かけはなされた)を映画化したドラノワさん監督。飛行士たちとCAのドラマ。
飛行機とか飛行場とかがたくさん映されていたなあっていう。