新吾十番勝負 第三部の作品情報・感想・評価

「新吾十番勝負 第三部」に投稿された感想・評価

豪華絢爛の東映時代劇。このセットは今では作れないと思う。ストーリーは定番であるが面白い❗
pier

pierの感想・評価

3.3
まだまだ続く新吾十番勝負。
月形龍之介はまさに剣の達人って感じ。
前作に続いて徳川吉宗将軍の御落胤、葵新吾に迫る険難の数々が面白い映画です。主人公、葵新吾を演じる大川橋蔵の颯爽とした美剣士ぶりが今作も見物です!生き別れの両親に会えず仕舞いの葵新吾でしたが待望の親子対面の為に江戸に向かう道中に又しても刺客に襲われてしまいます。運命に翻弄される葵新吾。敵討ちの存在も見逃せません。敵討ち捜しの旅で出逢った一座の娘や佐久間良子演じる美しい姫様に言い寄られる葵新吾。女性にモテモテの役も大川橋蔵が演じると嫌味がないです。セットや着物の衣装が凝っていて綺麗で松田定次監督味があります。
師匠の仇である月形龍之介の幻が現れるシーンはそれに怯えて刀を抜くところを含め怪談映画の演出。葵新吾まだまだ未熟なり、完結編での成長に期待。
1作目もそうだが岐阜加納城の城内は出てくるが外観のシーンがないのが寂しい。
御落胤はいいなぁ。
柳太朗の脂下がりっぷりが笑える。
立ち回りが美しい。
しかしこんなに頻繁に多勢に囲まれたら死ぬな。