少林サッカーの作品情報・感想・評価

「少林サッカー」に投稿された感想・評価

kazya1129

kazya1129の感想・評価

3.2
20180923観賞。
久しぶりに観ました。昔何回も観たなぁ。
少林拳法とサッカーの融合ではありますが、サッカーのルールでというよりもはやサッカー場でトンデモ少林拳法大会をやっているような映画。なのでサッカーの成分を期待しては駄目。そんな人は観ないかも知れませんが。
ルールなんて考えずただただCGとアクションとダメな出演者たちのやり取りを笑ってたのしむ映画です。
鑑賞済。高校一年生。単純にこれ見てサッカー部のスタメンになる為に勉強しようと決めていた。
子どもの頃何度観たことか…!
それぞれ少林寺拳法の特技を持ち合わせた負け組男たちが、
時を経て再び集結!
最初は、ボロクソ弱小チームだったのに、徐々に調子を取り戻してインチキチームに歯向かっていく姿がいい!
チャウシンチーと気功使える彼女?の無敵感がたまらん!
子どもながら、この結末にとてもスッキリした記憶!!
しゅ

しゅの感想・評価

4.1
幼い頃アホみたいに観倒した映画で個人的に思い入れ強い。

雑だが兎に角面白い。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.3
改めて感じるのは、だいぶ仰々しくそれでいて割に粗い点。こないだ西遊記を見たばかりだからかも知れないけれど、洗練さとは程遠い作品。だけれど、それがこの作品の起爆剤であり、魅力なのだと強く感じます。そういう、言わば欠点が全て少年ジャンプ的なのがまた面白いよね。劇場で観た時の感動とはまた違うけれど、やっぱりすごく楽しめました。パンツからの覚醒は鳥肌。
もー

もーの感想・評価

3.0
少林寺拳法でサッカーする話。

若干キャプテン翼が頭をよぎった。
なかなかぶっ飛んだサッカー。
こんなん本当にあったらエライコッチャ。
君はまだ、究極のサッカーを知らない

期待度★★★★★

BGMも良し頭空っぽにして見る映画
不良が屁をこくシーンに笑った。これとターミネーター2は小学生の頃に見まくったから思い出補正ががが

壁当て時の水の波紋はジュラシックパークオマージュ

太極拳で饅頭作りの歌は吹き替えに限る
You

Youの感想・評価

4.0
子供から大人まで笑える映画
サッカー少年なら一度はあのフェイントしたことあるでしょ?(笑)
田

田の感想・評価

2.6
まさかのハイスクールミュージカル的世界観でバカハイテンションで楽しかった
★ 「喰らえ!渾身のタイガーショット!」
  バシィィィィィッ!
  「な、なにィ!?と、止めただとっ?」
  
いやぁ。最高ですね。
「時間を忘れて鑑賞する」というのは映画における最高の誉め言葉。気付けばエンディングでしたよ(二度目の鑑賞なのに内容を忘れていたトリ頭にも乾杯)。

もうね。徹底的に能天気で破天荒。
いきなり歌ったり踊ったり空飛んだり。
サッカーのルールなんて飾りなのです。
この潔さが最高に気持ち良いのです。

これはね。本来は日本で作るべき作品。
何しろ『キャプテン翼』とか『イナズマイレブン』とか。必殺技が飛び交うサッカーマンガは、日本がオリジナル。想像力の翼を広げ、冒険する勇気があれば出来るはずなのです。

だからね。本作の“迷わない”姿勢。
これを見倣ってほしいところですよ。特にヒロインを務めたヴィッキー・チャオの女優魂は見事な限り。下手に恥ずかしがるから貧相に見えるわけで。突き抜ければ爽快なのです。

それにね。特殊効果のクオリティも。
予算の多寡を観客に感じさせないのが素晴らしく。やはり、この部分で「勿体ないなあ」なんて思わせたら醒めますからね。とことんまで大仰に仕上げているのが最高なのです。

そしてね。映画で最も重要な脚本も。
昭和の香りが漂うほどに王道、そして純情。正直なところ、こんなベタな展開に涙腺が刺激されるなんて驚きでした。若干、中国らしい価値観か引っ掛かりますが…そんな細かいツッコミは忘れたほうが吉。

まあ、そんなわけで。
最初から最後まで娯楽に徹した下剋上の物語。
センターサークルからゴールを決めてしまう…そんな展開に抵抗がなければオススメです。脳味噌を耳から垂れ流し、言葉どおりにアタマを空っぽにして臨むべし。べしべし。

逆に言えば。
鑑賞中に考えすぎるとノイズが発生する可能性も。確かに歳を取ると勢いで突っ走るのが難しいですからね。本作はそれを判断する最適な作品かもしれません。願わくば少年の心を。
>|