ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~の作品情報・感想・評価・動画配信

『ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』に投稿された感想・評価

oVERSON

oVERSONの感想・評価

3.0
哀川翔のスター性を十二分に引き出しているという点では評価できるが、終盤のダラダラとした引っ張り方はいただけない。「やるのか、逃げるのか」という揺さぶりも足りない。
2022-396
良いショットが多い。
哀川翔最高。
泡風呂での泡まみれセックスからの喫煙が良い。
その後の回転ドリーも良い。
最&高。晴れた日曜の朝観てそのまま「のらいぬ」かけながら国道沿いのラーメン屋へドライブするという流れがベストだと思う。
タイトルに惹かれて鑑賞。「ぴゅ〜」ってなに😂と思ったら、「ぴゅ〜っと逃げ出す」の「ぴゅ〜」でした。

コメディタッチで面白い。哀川翔がただただ子犬。キャンキャン高い声で吠えてビビってる。

でもいちばん好きなシーンはメロンソーダをトレーから奪って一気飲みするやつ。あれやりたい。ヤクザ×喫茶店は相性良い。
音楽の多用と濡れ場の反復はちょっと臭いが、コミカルな場面と主人公の成長の描き方に誠実さを感じた。

さらに、顔のクローズアップが印象的な切り返しも見事に映画独自のリズムを作っていた。

ヒロインとの出会い方が予想外すぎて魅力的。
廃ビル屋上でのキス、
グリーンネオンバックの濡れ場、
ダサすぎる極道たち(甘党の安岡力也最高)、傑作でした。
ボギー、スケボー、シンセサイザーがかかるセックス •シーン

眠れない描写が『パーマネント•バケーション』のよう
tunic

tunicの感想・評価

4.0
未完成の筋彫りにまむしの兄弟を、檻の中のカラスに鉄砲玉の美学の渡瀬を思いながら、決定的瞬間を回避するためにうだうだ迂回する哀川翔を愛でる。やっぱり伴明監督は優しい。スピード写真の使い方に泣く。こんな女いねーよと思うが青山知可子もよかった。おっぱーい。

2020.4.6
藤見実

藤見実の感想・評価

5.0
今まで観たセックスシーンの中で一番良かったかもしれない、傑作
アイドル哀川翔のファンタジーロマン。伴明組集まってフワフワした世界が楽しい。哀川翔だけじゃなくて力也さん辰っつぁんまでも愛でる伴明監督。可愛いカッコした原知佐子がキャメルのパッチワーク入ったレザースタジャンの青山知可子に「そのカッコ勘違いしてんじゃない?」って言われるシーンだけちょっと癪。知佐子のほうがオシャレだしー。
>|

あなたにおすすめの記事