ドランク・モンキー/酔拳の作品情報・感想・評価・動画配信

ドランク・モンキー/酔拳1978年製作の映画)

酔拳/Drunken Master

上映日:1979年07月21日

製作国:

上映時間:103分

3.7

「ドランク・モンキー/酔拳」に投稿された感想・評価

久しぶりに観た。

ジャッキーはダサいのが似合う。
ダサ強いと言うか
ジャンプ漫画の主人公的な。

個人的に終わりがサッパリしてるのが良き。
mortimer

mortimerの感想・評価

3.5
ジャッキーの代表作といっても過言ではない今作!
昔見た事あったんだけど小さい頃すぎてほぼ初鑑賞みたいな感じでした!

アクションはキレッキレで今の時代でも全然色あせてないです(*´˘`*)

なによりジャッキーめちゃくちゃ若いし
身体も仕上がってるのでカッコいい🥰

酔拳2も見なきゃ♪
hayashige

hayashigeの感想・評価

3.5
いやぁー35年ぶり⁉️くらいに観ました😊なんか自分の記憶とは違っていた💦
字幕版でみたんですが広東語欠損部分が英語に吹き替えられていてなんか不自然だった。。。
バリ

バリの感想・評価

3.7
やっぱりジャッキー映画は面白い。若い時は体引き締まっててかっこいいな。アクションが凄いのよ。

カンフー映画特有の殺伐とした設定なのに表情豊かでコミカルな動きをする登場人物達が好き。

酔拳はこの後のいろいろな作品の元ネタになっているので楽しめた。
若いジャッキー身体ガチガチに引き締まってて良い!
久しぶりに見てもやっぱり酔拳カッコイイなぁ…こりゃ真似したくなる…ストーリーもシンプルで〇
再鑑賞。ユエン・ウーピン監督作品。ジャッキー・チェン主演映画。

ジャッキー・チェンの日本初お目見え作。クンフー道場のドラ息子ジャッキーは、練習は真面目にしない、町に出れば悪戯ばかりという放蕩ぶり。見兼ねた父親は心を入れ替えさせるために、クンフーの達人である叔父さんを呼び寄せ、伝説のクンフー“酔八拳”を伝授して行く。酔えば酔うほど強くなる“酔八拳”のユニークな動きと、まるで舞踊のような立ち回りは、ブルース・リー以来の衝撃であった。15年ぶりに念願の続編「酔拳2」が作られた。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

4.4
清朝時代に実在した拳法家の若き日の活躍(話はフィクション)を描いた功夫映画。
不良青年が色々な人達にボコられて修行して成長する王道的な展開です。酔いどれで一癖ある師匠、蹴り技主体で冷血な殺し屋鉄心、糞にまみれる棒使い、イカサマ石頭、クールでクソ強い叔母さん、意地の悪い師範代など後世の創作物に影響を与えたであろう個性的な登場人物が多数現れます。そして主人公であるジャッキーの茶目っ気と人外に到達しそうな動きが素晴らしいです。
シンプルで分かりやすく楽しめる傑作。
LINLIN

LINLINの感想・評価

4.5
ジャッキーチェン、内村光良にそっくり過ぎる。格好いいし可愛い。尊い…🙏
修行のシーンはBGM的にほのぼのしてていいなぁ
鉄頭野郎戦で師匠とジャッキーの息ピッタリなアクションは激アツだった。
ムキムキ見るの大好きだから目が幸せだった。ジャッキーの長めの黒髪に白シャツといった見た目が爽やかで好き。
ぽいど

ぽいどの感想・評価

4.5
中華料理屋で流れてる音楽の映画

登場キャラのクセが強すぎ
本作が色んな創作物に与えた影響力は計り知れない
僕は如意棒みたいなんで戦う先生が好きです🙆‍♂️
マリー

マリーの感想・評価

3.5
昔から大好きな映画。
小さい頃からヘビロテで見てた。
この頃のジャッキー可愛すぎるんだよね笑
>|