劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONSの作品情報・感想・評価

劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS2015年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

「劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」に投稿された感想・評価

海馬無双!最高すぎる・・・・!
遊戯王すごい
アニメがかっこいい
レイアウト決まりまくってるし動きもすげえ外連味あってかっこいい
海馬のカットは特にな・・・!
だんだん海馬待ちになってくる映画でした
テレビシリーズも見たいです
じん

じんの感想・評価

3.0
ストーリーとデュエルシステムはツッコミどころが多すぎて何が何だか分かりませんでした。勢いだけで押し切ってる感じで残念でした。しかし、美しい映像で遊戯王の世界が再現されていてファンとして満足いく作品でした。また海馬社長の執念がすごい作品でした。
お岩

お岩の感想・評価

3.4
懐かしいもの見たさで借りた映画。
キャラクターやモンスター達が新しいデザインで登場したところまでは良かった。
他は突っ込みどころ満載だった。
何が何だかわからないまま終わってしまったが、
確実に伝わったのは、海馬のもう一人の遊戯に対する異常な執念。
求めすぎてて怖い。
301

301の感想・評価

5.0
…とにかく、原作および表遊戯と海馬が好きな人は絶対に見た方が良い作品

…表遊戯の強さと優しさ、そして可愛い顔してデュエルに対する容赦のなさがとことん描かれていて最高でした

…演出、そして作画がとんでもなく綺麗です。加賀美さん本当にありがとう

…デュエル内容などは魅せるデュエルだったのかなと思います。次元領域デュエルも結局よくわからないチートデュエルだし。ただ内容より絵を重視して見たので、それらも踏まえて満点です。

…このぶっちぎりな、勢いで突破するところも遊戯王らしくて良いと思いました
メタ

メタの感想・評価

4.0

激アツ


あの遊戯王の正統なる続編。

あれほど完璧な最終回を迎えた漫画は少ない、と言われるほどの完成度と感動を作り出した原作である。私自身、最後の遊戯とアテム(闇遊戯)のバトルは本当に最高だったと思う。本当に熱くて綺麗な終わり方だった。

それありきのこの映画だ。一体どうなるのか、展開を予想できなかった。

いざ、見てみれば、遊戯、海馬などおなじみのキャラの描き方は丁寧で、作り手の愛を感じた。それなら、あのアテムはストーリーにどう絡んでくるのか。ここが、過去の落とし所と矛盾しないことが期待される。

遊戯とアテムの絆
海馬とアテムの絆(ライバル心)

これを再確認できる映画だった。それに合わせて、バトルや演出が熱い。海馬の名言がまたまた飛び出す。そして、城之内のアゴ。みんな遊戯王らしくぶっ飛んでていい。

やはり、遊戯王アニメおなじみのBGMも懐かしい。とくに、「熱き決闘者たち」かな。聞いたら身体が反応してしまう。

やっぱ、遊戯王ですね。


私は、デュエルリンクスに行ってきます。デュエルだ!!
次元領域デュエルって結局何だったんだぜ……。
アテムの復活とか藍神の目的とかより何より、社長の全速前進っぷり、キャラの吹っ切れ方が面白かった。
ふと気付けば宇宙にいたり専用ジェットから飛び降りたりタイムスリップしたりしてる社長ヤバすぎでしょ。
分かったこと①
海馬社長暫定中卒

分かったこと②
海馬社長宇宙で一人暮らし
さうす

さうすの感想・評価

3.6
ストーリーはおいてけぼりにされてしまう感が。作画とかつての登場キャラの集合を楽しむ映画でした。海馬社長のモンスターがカッコよくてそこが一番のいいところかもしれません。
あん

あんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

モンスターではない、神だ!
とかいって地面からドローしたところが最高にクレイジーだった
Akira

Akiraの感想・評価

3.4
愛に、とにかく愛に溢れた映画。
作画が凄い。ぬるぬる動くしかっこよかった。
キャラクターにも愛を感じました。特に海馬。
デュエルにも迫力があった。

ただまぁ
お話はまぁそりゃ何にもないっすよ。
というか敵がね、駄目だった。
レギュラーのキャラクターについていけてなかった。完全にアイツ駄目です。
特になんとか異次元デュエルみたいなワケのわからんルールガバガバのデュエル始めた時とクソみたいな造形のモンスター出したから大丈夫かな?と思ったけど一回は海馬の迫力で押し切れた。

2回目の武藤遊戯戦は駄目だったね。
たるかった。

アテム戦、海馬武藤戦は面白かった。
海馬は自身の敗北よりもアテムの敗北を認めたくないんだね。

だからまとめると、
愛を感じる為のファンムービー、に要らん異物が入ってそれが邪魔だった。
ただ、この映画は愛に溢れ、その愛を感じる為の映画。つまんなかった、っていう奴はまぁそりゃそうなんだけどどっちかっていうとお前の愛がついていけてないんだよってことかな。
人選びますね、ジャンプで昔読んでた、程度の人は手出さなくてもいいかも。
>|