カンフーリーグの作品情報・感想・評価・動画配信

「カンフーリーグ」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.8
レジェンドリスペクトな人は少しアレかもしれないけど、変に堅物だったりチャラかったりでかなり遊んでます!少し間抜けなレジェンドアンサンブルのアクションコメディ!
エディ

エディの感想・評価

1.6
内容はしょうもないが、この手の映画の日本語吹き替えは秀逸だな

しかしなんてワクワクするパッケージ作りやがるんだ、これ無視できる功夫映画ファンはいねぇだろ、ウェッヘッヘッヘ
aaaaa

aaaaaの感想・評価

1.7
ウォン・フェイホン、イップ・マン、チャン・ジェン、フォ・ユエンジェア。かつて香港映画のカンフー映画で、英雄と称えられたヒーロー達が、もし現代に蘇ったら...?という作品。

いやーはっきり言って、相当微妙な作品だった。と言うのもカンフーはほとんどCGで誤魔化していて、往年の迫力が完全に消されてるし、謎のラブコメ展開がどうにもこうにも茶番になっていて、映画自体に面白さを感じなかった。

キャストこそ、チウ・マンチェクやアンディ・オン、デニス・トーやチャン・クォックワンなど、本家本元の作品に出演している俳優達が参加しているものの、コメディが主軸で、本来の持ち味を全く活かしてないのが残念だった。しかも、版権の問題なのか、微妙に登場人物の名前を変えてあったりするのもすごい残念。
申し訳程度に「グランドマスター」のパロディがあったのが唯一の救いかな。香港ですごい酷評受けてたのも納得な一作。

今作の監督は、香港の鬼才ジェフ・ラウなんだけど、「黒薔薇VS黒薔薇」やチャウ・シンチーの「チャイニーズオデッセイ」で見せた、キレキレの演出はすっかり影を潜めてしまい、なんか色々残念な印象しか残らない作品でした。
主人公のノロケ話はさておき、四人のカンフーマスターたちの豪華共演が、まさかここまで突き抜けているとは思わなかった。
何やら挙動のおかしなイップ・マン。何故、ブルース・リーではなくチェン・ジェンなのか。レジェンド四人の絡みも面白い!
実質、黄飛鴻が主役と言ってもいい。
ワンチャイのテーマ曲が4回くらい流れた。
本家のイメージを壊しかねない、豪華キャスト陣の振り切り具合は笑わずにいられない。いやー、素晴らしい。
ブルースリー?じゃないのか?と最初よくわからなかった。名前も違うしブルースリーの師匠はイップマンだろと思ったらドラゴン怒りの鉄拳のキャラの方だったのね。
わかりにくいよ。

ワンスアポンアタイムインチャイナ、ドラゴン怒りの鉄拳、イップマン,スピリットを見てないとこの四人が揃う凄さがわからないんだけど、逆に見てると扱いの酷さにイラッとするかも。
ランボー、メイトリックス、マクレーン、ライバックを集めて全員咬ませ犬にするようなもんだからねこれ。

アクションはそれなりに見応えあった。
  コラーッ!
  
  大好きな!ブルース・リャン先生の!
   
 ズラが酷過ぎるぞーーっ笑笑(´∀`)🍺
週末

週末の感想・評価

3.5
一回でいいけど人にすすめてみたい系

はちゃめちゃなのになんとなく話がなりたっててすごい
せっかくの豪華な面々が…
もったいない。
カンフーコメディ。
久しぶりにガッツリのカンフー映画の新作が観たいなーーーーーー

イップ・マンの完結まで待つしかないか…
tofu

tofuの感想・評価

3.0
4人の伝説の武術人がタイムスリップで現代へ!ある青年の不遇と悲恋を好転させるため一肌脱ぐ!

コメディ色が強めのアクション&ラブストーリー(?)だった。

タイトルにもある「カンフーリーグ」、格闘大会もあるが終盤に申し訳程度に(笑)。この「カンフーリーグ」というタイトルは主人公の青年が描いた漫画なのね、失敬。

ともあれキャストは豪華。それだけで画面映えは申し分なし!主人公とヒロインのイケメン&美女度も激高である😊

伏線回収も分かり易く丁寧で、特に主人公とヒロインの出会いや馴れ初めの紐解きはホッコリできた、えぇ…羨ましいですよ…内心ニヤニヤ…(笑)

肝心のアクションに関しては時代の流れか、ワイヤーとCGの融合ばかりで綿密に練られた殺陣は少なめか。

オススメ出来るほどのモノではないが、中国武術や俳優目的で鑑賞はしてもいいかな?
やっぱ李小龍(ちゃうけど)はクォックワンさんがやってくれないとな〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キャストがガチなのに物凄いガバアホ映画だった。たまに2020年やぞ大丈夫かっとはなったけど潔すぎてまぁいっか…てなったよ。
>|