トラブル・カレッジ/大学をつくろう!の作品情報・感想・評価

「トラブル・カレッジ/大学をつくろう!」に投稿された感想・評価

既存の大学構造と教育制度を皮肉ったスクールコメディ。

受験した全ての大学に落ちたから自分でニセの大学を作ってしまおうっていう発想が面白い。

本当にやりたいことができる、テストや論文で評価しない制度が最高。
こんな大学だったら1日中好きなことをやって過ごすことができるから、相当有意義な4年間になると思った。

ラストの主人公の演説が感動的。素晴らしかった。

J・ロング、B・ライブリー、J・ヒルなどなど、意外と有名なキャスト揃い。

大学生という、自由だけれども型にハマった現代の教育制度は果たして意味があるのだろうか? 学生の夢や希望を潰してないだろうか? っていうメッセージが込められた映画でした。

これをオススメしてくれた友達に感謝。
俺もサウスハーモン工科大学に入りたい。
upi

upiの感想・評価

3.0
授業内で観た映画
薄い内容そうにみえて最後のブッシュ大統領のおちはちょっとおおってなった。笑
某学園以上に認可が下りてはいけない学校それがサウスハーモン工科大学だ!
のび太の雇ってくれる会社がないなら会社をつくろう!はわかるけど…大学!?どうなることかと思ったらそれしかないよなぁな結末。世にも優しい世界です。
学ぶということの解釈や社会への批判もあまりにも短絡的でこどもっぽくてへ理屈に感じるとこが多々あり、大学で学ぶことや受け入れられるということはそういうことではない様な気がしてモヤっとしました。

ジョナが若くてMAX太ってます。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

4.0
楽しい!ジョナヒルがまん丸だるまさんみたいで、ソーキュート!
hinano

hinanoの感想・評価

3.7
8校もの大学に落ちた主人公が、落ちこぼれの友達と共に自分たちで大学を作ってしまう物語。もちろん親には嘘をついて偽りの大学生活を始めるのだが、、、

設定もブッとんでるし見るからにおバカな映画ではありますが(笑)周りに嘘をついてはいるのだけれど、自分たちのやりたいことは偽らず好きなことに謳歌する彼らの姿はグッとくるし、なんだかんだ良いお話でした。

個性溢れるキャラクター達もとても面白かった!!!!
けーご

けーごの感想・評価

3.5
親には「大学に行け、落ちこぼれるぞ」と言われつつも受けた大学には全て落ちた主人公バートルビー。そんな彼が他にも大学に落ちた仲間たちと“一緒に大学を作ってしまおう”というぶっ飛んだ計画を立てて四苦八苦したところに本当の入学者たちが…まさにトラブルカレッジ--

学歴社会アメリカは日本以上に大学卒というステータスが必要なんだと知りつつもここまでとかと思った! そういう意味では自分はぬるま湯に浸ってたのかなとショッキングだっだ。

ニセ大学にきた新入生たちはまさにパリピ。校内はカオスと化し、無法地帯。そんな学生生活でも彼らにとっては毎日が本物だった。ラストのバートルビーの演説に心打たれた!
とり

とりの感想・評価

3.0
アメリカ讃歌!社会の慣習に疑問を呈してはいるけど、それ以上に「俺たちはお前たちを信じる」「君は一人じゃない。皆違って皆いいんだ!」というポジティブな思考が終盤に強調される。アメリカン・ドリームーーーーそれは嘘が真実になる瞬間。それがお涙頂戴になるときもあるだろうけど本作の場合は笑いを添えて。
「信じてたことがウソだと分かったの、だからウソが真実なのね」
大学に全部落ちたから自分達で作っちゃおう!という、こんなの無理だろっていうアイデアでの見きり発車でアメリカサイズのバカバカしさを体現する。SHIT! そして結果的にポスト『スーパーバッド』的なセス・ローゲンが体現する優秀な大学での人間としての尊厳を貶めるほど下らない伝統を告発する。どっちが本当にバカバカしいか?同時に意図せず教祖になる話。にしてもこれは無理ありすぎでしょ笑。凝り固まった価値観・悪しき伝統に従わなくていい、ぶち壊せってメッセージはよく分かるけど無理ある綺麗事マックス!!サントラにはグリーン・デイやらウィーザーやらこれまたアメリカ・ロック!って感じ。愛すべき下らなさとジャスティン・ロングのチャーミングさ!ドラマ『ゴッサム』でペンギンを演じている役者がこれまた精神病院にいそうなキャラで、アーカムも納得だな、と。
勝手に関連作『スクール・オブ・ロック』『キングス・オブ・サマー』『摩天楼は薔薇色に』
TOMATOMETER37%、AUDIENCE72%
Like its characters who aren't able to meet their potential, Accepted's inconsistent and ridiculous plot gets annoying, despite a few laughs.
やみこ

やみこの感想・評価

4.7
最高
お馬鹿な学生数人が大学に落ちて自分達で大学を作っちゃう話。

主人公バンブルビーのラストの演説がめちゃ熱がこもってて感動する。
皆違って皆良い。

おススメ
(チョイ役で売れる前のケランラッツ、トラヴィスヴァンウィンクルでてた〜)
タイトルのまま(笑)
大学に落ちた人たちが、自分たちで大学を作ろうとする話だけど、アメリカならこういうの実話でありそう。
最後のスピーチがかっこよかった。
楽しく観れる!
>|