片腕ドラゴンの作品情報・感想・評価・動画配信

「片腕ドラゴン」に投稿された感想・評価

YOU

YOUの感想・評価

3.5
ジミー・ウォングが主演・監督・脚本・製作を務めた1971年公開のカンフー映画。
香港映画の黄金時代を築いたショー・ブラザーズ出身のスター俳優ジミー・ウォングがゴールデン・ハーベスト社に移籍し主演した本作は、主人公のティエン・ロンが飲食店で鉄鉤門の門下生との乱闘騒ぎを起こした事から、道場間の全面戦争が展開されるという、何度観たか分からない程いかにもカンフー映画らしいストーリー。『ドラゴン怒りの鉄拳』的でもなく、本作はもうこれが全て!しかしこれこそが最大の見所!死闘の末に右腕を失った主人公が各国から招かれた格闘家たちに単身立ち向かうクライマックスはクセになる面白さがあります。ムエタイ兄弟のヘナヘナな動き、インドヨガの達人ミスターモナシンとの逆立ち対決などユニークでチープな異種格闘技戦ですが、ラスボスの琉球空手師範二谷先生との一騎討ちになっても依然迫力が増すことのない地味な格闘。しかしこの決闘のオチから恒例のキレッキレ幕引きまでの一連の流れは流石です。

タランティーノもファンと公言する程国内外から未だカルト的な人気を誇る本作は、他のカンフー映画とは一線を画す快作でした。続編やショー・ブラザーズ時代の関連作品も観てみたい!


































































“柔道の高橋名人”
「高橋」の後に「名人」は付けるな。
なかなかの珍作であった。妙にハマって一人で大爆笑してしまった。アクションのレベルは正直低くて、5分くらいで見るのやめようと思ったんだけど最後まで見てよかった。決して良い作品ではないけど、愛さずにいられない魅力がある。
町の道場でいざこざがあり、敗北した側の道場が逆恨みで外国から達人を呼び寄せて復讐を企む。沖縄空手の達人とその弟子2名、柔道の名人、テコンドーの達人、タイのキックボクサー兄弟、インドヨガの達人、チベットのラマ僧2名。主人公は沖縄空手の達人のチョップによって腕を吹き飛ばされるんだけど、ある父娘の助けを借りて残った片腕を鋼鉄の硬さに高める修行して外国の達人たちにリベンジする。
この映画の魅力はやっぱり胡散臭い外国の達人たち。全員ものすごい個性的でおもしろい顔面してる。戦うときは全員すごい雄叫びあげるのも笑えた(amazon primeの吹き替え版を見た)。インド人(たぶん黒塗りの中国人)が逆立ちで高速移動するのと、タイ人が戦う前に行う儀式とそのシーンで流れるピロロローってBGMがツボでした。
真夜中に友人たちとお菓子喰らいながら見たいな。
TR係

TR係の感想・評価

4.0
ぶっ飛んだカルト映画。間違いなくB級に分類される映画だけど、その中でもトップクラスの面白さ!!癖しかない敵キャラも本当に最高でした!沖縄空手の先生のインパクトがヤバいです。
凡凡坊

凡凡坊の感想・評価

3.6
面白いしカッコいい。次作よりはまともだったけど、それでもパワー溢れる映画。インド人が逆立ちしてグルグル回って眼突きしてくるのも意味わからんし、ラマ僧が呼吸法でパンパンに膨れるのもよく分からない。沖縄空手のラスボスは豪鬼のモデル?
香港映画の流れを再確認シリーズ第三弾。

ブルース・リー香港映画デビューと同年(filmaは1972としてるけど正しくは1971)とはいえアジア知名度はまだまたジミー・ウォングにある時代。

ゴールデンハーベスト独特のエフェクト音がある事で、格闘シーンの見栄えが格段に良くなってる(前作はSB作品なのでそこが物足りなかった)

見世物的楽しさ(残酷描写含め)を追求する大仁田厚的なジミー作品の真骨頂が二作目にして花開いた感じでした。
(ブルース・リーは前田日明か佐山聡ということか)
キン肉マン世代にはこういうキッチュな世界観スンナリ受け入れられますね。
いやあ、楽しい。
片腕を失い鉄の拳を手に入れる姿はライダーマン。急所突きはケンシロウと重なります。
日本のサブカルチャーは多大な影響を受けてるんだなあと再確認。

ジミー・ウォング(大仁田)とブルース・リー(前田)が同時期に同じ会社にいて、違うベクトルの映画を作っていたなんて、なんかワクワクします。

この二人を足したような作風がジャッキー作品なのかな、と遡ってみて考える。
かっこいいんだけどコミカルで笑えた!
特に敵陣のボスのハンが招集した格闘家がみんな個性的だった😂

闘い前のタイのボクサーの儀式、
顔を黒塗りしているインドヨガの達人、
沖縄空手の達人の二谷太郎の顔、、

ギャグ映画を見ているようだった(笑)

片腕になり一時は窮地に追い込まれたロンの快進撃が痛快だった!!
Haru

Haruの感想・評価

3.8
最高でした
少年心をくすぐられる要素が多くて
面白かった
いろいろ雑なところもあるけど
昔のカンフー映画って感じがして
むしろ良かった
異種格闘技と毒手の元祖なのかな。

敵が用意した10人の用心棒はそれぞれキャラが立っている。しかしテコンドーの達人だけ全然キック使わんし、なんも特徴ない。
あとインドヨガの達人も何か勘違いしてるみたいで逆立ちして戦う。
1970年代だからね。情報が色々足りんかもしれんけどロマンあり!

AmazonPrimeで吹き替え版は無料です。
続編『片腕カンフー対空とぶギロチン』にも通じる、挨拶代わりに人を殺す世界の超人格闘家たちとの対決も、びっくり人間大集合的な趣があってよかった。

棒3本を鎖で繋いだ武器(三節棍)の真ん中を持ってブンブン振り回すのもカッコよかった。

手刀で右腕を切断されたもののなんとか生き延びたジミーさん、残された左腕を最強にするべく、焚き火のなかに腕を突っ込んで神経をすべて殺す。

こんなハードなことをする前に、師匠も危険だよって伝えるが、ジミーさんは8秒くらいで「やります」宣言。
「右腕がダメなら左腕を鍛えりゃいいじゃん」という前向き精神が溢れていた。

しかしジミーさん、確か他の作品でも熱いところに手を突っ込んでたと思うし、デ・ニーロの『タクシードライバー』でも拳をコンロの火にあてるシーンがあったが、あれは何を鍛えているんだろうか?
痛みに耐える訓練?
fkr

fkrの感想・評価

3.5
@CS/BS 面白い。もう勢いに気圧される。溢れるエネルギーで撮っていってる。アクションの蹴りの動きとかもジャッキー映画のそれとはまた違う動かし方。
>|