劇場版 目を閉じてギラギラの作品情報・感想・評価

劇場版 目を閉じてギラギラ2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:143分

3.2

「劇場版 目を閉じてギラギラ」に投稿された感想・評価

渋川兄やんと、三浦誠己と、綾女さん目当て!満足、ぺろぺろ

暴力が苦手でヤクザ辞めた野球大好き金融屋おじさんに拾われた、元スター級高校球児やった落ちぶれ兄ちゃんが、なんやかんやあって再び野球好きになんよ、って話

渋川兄やんは哀川翔演じる元ヤクザが営む金融屋の従業員でしてな、別に大した役でも無いけどな、得意のお茶目な兄ちゃん役で可愛かったから良かったよ、満足

三浦誠己はな悪役、元々は哀川翔の弟分やったんやけどな、暴力大嫌いな兄貴分とは打って変わって暴力大好きな怖いヤツでな、しかも今は若頭で組の実権まで握ってるからヤバいのなんの…

そしてヒロインの綾女さんはな、常にショートパンツ姿でムチムチな御御足を惜しげも無く見せてくれるんですわぁ!
マシンボーイはどちらかというと「赤×ピンク」のミーコ女王様や「特命戦隊ゴーバスターズ」のエスケイプ様みたいなカッコいい綾女さんが好きやけどな、たまには本作みたいなエロスを垂れ流した綾女さんも良いな!ってぺろぺろなったよ
唇の別れを舌で名残惜しむ綾女さんのチウのエロさよ!くぅ、チンコにまで響くわ!

と、好きなキャストが素敵やったからそれなりに観れたものの、ストーリーはなかなかのポンコツでしたね
暴力が苦手で喧嘩したこと無いから喧嘩無敗な哀川翔が暴力が如何に悲しい事か説くのだが、本作では結局は最後には暴力により物事が解決されるというよく理解ができない展開に…
なんやかんや、暴力は有効って結論で良いのだろうか?

ちなみに本作で綾野剛が演じる主人公はドラフトにかかるくらい(不正したために無に帰す)の高校野球のスター選手やったんですわ、つい先日もプロ野球のドラフトが話題になりましたが、マシンボーイ的には野球にこれっぽっちも興味が無いんで、マシンボーイ的に盛り上がるドラフト会議して締めようと思います!

ワンコロドラフト会議
マシンボーイの1位…柴犬!
マシンボーイの2位…フレンチブルドッグ!
マシンボーイの3位…パグ!
マシンボーイの4位…ブルテリア!
マシンボーイの5位…ロットワイラー!
ってかドラフトって何位まであるん?

女優さんドラフト会議
マシンボーイの1位…森川葵ちゃん!
マシンボーイの2位…浜辺美波ちゃん!
マシンボーイの3位…岸井ゆきのさん!
マシンボーイの4位…上原実矩ちゃん!
ってかドラフトって何位まであるん?

水滸伝の登場人物ドラフト会議
マシンボーイの1位…燕青!
マシンボーイの2位…魯達!
マシンボーイの3位…穆弘!
マシンボーイの4位…李逵!
なぁなぁ、ドラフトって何位まであるん?

ポケモンドラフト会議
マシンボーイの1位…カビゴン!
マシンボーイの2位…グラエナ!
マシンボーイの3位…アローラナッシー!
マシンボーイの4位…ゴロンダ!
マシンボーイの5位…黄昏の姿のルガルガン!
なぁ!ドラフトって何位まであるん!

連載中のジャンプ漫画ドラフト会議
マシンボーイの1位…HUNTER×HUNTER
マシンボーイの2位…ワールド・トリガー
もうな、HUNTER×HUNTER連載中に、ワールド・トリガーが復活とかまぢキュン!今週のジャンプ最高!
え?12月からワールド・トリガーが別誌に移籍…とりあえず集英社を旅団か近界民が襲撃したら良いのに!ぷんすか!ってかドラフトって何位まであるん!ぷんすか!

このレビューはネタバレを含みます

綾野剛がかわいい。
哀川翔がいいおじさん。
黒田の親分がかわいい。
ヤクザが足洗って金貸しになる話。
金貸しだけど、背中押すタイプの金貸し。あんなのないぜ。
説教だけでやりくるめるというのもすごい。
タケウチという下っ端がとんでもない鉄砲玉でした。
とにかく綾野剛が子犬みたいで可愛い。
思ったよりヤクザっぽさはないが、コメディとして楽しめます。
みゆ

みゆの感想・評価

3.3
んんん??とゆう感じだったけど
綾野剛さんの作品を見れただけで良かった
野球する綾野剛。良い。
男子高校生として女子高生木村文乃にキスする綾野剛。良い。
映画っていうよりドラマっていう感じ。あんまり肩に力を入れずに観れる作品で、わたしは結構すきでした。なにより、若かりし頃の綾野剛くんが可愛すぎて……これもまたファンには堪らない作品でした……
しゅん

しゅんの感想・評価

3.4
借金で首がまわらなくなった人の借金を肩代わりして、人の道を諭すおせっかいで暴力が嫌いな元ヤクザと、プロ野球の道を諦めてギャンブルに溺れ金に困った男の話。
タイトルだけでレンタルしてアクションがあるのかと思ったら、違った。人情話というかノスタルジーというかそんな感じ。
でもヤクザ以外の役をやる哀川翔や小沢仁志も割と好きなのでよかったよ。
島津ゆたかの「ホテル」を口ずさむ哀川翔、続きを歌いながらフレームインする永沢俊矢、ここ好きだなー。
綾野剛は最近エキセントリックな役が多かったのでこのフツーの感じも割とすきー。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
人情ヤクザ哀川翔の、その後的な映画?思った以上に見応えあって役者も豪華、アンジャッシュマジか!と思ったけど意外と見れる( ̄▽ ̄)少年野球に救われるお決まりのようなパターンも嫌いじゃない、そして、解決は結局は暴力なのだ(>_<)
きのこ

きのこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

暴力が嫌いで組をやめた元ヤクザの金融屋の話。
最初借りたの失敗したかなと思ったけど、結構ぶっ飛んでる話で楽しかった(笑)
mama

mamaの感想・評価

4.0
哀川翔の男気と綾野剛の可愛らしさ満載の作品。
大作では無いが、ガツンときました。
シュールな笑いの連続。いままで自分が見た冨永監督作品の中で一番ローリングっぽい。ただちょっと長いので90分くらいだったらちょうどよかったかな〜。笑

ローリングの舞台挨拶で杉山ひこひこさんが言ってた「綾野剛に全力で蹴ってくれって言ったら本当に全力で蹴られた」っていうシーンはこの作品だったのか。。。
>|