宮本武蔵 二刀流開眼の作品情報・感想・評価・動画配信

「宮本武蔵 二刀流開眼」に投稿された感想・評価

シリーズ第三部。ついに佐々木小次郎が登場。演じるのは高倉健。長髪の健さんはかなり貴重。そして武蔵は二刀流に開眼する。佐々木小次郎や吉岡清十郎の話も盛り込まれているため武蔵の出番は前二作に比べると少なめ。五条大橋で皆が集まるシーンのかっこよさ。セットといい、映像といい今はもう撮れないだろうな。ここにきて俄然面白くなってきた。
1963年の内田吐夢監督作品。全5部作の第3作目。
ついに高倉健演じる佐々木小次郎が登場するのだが、これが何とも似合わない・・・。でも、かっこいいのは確か。
武蔵はというと、お通を前にして逃げたり、二刀流開眼も大した話ではなく、気付いたら2本刀を持ってた感で微妙。アニメの鳥も違和感が際立ったりと今までの作品と比べて、ちぐはぐした印象。

この作品の一番の狂気が、武蔵を地の果てまで追い続けるおばばの執念というのが笑ってしまう。
「没後50年 映画監督内田吐夢」

シリーズ三作目。

武蔵の修行の旅は続く。話はちょっとややこしい。というか武蔵の迷いが映画にも出た感じがします。

京都の名門吉岡家の2代目当主との決闘がクライマックスだけど、呆気なく終わる。2代目あるあるな当主の苦悩が痛い^^;

今作で佐々木小次郎がようやく顔を出す。演じるのが何と高倉健。ちょっとイメージとは違う^^;

二刀流の開眼も、もっと意味あるのかと思ったけど、、、ちょっと中休みな三作目でした^_^
砂場

砂場の感想・評価

4.0
五部作のうちの三作目。だんだん武蔵が何を求めているのか分からなくなるw

前作で浪人達を切り捨てた武蔵は、名高い柳生石舟斉との立ち合いを望むが断られる。しかし石舟斉の切った花の茎に武蔵としてはただならぬものを感じ城内に通される。
外で何やら犬の鳴き声、そして犬は死んだようだ。武蔵と行動を共にしていた小僧が犬を撲殺したのであった。武蔵と小僧は城内で取り囲まれる騒動に、武蔵は二刀流を開眼する。、、とお通の笛が聞こえる、、、城内にお通がいるのか?武蔵と小僧はその場を逃げる。

又吉は工事現場で働いていると、侍同士の小競り合いがあり死んだ侍から混乱の中カネと佐々木小次郎という署名のある巻物を授けられる。

大阪へ向かう船の上で佐々木小次郎と吉岡門下の武人が小競り合いし、小次郎は武人の髷を切る。

武蔵は吉岡清十郎に果し状を送るもなかなか決戦が決まらない。清十郎は朱美を気に入り、嫌がる朱美を無理やり襲う。朱美は半狂乱となったところを小次郎に助けられる。

ついに清十郎と武蔵の果たし合い。おばば、お通、小僧が見守る中で二人の戦いが始まる。武蔵も清十郎も木刀だ。武蔵の一撃が清十郎の左肩に振り下ろされ勝負は決まった。左手の骨が砕けており小次郎は血が頭に回らないように清十郎の左腕を切り落とすのであった。
武蔵は清十郎の弱さを認識し、さらなる高みを目指し旅を続ける、、、、

なんだかピンとこない回であった。小僧が犬を殺した(それも驚きだけど)結果城内で取り囲まれた武蔵が苦し紛れに二刀流を開眼するんだけど、もうちょっと理にかなった感じで開眼して欲しかったなあ。
今回の敵役の清十郎が最初からおどおどしてて、最後の決闘もあまりカタルシスは無し。

前作で無益な殺生に疑問を抱く武蔵だが、その気持ちがありつつも名門の道場破りをして人を殺すことも厭わない武蔵の行動の整合性が取れないのだけど、萬屋錦之介の目力と迫力があまりにも凄いのでなんか武蔵の行動には説得力を感じてしまうという不思議な一本。

内田吐夢自身が体内にある強烈なエネルギーをどこに向ければいいのか見えない中で映画を撮っていたのかもしれない。
エコーが強すぎた前作をもう一度観せてくれる親切設計。高倉健がまったく小次郎のイメージに合わないんだけど、めちゃくちゃにカッコいい。
強者同士に言葉はいらない!

たとえ実力が及ばないと分かっていても、やらない訳にはいかない武門の修羅道!

やる相手では無かった…!
d3

d3の感想・評価

3.8
看板と血統が軽くなかった時代の悲劇。決闘する当人同士は結果を予測できていたとしても、結末を示さねば世間は納得しない。
Yasu

Yasuの感想・評価

3.5
若干アナザーストリーな雰囲気だろうか。
武蔵よりは、吉岡清十郎の方がメイン。

名門吉岡家の当主でありながら、自分の弱さを分かっているからこそ、酒女に溺れていく様が、実に人間らしい。
ひたすらに強さを求め続ける武蔵との対比だろうか。
この作品だけは、武蔵よりも清十郎に目が行く。あのラストは一瞬の出来事だからこそ、光っていた!
佐々木小次郎登場!

やっとこの宮本武蔵シリーズの面白さが分かってきた。普通の時代劇とは違うところとして、やはり武蔵含めて一部の剣豪が強すぎるってところ。だからただチャンバラをするっていうシーンはほとんどなく大事な局面で一振りして刺し合う、そこが見どころ。
逆にいうとそれ以外のアクションは無く武蔵の剣豪への修行の旅が延々と続く。
恋愛要素はもうちょっと少なくてもいいかな。
脚本が本当に丁寧。全てが盛り込まれている。これは5部作という作りのためもあるのだろう。
なにはともあれ、高倉健演じる佐々木小次郎のカッコよさ!美少年!と叫びたくなる。高倉健の隠れた当たり役といったところか。

後半になるにつれ、本シリーズが面白くなってくる……。
>|