クローン・オブ・エイダの作品情報・感想・評価

「クローン・オブ・エイダ」に投稿された感想・評価

眠くなったが、実在した人物らしい。
女優の顔が怖かった。
数学を学ぶために、色んな男とねるのはマドンナみたいだと思った。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.2
数学嫌いを飛び越えてもはや人生の天敵の自分にとっては何がなんだかさっぱりな部分があったが、要するにコンピューターを使って過去の記憶と交信し、クローン作っちゃおうと言うお話らしい。エイダ・バイロン(ラブレス)なる人物、初めて知ったが当然かのバイロンの娘で、プログラマーの祖(?)だとの事、誰かそこらへん詳しい人教えてください。彼女を演じるはティルダ・スウィントン、相変わらず人ならざる者感が尋常では無いか、熱情的に駆け抜けたその人生を好演、目玉の威力がハンパでない。90年代のアートフィルム、それもコンピュータ物とあって多少の古臭さは止むを得ずか。まぁ総じてお話自体も面白くは無いが、音楽がレジデンツだし、ティモシー・リアリー出てるし、そこらへんは楽しめるはず。