街の灯の作品情報・感想・評価・動画配信

「街の灯」に投稿された感想・評価

suama

suamaの感想・評価

4.2
表現力の豊かさと素晴らしさ
ほんと素敵…

チャップリン映画ほんと素敵なんよ
サンタ

サンタの感想・評価

4.3
終始おちゃらけな感じで進むストーリー。
盲目の花売り娘がとても綺麗。
チャーリーのおかげで目が見えるようになり、花屋も営んで、幸せそう。
最後の再会のシーン、手を触ってチャーリーだったと気付き、素敵なラブストーリーでした
chichichi

chichichiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


実は、チャップリンの作品って、なんとなくしか観たことなかったのですがみなさんの評価が高いのがよく分かりました。

恥ずかしながら、作品も"まちのひ"って読むことも、初めて知りました😅

なので、わたしが評価するのもおこがましいのですが、同じような初めての方のためにあえて書いておきますのでよろしくお願いします💦

チャールズ・チャップリン監督、脚本、製作、主演のモノクロ、サイレント作品で、ドタバタ・コメディーと切ないラブロマンスです。

世間が不景気で、服装もみすぼらしく職もなく住むところもない浮浪者のチャーリー。
職業もなく毎日、街をあちこちさすらい歩いて気ままな暮らし。
そんな彼が街角で花売りの盲目の貧しい娘に恋をする。
彼は彼女の目を治す為に、金を稼ごうと一大決心をするのだが…

前半のコメディシーンは秀逸の一言でした。
お金を稼ごうとするボクシングのシーンは、何度観てもお腹が捩れるくらいおもしろかった(笑)
わたしが説明する必要もなく、リズム感と音楽だけでこんなに笑えるなんて!

すべてのコメディーシーンにも、切なさがふんだんに散りばめれていて、笑えるのに、どこか胸をキュッとさせる演出に心奪われてしまう。

有名な浮浪者と花売りの娘の再会のシーンでわたしが思ったのは、

字幕では、"YOU"と出ますがこの一言と、ふたりの表情からどう想像するかが観る側に委ねられているそうです。
さて、このふたりはどうなったのか…

観終わった直後は、えっ?
やっぱり、ハッピーエンドだったんだ!
再会を喜んで、この手の感触は…"あなただったのね"
と思ってたのですが、

他の人のレビューを読むと、好きな人がボロボロで、"あなただったの?"という台詞にもとれる不安そうな顔にも見えるし、二人に未来はないと…
チャップリンの顔もそうなるとそんな表情にも観えてきて…

いったい、どっちなんだろ?
ご想像にお任せしますね!
ってことでいいのでしょうか?
わたしは前者の意見でハッピーエンドと思いたいのですが…

こんな余韻たっぷりで、楽しくて、キュンキュンな思いをさせてくれるこの作品の素晴らしさに感嘆しました!

名作と言われるチャップリン作品、これからも少しずつ観たいと思いますので教えてください😅
チャップリン見たことないので見てみた。途中寝てしまった。が2回目でちゃんと視聴。
Hinako

Hinakoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

盲目の女の子のために、ボクシングで戦ったりして、なんとかお金を手に入れようとするチャップリンは思った。盲目の女の子が目が見えるようになってチャップリンと再会。良かってんけど、なんかもう1つ足りない気がした。
wkbkk

wkbkkの感想・評価

4.0
浮浪者のチャップリンと盲目の美しい少女の儚くも温かい愛の物語。

ずっと観たかったんだ、これ。やっと観れた!
無声映画は年齢も国籍も関係なく楽しめる、究極のコンテンツだと思う。何度も川に落ちるシーンや、警察から逃げ惑うシーンなど、どの時代の誰が観ても絶対に楽しめるでしょ!
チャップリンが少女のためを思って奮闘するシーンが面白くも切ない。
ラストシーンが本当に素晴らしくて、こんな完璧なラブストーリーあるんだと感動した、、
2人の今後が明るいものでありますように。
なんか眠くなるんよな。
サイレントだからかな。

コメディなのに社会へのアンチもしっかりと見せるのはさすがやな。
貧富の差っていうのはいつでも問題なんですな。

なんかラスト切ないなー。
でもそれが良い。
me

meの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なぜこんなにも感動するのか考えてみたんだケド

一度生まれてしまうと生きても死んでも誰かに迷惑がかかって困る…というマインドで生きている私からすると

極貧の中でも毎日明るく、誰かのために一生懸命である、アガペーすら感じる主人公が眩しいからだなぁと思って
それでいて世の不条理をコミカルに描いているから道徳性が押し付けがましくないし
エンタメとして感動できるんだろネ

このレビューはネタバレを含みます

2020/4/16
チャップリンがボケたおすシーンは面白いけど、さすがに突っ込みはなく、スーッと終わる。ボケは余裕、突っ込みは愛情。だから突っ込みがないとちょっと寂しい。でもラストはすごくハートウォーミングで良かった!
かおり

かおりの感想・評価

4.0
チャップリンのトーキー映画の中でも名作といわれる今作。

90年も前の作品ともなれば、あるべき物足りなさなど一切無く、これはもうこれで完成された大傑作。余計な装飾など要らないのです。
可笑しくて感動してちょっと切ない。
>|

あなたにおすすめの記事