チャンピオン鷹の作品情報・感想・評価・動画配信

「チャンピオン鷹」に投稿された感想・評価

mskari

mskariの感想・評価

3.3
「ラストが衝撃的な映画○選」みたいな記事ではこれもぜひ入れていただきたい作品。

このレビューはネタバレを含みます

ユン様お誕生日なので久々の鑑賞。袁振洋監督初作品。制作会社はお兄ちゃんとこの和平電影製片公司。
サッカー+カンフー映画。殴る蹴る八百長と汚い面がありますが、私はサッカー興味ないので…。

冒頭、お坊ちゃま王將がえらいことに。二の腕すごい痛そうだけど、下にあった大きな線香の上にでも落ちてしまったんだろうか。
狄威のポスター欲しいわ。
スリからの乱闘で、監督がちょいちょい見えるのは目の錯覚だろうか。
脚不自由叔父さんの高雄と、半裸サッカー敵チームの高雄、W高雄が味わえるオタクが喜ぶ一品。出演シーン違うのが残念ですけども、魚頭雲可愛い。
狄威キングかっこいい~。そして人への蹴りがいい。配役バッチリ。
水着で餌付けされてる狄威はいいものだ。
サッカー賭博で代理購入してるのが監督でございます。酔拳の時と比べると丸いなぁ。
八百長失敗直後の狄威もとても良い。踏まれたいファン続出。味方チームに張華と黎強權の成家班組が。
腕相撲させるためだけにムキムキな李春華呼んだのかなw
木から奇襲攻撃してくるのが監督に見える。
でかい葉巻どこに売ってるんでしょうねw
狄威が怒ってると思ったらタンゴ踊り出すタイミング(笑) よく上がる脚に破れるズボンいいぞ。
高雄叔父さん、やめちまえって暴れてたのに八百長と聞いて手のひら返し。八百長絶対に許さないマン。 この過去の八百長ふっかけも監督。
まさかのオウンゴールかつマジで両脚切断。ここらが香港映画。乞食になってる狄威を養いたい※幻覚です


振洋もサッカー好きなのかな。脚本兼だけど。若いユンピョウ可愛い~という感じの映画。
ベルトの蛇になりたい。

若ユンの可愛さ +0.2
ディックさんかっこいい +0.2
ちょいちょい出る監督 +0.2
乞食ディックさんを飼いたい +0.2
SugarOnMe

SugarOnMeの感想・評価

2.0
東映で日本映画(何かは忘れた)と二本立てで公開以来。まさか見れるとは思っていなかった。

しかし、酷いなぁこれは(笑)

時代設定がハッキリ出来なかったが、公開された1983年当時の香港のサッカーはこんな汚職まみれなのかと疑ってしまう酷さ。
サッカーチームはマフィアの物なのか?八百長は当たり前?スター選手がタバコを吸い、悪質なスライディングどころでは無く試合中に殴るわ蹴るわ。しかも役目がキング!こんな選手は追放だろ🤣

しかも主役のユン・ピョウも負けじと、キングの目の前で、女をはべらかせタバコを吸うのはいかがなものか?テクニックはあるのにルールを知らないバカっぷり。ユン・ピョウのファンは彼の華麗なテクニックだけしか味わえない。それでも仲間のソンとコンビネーションプレイ楽しめるが、他のチームメイトが下手くそ過ぎだし、殆ど出てこない。キャプテン翼みたいだ。いやそれ以下(笑)あくまでもサッカー映画なので、カンフーも無し。

ユン・ピョウのおじさんが田舎から出て来て、豪華なユン・ピョウの家を見て八百長だらけのサッカーは辞めてしまえとか言っておいて、試合に出るのを辞めると言ったユン・ピョウにソンが怒り、キングを追放しようと言ったら、試合に出ろってどうなっているんだよ、おじさん🤣

