街の灯の作品情報・感想・評価

「街の灯」に投稿された感想・評価

mtkinoko

mtkinokoの感想・評価

4.0
無償の愛にも、愛の押し売りにも見える。一言では言い表せない、愛も人生も。
naoya

naoyaの感想・評価

4.0
面白い
アーティスト以来のセリフ音声なし
チャップリンってもちろん聞いたことはあったけど、ちゃんと見たことなかった
動きもそうだし中身が緻密過ぎて
純粋にニヤニヤしてました。笑
今も居たら、どんな映画作るんだろう
百合

百合の感想・評価

4.9
ラストシーンの笑顔がすごく切なかった。ヒロインは浮浪者のチャーリーに失笑している。しかし彼こそが恩人だったと知ったときの複雑そうな表情。
心から感謝しているのなら、すごくカタルシスがあったかもしれないのに、そうではないところに人生のリアリズムを感じた。
チャップリン自身も幼い頃は浮浪者同然の生活をしていたことがあるし、もしかしたら、純粋な善意を純粋な気持ちで受け取ってもらえなかった経験があったのかもしれない。
いずれにせよ、人生の喜びと悲哀の両面を集約しているのがチャップリン作品だと思う。
kossai

kossaiの感想・評価

4.5
ストーリー:A
キャスト:A
リピート:C+

[採点ルール]
————————
A : 1.7
B+ : 1.5
B : 1.3
C+ : 1.1
C : 0.9
————————

<ストーリー>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<キャスト>
A=とても良い
B=良い
C=良くない

<リピート>
A=何度も見たい
B=もう一度見たい
C=もう見たくない
へいゆ

へいゆの感想・評価

3.8
2回目か3回目。

チャップリン観ると言葉の滑稽さや無意味さを感じざるを得ない。でも社会において言葉はたいせつだけどな。

それにしても動きがコミカルで表情が豊かで面白く、それも言葉を削ぎおとしているからなのだと思う。

ピュアな物語とよく言われるが、この主人公はけっこうわがままで自分大好きなのではないかと思う。盲目を治してあげたいという気持ちだけを本当にピュアに持っていたのかな、ただ彼女に自分のことを好きになってほしかっただけじゃないのかな、と、このストーリーをみていると思う。

だから、そこはけっこう、主人公は世の男と同じレベルなんじゃないかと笑。

むしろ、自殺志願者を海沿い(川沿い?)で本気で助ける姿のほうに、彼の人間の本性を感じるのだ。
結果として優しい心を持っていることは違いないんだけどね。
ayaka

ayakaの感想・評価

4.0
📖 ★★★☆☆
🤣 ★★★★☆
😢 ★★☆☆☆
😱 ☆☆☆☆☆
🤩 ★★☆☆☆
💏 ☆☆☆☆☆
羊男

羊男の感想・評価

3.6
街の灯というタイトルの通り、暗闇を照らす灯とはキラキラしているわけでも輝かしいスポットライトでも無いけど、日常を照らすには充分の光さえあれば人生は映画的になる。つつましくい幸せもあれば、豪華だけど刹那的な人生など、見る角度で見方で何事も反転する。
AK

AKの感想・評価

3.8
古い名作映画を観ようということで鑑賞。

コミカルな動きが本当すごい!!あんなにテキパキ動いて役者さん身体能力高すぎ…特にボクシングは爆笑でした。
あと、よくこんなにキャラクターにぴったりの役者さん見つけてくるなぁと。見た目だけで、その人がどんな人物か、どんな役割を持っているのかがピンとわかる。

チャップリンは喜劇王のイメージしかなかったのですが、今作の節々の切なさの演技に脱帽でした。。手のひらにキスするシーンの眼差しが忘れられません。
瑞季

瑞季の感想・評価

-
もう色んな意味で完璧に出来ていて自分の好みでもあってかつラストの余韻がもの凄い、、
チャップリン初作品がこれで良かったかどうか分からないくらい、泣けてしまった。

目の見えない女性についた小さな嘘から始まる淡い恋とドタバタコメディ。

とにかくくるくる回る手足の動作が完璧。ボクシングのシーンは手を叩いて笑ってしまった。

けれど後半の緊迫した状況は、ギャグを交えながらもハラハラしてしまう。

最後の you? という問いかけに対する、チャップリンのはにかみ!
胸がギュッとなってしまうような純粋さとひたむきさに、心躍らされた。

今の映画だったら2人はすれ違いのまま切ない恋としてエンディングを迎えそう。
私はやっぱりどうしたってハッピーエンドが好きだ!
>|