チョウ・ユンファのマカオ極道ブルースの作品情報・感想・評価・動画配信

「チョウ・ユンファのマカオ極道ブルース」に投稿された感想・評価

ヴレア

ヴレアの感想・評価

2.7
「男たちの挽歌」っぽい内容で、極道達の抗争を描いている。しかし、極道もののドラマとしては盛り上がりに欠けており、ユンファ扮する組員が恋に落ちたことでカタギになろうとし、ラブストーリーがメインになって行く。その辺はウォン・カーウァイらしさを感じた。
銃撃戦も満載だが、発砲音がいかにも安っぽい音だったり、ジョン・ウーみたいな様式美は無く、ひたすらドタバタやってる印象だった。
それでも、ユンファが登場するとやはり格好良いし、画面が引き締まるので、そこは流石だなと思った。
【君こそぼくの命】

ヤクザ組織の幹部チェンは、足を洗い結婚した。しかしその頃、巨大な組織がチェンの兄貴分の組みを狙って動き出し、義理を果たす為にチェンは、愛する人を捨て駆けつけるが…。

チョウ・ユンファ主演の香港ノワール。『男たちの挽歌』以降、多くの香港ノワールの主演を張ってきたユンファだが、最も集中している80年代後半作品の中でも本作は良質な作品と言える。

日本のヤクザ同様、義理と人情というものが存在し、特に義兄弟間の切っても切れぬ絆というのは話の展開的にも熱い演出となる。ラストなんかは文句なし。
しかし、これがウォン・カーワァイ脚本というのだから、なにか少し違う角度で香港ノワールが描かれるものだと期待してしまっていたせいで、通常の香港ノワール映画だと思ってしまったのは残念。

アクション描写や思っていた以上の激しい銃撃戦など見所満載であったが、なにより自分の中のウォン・カーワァイに対する期待値が高い為、評価は平均並に落ち着いた。
LEE

LEEの感想・評価

4.2
周潤發大忙しの時期の一本
脚本がウォンカーウァイだけあって非常にドラマが面白い作品だった


男たちの挽歌が大ヒットしたことによる香港ノワールブームに乗っかった作品のひとつかもしれないけども、その乱造された作品群の中でもかなり好きなストーリーだった
兄弟の絆を選んだアランタンと恋人を選んだ周潤發は途中別々の道を選ぶが、結局周潤發は兄弟を選びまた二人が同じ舞台に立つという展開はやはり熱くなる
その周潤發やアランタンが恋人と仲良くなるシーンをじっくりと前半描くことによって、より兄弟を選ぶことの重要さが見ている側に伝わってきた
キャラクターでいうとアランタンと周潤發は最高だったんだけど、オンザラン非情の罠でもお馴染みクールビューティーなパットハがとても美しくてよかった
個人的にもっと警察の描写多くしてほしかったなとは感じた


アクションは挽歌1でもアクション監督だったトンワイらってこともありちょっとワチャワチャしている感じはあるが中々気合いが入っていて面白い
周潤發が出てきた途端アクションが引き締まるのはさすがと言ったところ
ラストは挽歌みたいな感じで終わるのかと思いきやまさかの展開で個人的にはとてもいい終わり方だと思った


傑作香港ノワール!
オススメです
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.5
昨日再鑑賞した「男たちの挽歌」のせいで、今日は一日中主題歌が頭の中で流れてました。そんなわけで今日もチョウ・ユンファ。
兄貴分はかっこつけてるだけな感じがしてしまってちょっと退屈でしたが、チョウ・ユンファが出てる場面はどこも楽しい。
それぞれのラブストーリーを経由しつつも、やっぱり1番メインなのは兄弟愛かな。なかなか壮絶なラスト。あの決断はかっこいいなぁ…と思いました。
HongKongNoir!
鄧光榮&周潤發は偉大です。

二人が使っている銃は、きっとリロード不要の
エボニー&アイボリーかルーチェ&オンブラと思われます。
katojjj

katojjjの感想・評価

3.1
多分、本作はアラン・タンの単独主演作だったと思う。しかし撮影中に「男たちの挽歌」が公開されユンファ人気爆上げで、急遽ユンファの登場シーンを増やした。と妄想する。
そうでなければ説明できないような不自然さがあるからね。
80年代後半に濫造された香港ギャング映画のひとつで、その分野の作品としては目新しいものは何もないが、ラストの決着のつけかたはチョイと凄い。
脚本はあのウォン・カーウァイ。だけどもちろんウォン・カーウァイ的なモノを求めてはいけない。
jj

jjの感想・評価

3.0
超絶ダサい…
ウォン・カーウァイ脚本で期待したけど古臭さ気になって仕方ない。
成り上がり黒社会もの。前半はゴッドファーザー詰め合わせ物語。愛する女性のために堅気になりたい弟分ユンファと、愛する弟分のためなら女性と別れる覚悟の兄貴アラン。最後の銃撃戦は熱い!結局これがやりたかっただけなんでしょ~な見つめ合い壮絶ブロマンス!! 対立するボスは少林サッカーのいけすかないグラサンおやじだ~
yuki

yukiの感想・評価

3.1
小さい頃泥棒をたしなめ食べ物を恵んでくれた女の子に想いを寄せて、再会後に猛アタック。そんな彼女の気も知らず結局ヤクザになってしまっていた主人公が、義兄弟と共に宿敵との縄張り争いにあけくれる。兄弟の絆や愛と犠牲などの古臭い化石のようなテーマは置いといて、アクションは結構いい。
C

Cの感想・評価

3.8
始まりから想像以上にダサくてびっくりしたけど、観てたら面白くなってきた。80年代のアーバン、ディスコな音楽は良いなあ
mtmg

mtmgの感想・評価

3.3
全体的に古臭くてダサいけどこれが香港ノワールなのか。セリフとかはウォン・カーウァイぽいけどやっぱりダサい。
>|

あなたにおすすめの記事