アリーキャットの作品情報・感想・評価

「アリーキャット」に投稿された感想・評価

DOGGIE

DOGGIEの感想・評価

2.5
この映画見ようと思った人の9割がそうだと思うけど、窪塚と降谷建志の二枚使いは世代にとっては贅沢!!!


でも、内容は70年代のバディムービーとロードムービー足したような感じでいまいち。
つーか内容つまんない。

飼猫を軸に運命的な出会いでバディになってくんだけど、そんな事あるかよ。って突っ込みたくなるほど強引。


窪塚はいつまでたっても悪い意味で昔の窪塚のまんまだし、降谷建志も演出だろうけど変な演技で、どっちのカリスマ性も薄くなってた。
なんか全体的にセリフ感が強いし漫画みたいに説明しがち。


ちょい役の火野正平がカッコいい。


品川いい味出してたけど、品川のビジュアル強過ぎて勿体無い。
まだ名の無い劇団の名脇役みたいな人使った方がスリル出たと思う。


市川由衣は脱いでから汚れ役ばっかの女優になった。頑張ってる。
だからこの映画の1番綺麗は市川由衣です。

あと30分は短くまとめられたし、見た後になんも残らない映画だった。


知らない女の人のおっぱい見れる。
ま

まの感想・評価

1.1
いちいち「あの女だめ」とか「後遺症が...」とか何もかも人物に喋らせてるのが気にくわない、映画なんだからもっと映像使ったりすればいいじゃん、人物に全部喋らせちゃったら想像の余地がないじゃん、つまんないじゃん、雰囲気はめちゃくちゃいいのに残念だと思うところが多かった
演技、というかセリフとかカメラワークがわざとらしすぎる、わざとらしすぎて白々しい、登場人物の人間味が全然感じられない、人間やぞ、そんなところでそんなこと言うか?!するか?!お前ほんとに肉詰まってんの?!みたいなのばっかりだった、、あとところどころAVみたいな撮り方でそこも興ざめ、、せっかくいい役者さんばっかりなのに勿体なさすぎる、、
エリカ

エリカの感想・評価

3.0
舞台挨拶のときにみた。思ったより過激でちょっと驚いた。演技はとても良かったのだけど、あんまり面白くなかった。
あき

あきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

窪塚洋介が出てるだけでよし観よう!って決めたとこある。なんだろう、窪塚への信頼感。
すきなタイプの話でした。簡単に言ってしまえばバディもの。
窪塚めちゃくちゃ最高にかっこいいし、降谷建志もハマり役。
一匹の猫を介して繋がった二人のゆるいやりとりがおもしろい。

「たまんねえな、一生の選択はいつも一瞬だ」
このセリフがすごい残る。

あと個人的に市川由衣が身体はってるの好きだからそれも最高でした。
HORI

HORIの感想・評価

3.9
窪塚洋介にも降谷建志にも全く思い入れはないけど、シンプルに楽しめた。
榊さんの映画は、毎回物語の筋がしっかりしているから観やすいです。
xoxo

xoxoの感想・評価

1.0
このキャストを見て自分たちの世代でワクワクしない人はいないのでは!!
ってことで、映画館行きたかったけど見逃してた作品をようやく観れた🎞 .
.
一匹の猫が繋いでくれた2人の若者が、ひょんな事から事件に巻き込まれていくストーリー🐈
お互い最初は嫌い合ってたのに、飼い猫の名前で呼び合う2人の距離が少しずつ近づいていく感じが好きだったな!
.
若い頃の窪塚洋介の作品しか見たことなかったけど、大人になった彼の雰囲気や演技力には改めて惚れ惚れ♡
というか、この作品に彼の演技力以外に見応えが感じられないというべきであろうか、、、、、ストーリーと脚本がビックリするほどつまらなかったのである!!笑笑笑
次がわかってしまう話の流れや、大した演技でもないシーンを長々とやる、これはただの監督の自己陶酔映画なのでは?と疑問がとまらなかった🤧
.
"KJと窪塚洋介のWキャスト"が
最高の沸点で
この沸点に興味がない人にはオススメ出来ない映画かもしれない🤔(あくまで個人的感想なのであしからず)
Furuhata

Furuhataの感想・評価

3.3
キャラ設定がシーンによって一貫性がなく、脚本もまあまあはちゃめちゃ。セリフやのどかなシーンは様になっているが、話が動き出すと急にリアリティが薄れる。ただだだ窪塚がカッコいい映画。降谷建志もなかなか良かった。
ペティ

ペティの感想・評価

3.6
窪塚洋介さん元ボクシングの選手という役のせいかとても細かった。でも最近インスタで見た時マッチョになってたので安心しました✨
品川祐さん奇妙な感じの演技がよかったです。怖かった💨 彼はなんでもできちゃうのね✨

このレビューはネタバレを含みます

冴子を助け東京から逃げ出した車の中、マルは負った傷で死の淵にいた。死にたくないわと言うマルを冴子は膝に抱えて泣く。リリーは車を飛ばした。
自分たちの街に帰ってきた3人。リリーは車で冴子をハヤトの元に送り届ける。
マルは退院してアパートに戻った。少し開いたベランダの窓から、猫のマル(リリー)も帰って来た。マルはいつものキャットフードを与えマルを抱きかかえる。
さら

さらの感想・評価

4.0
雰囲気ずっとカッコいい。
車の中のシーンが何回も出てくるけどその雰囲気が好き。
時々でてくるコーラとタバコも好き。
2人の会話のトーンも好き。
でも女性の役が観てて辛くて悲しくなった。だから私も男に生まれたかったと思う映画でした。
最終的にはずっと窪塚洋介がかっこよかったです。
>|