青い塩の作品情報・感想・評価

「青い塩」に投稿された感想・評価

ゆみ

ゆみの感想・評価

3.2
情景がすごくきれいでした。
男と女、世代や境遇、社会的立場を超越した関係というものが、存在するということを教えてもらった作品。
関係性を邪推して、思い込んで、勝手に決定して批判するというのは、人間の常。そんなことを、身につまされる映画でした。
とにかく主演女優のシン・セギョンがお綺麗、そして韓国映画を見ていると何処にでも登場してくる出たがりのソン・ガンホおじさんが、料理教室で出会って親しくなり二人の年齢差を越えて大変親しくなるというお話。

しかしそのソン・ガンホおじさんは、綺麗なシン・セギョンにとっては殺しのターゲットだったのが切ない。

この二人の関係性に久方ぶりに胸がキュンとした。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.5
怒鳴ってないソン・ガンホなかなかかっこいい。ヤクザ物だからもっと撃ち合いとかあるのかと思ってたけど全然ゆるい感じ。最後の4人のシーン、いらない~と思ってしまった私は多分すごい天邪鬼。

このレビューはネタバレを含みます

 ヒロインのシン・セギョンさんの可愛さとそれを暖かい目で見守るソン・ガンホさんの魅力で持っているような映画でした。ヒロインの親友役の人も可愛かったです。

 ストーリーは、ソン・ガンホさんは昔ヤクザで今は引退して料理屋を開くのが夢だけど兄貴分の会長が交通事故に見せかけられて殺されたらしいってのはわかりますが。ちょっとヒロインの方の人間関係がわかりずらくて途中から何のこっちゃわからなくなってしまいました。
 最初は、ソン・ガンホさんを監視するだけの役を与えられていましたが。ヤクザの内部抗争でソン・ガンホさんを暗殺することになりヤクザが直接手を下すよりヒロインのほうが足がつきずらいってんでヒロインに暗殺命令が下るけど、殺すか殺せないで悩む。ってのを見ることになりますが、ヒロインに暗殺させようってヤクザの気持ちがよくわからない。自分達でやったほうが早いのではないか? そして、ヒロインを監視するために別のヒットマンが出てきたりして。

 前半から中盤までは緊張感あるシーンが続きますが、中盤になってやっと主人公とヒロインが一緒に生活することになり。甘いデートシーンみたいになったりしますが、ここまで殺されそうになったりしているのに。いきなり緊張感なくなってしまって、デートして笑っている主人公たちの気持ちが理解できませんでした。順番、逆なんではなかろうか? と。

 後は、別の殺し屋に催促されてヒロインが暗殺を決意するけど……。また悩んで。みたいな、よくある展開なので面白味が少なかったです。オープニングにクライマックスを持ってきていましたが、あれも効果的だったのか謎です。むしろ結末が簡単に予想ついてしまってダメなんではなかろうか? と思ってしまいました。

 そして、エピローグの甘さにずっこけてしまいました。何で、生き残れたんだ? 一応の説明がありますが、全く根拠になってません。
 
 とはいえ、ソン・ガンホさんのヒロインに対する見守る感じ。これが、イケメン俳優だったら甘ったるいラブストーリーがなってしまいますが。父親的な暖かさを見せてくれますし、ヒロインの照明がバンバン当たった顔のアップは可愛くてよかったです。
『君に殺されるならおじさん本望☆』

美人スナイパーとヤクザのお話だけどあまり緊張感がなくゆるい

性的ファクターを除いた中年男性のためのファタジー映画かな?

ソンガンホはかわいいッソヨ
ボクもお料理教室通いたいッソヨ
モルゲッソヨ
2013年鑑賞
ジャケットのこのシーンはクソ素晴らしい。残りは。。。
今回2度目の鑑賞。

学生時代に、何となくレンタルして、記憶に残っていた映画で、改めてじっくり見てみました。

野外での独特なライティングは、あまり好みではないのですが、現代の韓国アイドルMVを見ていると、良い意味で納得する部分もありました。

ラストシーンのセビンがドゥホンを撃つシーンは、抜群のロケーションで、カメラワークや構図、演出、編集ともに勉強になりました。

登場人物も魅力的な映画です。
ヤクザを引退し、レストランを経営したいと料理教室に通うドゥホン(ソン・ガンホ)は、態度は悪いが料理の手本になるセビン(シン・セギョン)に興味を持つ。一方、ドゥホンが引退した組の会長が殺され、幹部たちは彼に罪を被せようと暗殺を企む。借金のカタと射撃の腕を買われて暗殺を依頼されたセビンだったが、次第に不器用でも誠実なドゥホンに惹かれていく。しかし、彼の暗殺を目論むプロ集団が2人に迫り…という筋のノワールとラブストーリーの組み合わせ。ノワールの緊張感は崩さずに、「塩」のモチーフを随所に生かし、ソン・ガンホの笑顔もしょっぱく切ない佳作。
記録。
初見だと思ってたら2回目だった、
ソン・ガンホ!やっぱり悪人には見えないよなぁ!

サスペンスなのか?なんか中途半端な感じで思ってたより面白くない…でも料理教室での二人のやり取りは好き。
Pudding

Puddingの感想・評価

3.7
以前予告編を見て気になっていた韓国映画。

銃の見せ方とメイク濃い目のウルフカットヒロインに監督の拘りを随所に感じる映画。

切なさありつつも、あまり多くの語らず、ヤクザのクセして意外とピュアなソン・ガンホおじさんのキャラ。物語の締め方も個人的にやられました。

少女とおじさんの日常シーンとクールなアクションシーンが交互に構成され、飽きずに楽しめます!

追伸:映画館でシーン流されている映画が「サニー」でテンション上がりました。あとセルフ鍋 実際にあったら挑戦してみたいっ!
>|