ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~の作品情報・感想・評価

ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~1990年製作の映画)

製作国:

上映時間:87分

3.2

「ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
駆け出しのチンピラ・順公(哀川翔)は、幹部に呼び出され組を代表するヒットマンに指命されてしまう! できることならぴゅーっと逃げだしたいのだが…。哀川翔の記念すべき主演第一作目!! 
哀川翔が演じる順公は、「とんぼ」などで演じたチンピラの延長線にあり、気が小さく見栄っ張りなヤクザになりきれないチンピラで、鉄砲玉を命じられても女との情事や酒に逃避してしまうところが、末端組員のリアルさがある。
ネオヤクザ路線の一本として楽しめる一本。
山田辰夫、宍戸錠、大杉漣などのベテラン俳優との共演も、面白い。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

2.5
久々のVシネマ。
うん、映画じゃないよなあ。哀川翔も映画スターという貫禄はないよねえ。

・主演および脇を固める俳優の演技がショボい。熱量がない。
・脚本がへぼい。低予算だから?
・悪役が、そこまで悪役じゃない。山守の親分的な人が出てこないので、怖くない。
こんなもんかな。
ILC

ILCの感想・評価

3.6
なんか見たことある女優だなって思ったらバストロイドの青山知可子だった。
201612084
女優陣の演技がキツ過ぎる。
しつこいぐらいの絡みのシーンのくだりなどギャグ感があってまぁまぁ楽しめる。

終わり方はいまいち(^-^;
wowowで鑑賞。続編あるらしいけど、どうだろう?哀川翔の歌がもろ長渕で笑った!
EGM

EGMの感想・評価

2.0
Vシネかぁ、と侮っていましたが。楽しかったです。絡みが強めで少し引きましたが、Vシネのご愛嬌でしょうか。
〝青春映画の大大大傑作!!〟

最近観た幾つかのVシネマの中で、断トツに面白かった!!
高橋伴明監督。哀川翔初主演の1990年の作品です。

哀川翔が演じるのは、少年院を出てヤクザ見習い中の青年。冒頭、兄貴の為にトイレの準備をするシーンから秀逸。トイレットペーパーを綺麗に三角に折ったりしながら、テキパキ準備を整える姿が丁寧に撮られていて、彼の人となりが良く分かる気がしました。車の運転中も、アニキたちの会話に聞き耳を立てて、組の情勢、業界の流れにしっかりとアンテナ張っていて、なんかエエやん。
サブキャラクターもみんな個性的。特に哀川翔の恋人が、ヤクザ以上にヤクザマインドの持ち主と言うクセモノ。哀川翔が、車を盗んだ相手を簡単に許すと「一発キメてソープに沈めれば良いシノギになるじゃないの」なんて言っちゃったり・・・。
峰岸徹、宍戸錠、大杉漣、かっこいい男が、次から次に出てくるのもポイント高し!
この人達がHow To ヤクザを教えてくれるので、お勉強にもなりますよ。
例① ビールの空き瓶はテーブルから下げるべからず。もしもの時に道具になる!・・・そうですよ。さっそく明日にでも使えますね!
これらを、いちいち哀川翔がマネするんだけど、かっこいいとは程遠くて、なんか不器用で無様。で、少し可愛い。
最後まで飄々と進んで行くかと思いきや、鉄砲玉に任命されてからのジタバタが凄い!モガいてアガいて必死に命にすがる様が、切なくて胸に来ます。
背中に彫った筋だけの刺青に、口紅で色を入れたり、地面に描いてあった落書きにも色が入って、煌びやかなお城の絵になったりと言う演出も、切なさを一層と深くしていました。

かるーい気持ちで観たけど、本当に本当に凄く面白かった!とぼけた雰囲気からの切なさ、感情の高低差で耳・・・。
ラストカットは震える程かっこいいので、オススメです。
桃尻

桃尻の感想・評価

-
2015(237)
哀川翔!山田辰夫!安岡力也!ホットココアぴゅ〜
中学か高校の頃、深夜の映画枠でこれ流れてました。
その頃は翔さんと巨乳の女優のカラミにただただ悶々とする、という思い出だけで内容が全く入ってきませんでした。

歳月が流れ…2014年、ラピュタ阿佐ヶ谷でVシネマ特集でこれ上映しててケジメの意味を込めて見ましたが、こんなにカッコイイ映画だったのですね。
哀川翔さん、長い間、スケベな目で見てすいませんでした!!
ラピュタ阿佐ヶ谷
Vシネマ25連発 1発目!!

これが僕のみたかった映画です!!
哀川翔!安岡力也!山田辰夫!

書きたいことは山ほどあるけど、高橋伴明監督の最高傑作だと思います。