スクール・オブ・ロックの作品情報・感想・評価

スクール・オブ・ロック2003年製作の映画)

THE SCHOOL OF ROCK

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.8

「スクール・オブ・ロック」に投稿された感想・評価

憎めないキャラで良かった!
音楽(ロック)はみんなを笑顔にする!
私も何か楽器をやってみようかなぁと思えた作品。
ジャックブラック演じるデューイフィンが面白すぎる(ハマり役)
ストーリーや結末はありがちだけど、テンポよくて楽しく見れた!
コメディの王道いってて最高の映画でした
マネージャーの賢い女の子クラスに1人はいる!笑
とんでも無いことをとんでもなく美化して描いてある作品だけど、とんでもなく楽しいので何回観ても飽きない。
znsk

znskの感想・評価

4.0
存在は知っていたけどずっと見てなかった映画。クズのミュージシャンである主人公が、お金に困って、友人の名を語って名門校で教職につく。子供たちは多彩な音楽的才能を持っていて…という、もう結末が読めてしょうがない作品なのですが、これが意外といい。子どもたちの演技がいいのか、自然と目頭が熱くなります。しかも、実際演奏していると聞いて余計に感動。アメリカって、才能と才能を見つける仕組みに溢れてるんだなぁ…
私のように一捻りある映画を愛する人も、子ども嫌いでなければ見てほしい。単純に楽しめます。
音楽は人と人をつなぐものだと改めて気づけた作品です!
絶対見るべきだとおすすめできる作品。
売れないバンドマンと小学生たちのロックな物語は見ていて楽しくて聞いて楽しくて最高だった。
まさにスクールオブロックだった。
ロックに対する熱い情熱を生徒たちが素直な心で受け取って行く姿、成長して行く姿に感動した。
最後の20分の畳み掛けがすごくてライブシーンなんて何度も見たくなる。

S先生の成長や、ロックに対する真剣さ、ダメなところはまだまだあるけど子供とともに先生も成長していく物語すごく良かった。

The man含め全員を黙らせて行くこの話自体がロックだなぁと感じた。
Rabbit

Rabbitの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

5回くらい観た大好きな映画です。好きな理由は以下です。

【ハッピーエンドコメディだから好き】
細かな点に目をつぶる必要はあるけれども、ハートフルハッピーエンドコメディ。基本的には平和で幸せな世界。アタマ空っぽにして、のほほんと観られる映画です。

【終盤の畳み掛けが好き】
保護者に立ち向かう校長先生、鬼彼女に立ち向かう親友、学校のルール立ち向かう子どもたち。Mr.Sとの触れあいを通じて”The Man”に対抗していく様が清々しかったです。

【最後のライブシーンが大好き】
・子どもたちの演奏、歌を観て啞然としながら歓びを隠せない親御さんの表情に感動しました。
・デューイの飛び込みシーンは何度見ても感動します。序盤のライブハウスのシーンと対照的に、何十人もの観客に受け止められたとき、なんとも無邪気で嬉しそうで、観てると元気が出ます。
・教室での練習のシーンにて、ソロの順番をギター少年と決めるとき、デューイがちょっと傲慢に「俺に先にやらせろ、お前は後だ」と言うシーンがありました。しかしこれは作詞作曲をしたギター少年への優しさで、ライブのここ一番の見せ場は、終盤の彼のソロパート。デューイの内面的成長を感じさせる印象的なエピソードだと思っています。傍若無人さゆえにライブを追い出されてしまったかつてのデューイなら、ギターソロの一番の見せ場を自ら譲るようなことはできなかったでしょう。

【その他】
なぜかご飯が美味しそう。ターキーサンドや学校の給食など。デューイはやや品の無い食べ方をするが、とても美味しそうに食事をする。

このレビューはネタバレを含みます

真面目な子供達がロックにハマっていく姿がキュート…♡

クラシックは良い、ロックはダメだ!ってお父さんに注意される男の子。ロックって小さい子を持つ親にとって好まれるものじゃないのかな?

最後の舞台は、生徒達だけで完成させて欲しかったなぁ…笑
音楽の素晴らしさや音楽の力がわかる映画。音楽って人と人をひとつにする素晴らしいものです。そしてジャックブラックはやっぱり面白い!
taytney

taytneyの感想・評価

3.5
普通に笑える映画やった😂子供たちキュートすぎ!ただ友達の彼女の立場もわかる気がしてなんだか辛かった……笑
>|