UFO -オヘアの未確認飛行物体-の作品情報・感想・評価

「UFO -オヘアの未確認飛行物体-」に投稿された感想・評価

django

djangoの感想・評価

5.0
Xファイルを青春映画にした感じ。
数学が得意な大学生が、空港近くのUFO目撃事件に出した政府見解に納得いかず、試験も何もかもほったらかしで暗号解読に没頭するストーリー。

ルームメイトや、女の子に呆れられたり、怒られたりしながら、ただひたすらに我が道を進む主人公。完全に病気です。

モルダー、貴方疲れてるのよ…。

しかし、モルダー同様、止まらず、ひたすら前に進む主人公の存在は、政府の謎組織すら無視出来ないものへと化してゆく。

陰謀系の世界観に、青春をぶちこむとカオスだなぁ。
登場人物はみんな良い人。
ライト(軽い、明るい両方)なXファイルという印象。
僕は凄くストーリーに引き込まれた。
主人公の神経質そうな顔。
美人のヒロインや、美人教授(?)
いかにもな政府の人。

ただし、人は選ぶ映画。地味。
宇宙人、UFOに興味無いと難しい。

そして、僕は馬鹿だ。
大馬鹿者だ。
映画を観ているのに、何も観ていないのも同じ。救えない馬鹿だ。
あの美人の教授はスカリーじゃないか!!!!
観ている時に気づかなかった。
凄くタイプだな!と思っていたけど。
この映画は、モルダーそっくりな学生をスカリーが導く映画だったんだ!!
Xファイルファン必見の映画だ。

僕は馬鹿だけど、嬉しいよ。
機会があったらまた観たい。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.7
2017年10月17日。国際空港で従業員を含む大勢の利用客が謎の飛行物体を目撃。メディアでニュースが報じられるが、名門大学で数理科学を専攻する少年はメディアへの発言が嘘であると見抜く。彼は独自に真相究明に乗り出す。SFドラマ作。謎を究明する展開がまさに主人公の専攻する数理科学で、難しい内容はあるが、それが苦にならない展開のテンポで面白みがある。謎の飛行物体が軸にありながら、存在自体に焦点が置かれていないのも斬新。ティーンながらの苦悩も描きつつ、謎を究明していくひたむきさは楽しめます。その前振りの中で訪れる終盤は本作に合った結末で、今までの展開を集約しているようで良い。(DVD)
授業や試験もそっちのけで、数学的アプローチ(微細構造定数が大きな軸に)でUFO事件を追い続ける大学生の主人公。
やがてFBIも彼をマークするようになって…という展開です。

謎解きモノに近いスリリングさと、青春映画らしいナイーブな雰囲気が同居、というか混在した不思議な作品で中々面白かったです。

難を言えばムード優先のキライはあって、お話でグイグイ引っ張る要素が余り無かったトコかな。
ま、こういうネタがお好きな方は一見の価値はあるかと思いますm(__)m
mash1966

mash1966の感想・評価

3.0
https://mash1966.hatenablog.com/entry/2018/11/09/211703