劇場版甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道の作品情報・感想・評価・動画配信

「劇場版甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道」に投稿された感想・評価

特別悪い所も無ければ特別良い所もないて感じの作品。
個性が薄いかな。ライバル役の子の棒演技がちょい気になる。
そーた

そーたの感想・評価

3.6
福田沙紀さんの主題歌と声の出演目当てで。結構楽しめた気がする。
素人

素人の感想・評価

2.5
【概要】甲虫王者ムシキングのアニメ映画。「ムシキングという筐体ゲームで遊ぶ少年」の映画です。ムシキング界最高の称号・グレイテストチャンピオンの座を目指す少年たちが、白熱のバトルを繰り広げます。

【感想】技名、ネブ博士やブラック博士といったキャラクターがあまりにも懐かしい。作中、ムシキングが多用していた「ドラゴンアタック」は私が最初に引いたカードなので勝手にファンサービスされた気になってしまいました。動きの多い技なのでアニメーションもカッコいいです。この世界のムシキングのゲーム性はじゃんけんではなくてアニメのポケモンバトルに近いですね。
ヴィランにネプチューンオオカブトを配役しているのもハイセンス。性能ではヘラクレスオオカブトの型落ちだと記憶していますが、黒光りした体躯と、ヘラクレスより長くて上下がクロスした角はさながら暗黒騎士のような威圧を放っていました。
川本凌

川本凌の感想・評価

3.0
懐かしいっすね〜
小学生の頃狂ったようにやってました。
ヘラクレスとかギラファとかより、つよさ120のムシで究極必殺技出すのが好きでした。

闇堕ちで強くなるのはロマンあっていいですよね。
ざべす

ざべすの感想・評価

2.5
子どもがカブトムシにハマってるので、たくさん格安中古カブトムシDVDを買った中にあった。

ポケモン的なムシと仲間のお話かと思ってたら、
「ムシキング」のゲームに熱中する世界のとある少年たちのストーリーだったので予想外でビビる。完全道具じゃないですか。まさかの“遊戯王”タイプ。なんだかシュールだ

ストーリーが真面目にやってるのに突っ込みどころ満載で面白かったw
(オリジナルのムシキングカードを作ってきたので、失格になりそうになるとか)

ところで
こういうキチってる作品が大丈夫なら、私の大大大大好きなキチガイアニメ番組の『カブトボーグ』いけるんじゃないかと思って、
プレミア化しているDVD(発売1万円が現在じゃ12万円とか)の一部をどうにか安価めで3本だけゲットできたので、
息子に布教(洗脳)しようとかけてみたら、けっこう怒られた…(※ 中身は一応おもちゃ会社タカラトミーが制作した健全な子どもアニメです。狂ってるだけで)

なぜだ…
カブトボーグもカブトムシ(型のミニ四駆相撲)だし
このムシキングはリピートしまくるのに、なぜカブトボーグは駄目なんだ……
テレビアニメの話とは無関係のゲームをベースにしたムシキング劇場版1作目。

当時はゲームコーナーに小学生の長蛇の列があったけど、映画化までしてたんですね。
でも限定でカード配れば直接的に興行につながるから納得。


世界的な大会なのにムシバトラーが小学生ばかりなのとか、悪役がものすっっっごい小物くさいとか、こんな典型的で捻りのないプロットでよく企画通ったな?とか思う所はたくさんあるが、単独上映作品でもないしそんなものだろう…。
pippo

pippoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


220515 Netflix 1,5倍速 65
思っていたよりも面白かった。一瞬。
2年前に見ていたらしいのに、中盤以降ほとんど記憶になかった。
中身の無さが丁度いい。

声優さんの少年アニメ主役すぎるのと、お父さんの顔の描写がとてつもないコナン感。
ブラック博士ってムシキング制作側だったんだ。だから博士?



59
久しぶりにムシキングにハマってしまい、メルカリでカセットまで購入。Netflixで映画が見れるとは。最初から最後まで完全にコナン映画。作画・声優・ストーリー。完璧にコナン映画。主人公の声優がメジャーの吾郎が故に、もういろんな作品が頭によぎってしっかりと内容が入ってこない笑

ポケモンといいムシキングといいアニメになるとターン制がなくなるのはなんでなんだろう。


ブラック博士の立ち位置が個人的に曖昧だったけど、ムシキングの開発者だったんだ。知らなかった。
公開してた時に見たはずだけど、一ミリも中身を覚えてなかった。さすが7歳。
いや、ハハハで済ませちゃダメだよ!
子供向けの優しさってそういうことじゃないと思うよ!
かなり昔に幼馴染と見に行った記憶が
なんでネプチューンごときにそこまで肩入れするのかよく分からなかったが、たぶん気性の違いだろう

あなたにおすすめの記事

似ている作品