素晴らしき哉、人生!の作品情報・感想・評価・動画配信

素晴らしき哉、人生!1946年製作の映画)

It's a Wonderful Life

上映日:1954年02月06日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「素晴らしき哉、人生!」に投稿された感想・評価

ひつま

ひつまの感想・評価

4.8
素晴らしき哉、人生!!!

〝一人の命は多くの生活にかかわっていてその者が欠けると全てが変わる〟

自分の価値、自分の人生がどれだけ偉大なものだったか失って気づく。

苦しい時期は誰だってある。そこで支えてくれるのは自分が今まで支えてきた人たちであって、出会いそのものが奇跡、そしてそれが人生!
善悪を深く考えられる映画。
MRT

MRTの感想・評価

4.7
なんで今まで観てこなかったんだろう…。
もうね、ボロ泣き。
期待以上の素晴らしい作品でした。

ジョージの人柄の良さで本当に心が温かくなる。まさに素晴らしい人生。見返りを求めるんじゃなく、他人の悩みに真摯に向き合う彼の姿勢は本当に尊敬に値するし、見習わなければなと痛感しました。

特に好きだったシーンは2つあって、1つは結婚した日の屋敷でのシーン。あれを用意したメアリーが愛おしいのもそうなんだけど、それ以上に2人の警官が雨に濡れながら2人を祝福して歌っているところに、ジョージの人柄ゆえの愛を感じて温かい気持ちになった。家の中ではなく、2人を邪魔しないように雨の中外で歌うってのが本当に小粋…。
もう一つは言わずもがな、最後のシーン。合唱ってのがまたいい。歌ってやっぱり不思議な力を持ってる。愛に溢れた幸せな歌を聴いてボロボロ涙が出てきた。

ジョージのいなかった世界線になってからのジョージのものわかりが悪すぎてイライラしたりしたし、所々編集で不自然に繋げられていたりしたけど、白黒なのも含めて味があるということで。

少し現実離れした設定と、家族の大切さをリマインドしている点では、「天使のくれた時間」にもどこか似てたな。

昔の映画ってエンドロールが驚くほど短いから、これ映画館で観た日には、涙を拭いて息整える前に明かりがパッとついちゃって絶対困る😂
やっぱり人との繋がりなんだよねぇ
とにかくストーリーの構成が素晴らしい。

天使の会話とある男の自殺。

そこから、男の人生を振り返り、クリスマスの奇跡へとつながる構成はとにかくお見事。

良い行いを続けているからこそ良い人生が送れる。

もしも、自分がこの世に存在しないとしたら、周りにいる人たちは自分がいる人生よりも幸せになれたか?

それは、自分自身の行いによる。

もし、これがポッターさんだったら、どんな世界になっていたのかな?なんて考えてしまう。
Takaki

Takakiの感想・評価

4.2
メアリーが人格者すぎる。

夢を叶えるだけが幸せじゃないってことね。

町一番の幸せ者になれるかは分からないけど、人には親切にしようと思える。

ポッターは痛い目に遭ってほしい(笑)
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

4.3
思いっきり泣いたった。こんな時代だからこそ沁みるねぇ。
perikan

perikanの感想・評価

4.0
この男こそ報われてほしい、と祈りつつ観た。
人に渡した温かい心がちゃんと返ってくる映画で良かったな。
ラストには涙してしまった。
GB

GBの感想・評価

4.0
主人公の転落人生から最後の感動シーン、素晴らしい脚本も含め、70年以上も前の作品であることを感じさせない。

時代を超えて後世に伝えたい不朽の名作。
>|