宿命の作品情報・感想・評価

「宿命」に投稿された感想・評価

Makoto

Makotoの感想・評価

2.0
変な映画
日本語の挿入歌、シーンに全く合ってないし…
アイドル映画
KAIMAR

KAIMARの感想・評価

3.5
クォン・サンウ、ソンスンホン主演の映画。

裏社会から足を洗う為に、ある計画を試すが裏切りにより失敗し、それぞれ別の人生を歩んでいく。
二年後 別々に歩んだかつての仲間達が・・・・・

裏切りに裏切り。
ラストも韓国映画らしく、ハッピーエンドではなく残酷で衝撃。

作品自体は面白いが観る前に、あらすじを見ないと、訳が分からない。
Lenely

Lenelyの感想・評価

1.4
題材は良いはずなんだけど中途半端に描かれすぎだし役者のMVにしか見えなかった…。
GLAYの曲合わなすぎ。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

カジノ強盗に失敗して捕まったヤクザが出所後に現金の一部を託した仲間を探しに行く話。
ああもう顔も名前も覚えられないからテレビ放送みたいに重要人物にテロップ出して欲しい。見終わった後に冒頭見直してやっと理解したわ。黒幕の彼、もうちょっとうまい絡ませ方できなかったんかな?漁夫の利じゃん。
暴力描写に誰も救われない結末なんかいかにも韓国映画らしいんだけど、ところどころ恋愛ドラマっぽい演出になるのが笑っちゃう。
みほ

みほの感想・評価

2.0
いまいちつかめなかったけど、クォン・サンウは私のハートを鷲掴み❤️
宿命

🇰🇷韓国


裏社会を荒らしてきた4人が、最後に足を洗う為にカジノ強奪計画するが仲間の裏切りで失敗。

服役後に仲間が幹部に昇進していた事で、裏切の復讐逆転を図る為、数年経ち宿命を果たす。

裏切や誤解が渦巻く中4人の運命は!犯罪クライムドラマ

◉64点。

★彡そんなに宿命ってな感じはしませんでした。
テンポが良くて見やすかったのですがいまち感情移入できなかったです。
かつては友情という名の絆で結ばれていたのに、いつの間にか裏切り、敵対し合う哀しい男たちの話。
スンホンのGパンの裾の幅に時代を感じる。
黒服に鉄パイプですか〜。
うーん。
結構なキャストなんだけどな。
キム・イングォンのクスリでいっちゃってる様子は迫力あり。

ところで何故、GLAYの曲なんでしょうか。。。
☆★★★

2008年10月6日 シネマート新宿/シアター1
みーた

みーたの感想・評価

2.8
妹思いのクォン・サンウに痺れました。
でも、なぜか木刀ばっかりでてきます。
裏社会の人間たちが破滅に向かって突き進む定番のコリアン・ノワールである。のっけから主役の男たち(ソン・スンホン、クォン・サンウ、キム・イングォン、アン・ネサン)がカジノで大乱闘を演じる。殴りこみのアイテムとして必ず金属バットが大活躍する韓国ヤクザ映画ならではのお約束の光景だ。ソン・スンホンが現金強奪の罪をひとりで被って投獄され、その間にクォン・サンウが組織のナンバー2にのし上がるくだりはまんま香港映画「男たちの挽歌」(1986)である。刑期を終えて出所したソン・スンホンを待っていたのはヤク中のキム・イングォン、金に狂ったアン・ネサン、そして裏切り者のクォン・サンウだった。ソン・スンホンとクォン・サンウの対立を軸として彼らを取り巻く人間たちの悲劇が描かれていく。特にキム・イングォンのクスリに溺れた救い様のないエピソードは強烈である。出所したソン・スンホンがクォン・サンウの手下たちに不意打ちされる繁華街のアクション・シーンなど、ソン・スンホンは除隊後の映画初出演としてかなり気合を入れて頑張っている感じである。あまりお目にかかった事のないワイルドな風貌と捨て身のアクション演技は評価したいと思う。意外だったのはクォン・サンウが根っからのワルではなく妹思いの優しい一面を見せたり、虚勢を張っているだけの小心者にしか見えなかったこと。クォン・サンウがどんな凶悪なキャラクターを演じるのかと期待した点では肩透かしを食らったのだが。期待すると言えばソン・スンホンとクォン・サンウの確執をもっと掘り下げて見せてくれるのかと思ったら唐突に訪れるあの結末には唖然とした。内容的には「宿命」と言うほどカッコ良くはなく、ゴミ扱いされた人間たちが道端にボロ雑巾のように捨てられてしまう哀れな「末路」といった印象である。因みに、僕が鑑賞したのは日本人アーティストの曲が一切OSTとして使用されていない韓国公開版である。

08/10/18
>|