サッカーの悪いイメージを植え付けた、非常に残念な作品。
Lenely

Lenelyの感想・評価

4.2
DVDにて鑑賞

いや最高傑作だね。
初々しさと可愛らしさ満点のユン・ピョウとチャン・コッキョンとの愛くるしくて最高のコンビネーションとディック・ウェイの憎たらしい悪役っぷり。
80年代の香港カンフーアクションとサッカーを融合させた痛快コメディで、ストーリーに関しては単純明快ながらもアクションやスポ根要素など取り入れており見せ方が上手く飽きないのが良い。
今となっては知らない人はほとんどいないであろう『少林サッカー』の先駆けともいえる本作はユンピョウ主演作品の中でも傑作の一つだ。
カンフー映画にスポーツを組み込んだ斬新な設定。そこに初々しいユン・ピョウを主演に据え、爽やかな80年代スポーツモノのノリを加えた良いエンタメ映画。
イロモノかと思いきや、シナリオも綺麗にまとまっており知己にも富んでいて見るものを飽きさせない秀作である。
ユン・ピョウのアクロバティックなアクションのおかげで超人的なボールさばきに妙な納得感が出ている笑
少林サッカーも好きだけど、元祖のこちらのほうがちゃんとサッカーしとる。

面白かった!
テロリ

テロリの感想・評価

3.5
『ツーフィンガー鷹』では気弱なクリーニング屋だったユンピョウ。今作ではサッカーカンフーで大活躍!ストーリーはいつも通りガバガバで突っ込みどころもハンパないが、王道スポ根的な要素もあるので飽きることはない。というか主演・ユンピョウってだけでもう満足なので後はなんでもいいです。

キング役の人は『プロジェクトA』でラスボスだった俳優さん。今回も強敵だった。

ちなみにこの映画、まさに『少林サッカー』の原型って感じだけど、ヴィッキー・チャオのようなヒロインは不在でそこが残念!
FRANCIS

FRANCISの感想・評価

3.9
サッカーに功夫の技組み合わせ、アクロバティックで華麗なプレイ。

脚とプライド懸けた試合は、審判の目を掻い潜り、手も出し、口出し、脚で突き。

八百長・賭博に人体炎上、過激なユーモア、少々ブラック。ユン・ピョウ主演の『少林サッカー』オリジナル。ジャッキーとサモ・ハンの2代スターの影に隠れがちなユン・ピョウにはユン・ピョウの良さが伝わってくる。
まつ

まつの感想・評価

3.3
中学生の頃、サッカー部でめっちゃ影響された映画⚽️🏃🏼‍♂️
ジャッキーチェンの映画で良く出て来るユン・ピョウ。
カンフーサッカー、なかなかハマった映画です。笑
なんて言うか、ユンピョウの身体能力と同時に人柄の良さが満載の映画だった。
ユンピョウ好きだな〜
少林サッカーに先駆けること20年、カンフーを生かしたサッカー?サッカーにかこつけたカンフー?という異色作。
おじさんを気遣う優しいユン・ピョウ、雑用係に回されてもがんばる健気なユン・ピョウ、何よりユニフォームもよく似合うさわやかなユン・ピョウが見られ、アイドル映画っぽさもある。かろやかな足さばきはやっぱり見ていてスカッとするし、おじさんとの絆やソンとの友情もホロリとさせる!「もしや…?」という伏線もきちんと回収されるし、結構しっかりしたつくり(主観ですよ)。
とはいえ定石というか俗に言うフラグをあっさりスルーしちゃったり(夜道で2人別れたらどっちか襲われると思うじゃん!)、エンディングがなんとも言えないヤバさだったりと期待を裏切らなかった!!邦題も意味不明だし、このDVDジャケットみたいな立派なスタジアムなんて影も形も出てこないwだがそれがいい!
悪役・キングはプロジェクトAのラスボスとのことで、イメージがずいぶん違ってビックリ。ムーン・リーは霊幻道士より素朴なキャラクターだけどもちろんかわいい。出番すくないけど…。少林サッカーも見たくなってきた、ループの予感。