アリーキャットの作品情報・感想・評価

アリーキャット2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

主人公の朝秀晃(通称:マル)は元・ボクシングの東洋チャピンオン。試合中の頭の怪我で、引退に追い込まれ、今は頭の後遺症に悩みながらもひっそり警備会社のアルバイトをしている。唯一、心を通わせていた野良猫の失踪をきっかけに自動車の整備工場で働く、梅津郁巳(通称:リリィ)に出会う。個人的な理由によりシングルマザーの女にボディーガードのアルバイトを頼まれた秀晃。女をストーカーする男を殴ってしまい、一緒に行…

主人公の朝秀晃(通称:マル)は元・ボクシングの東洋チャピンオン。試合中の頭の怪我で、引退に追い込まれ、今は頭の後遺症に悩みながらもひっそり警備会社のアルバイトをしている。唯一、心を通わせていた野良猫の失踪をきっかけに自動車の整備工場で働く、梅津郁巳(通称:リリィ)に出会う。個人的な理由によりシングルマザーの女にボディーガードのアルバイトを頼まれた秀晃。女をストーカーする男を殴ってしまい、一緒に行動することになった郁巳と共に、女を守るため東京へ向かうが・・・。

「アリーキャット」に投稿された感想・評価

101miss

101missの感想・評価

3.0
猫絡みで知り合った男2人が困ってる美女のためにヤクザ相手に戦う。ベタだけど、窪塚洋介と降谷くんの掛け合いが、まほろ駅前っぽくていい感じでした。
品川のストーカー役が気色悪すぎて、本作を思いっきり盛り上げた。きっと今までで一番の演技力だったのでは⁉︎

バイオレンスだけど、猫好きの2人ってのがおかしかった!笑
Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

3.5
窪塚洋介扮する、ボクシングの
後遺症から目標もなく生きる
どうしようもない感じはハマり役だった。
KJも、キムタクのような演技だったけど
ええ感じに馴染んでいってたな。
IWGPやGO、gratful days、学生の頃
カリスマだった2人の共演は
心おどるものだった!
おしゃべりクソ野郎の狂気っぷりが
笑えんくらいの凄みでした。
Sugarcubes

Sugarcubesの感想・評価

2.0
窪塚洋介と降谷建志だけを観て楽しむ作品だったかな…
内容はとても薄い。
jun

junの感想・評価

3.5
カリスマ二人がかっこいいんだけど、役者の話題性でもってるかなぁ
ストーリーより2人のかっこよさしか観てなかった気がする
じゅんP

じゅんPの感想・評価

2.2
野良猫たちのonce again、もしくはsucker(猫)punch、そういった向きの話でこのキャストなので大好物だと思ったのですが、演技が上手い人もそうでもない人も総じて下手に見える演技演出に、都合で縫い合わせた現実味の薄いエピソード。大金も暴力も権力も愛憎も必然性をもって話に馴染んでいないのでとても薄く軽く映りました。

そんな劣悪な環境でも垣間見える主演三人(と火野正平)の魅力に深く依存していて、その意味ではたとえ元ボクサー設定だろうと窪塚洋介に跳び蹴りさせるという選択なんかは圧倒的に正しいのだけど…。
鮎眠

鮎眠の感想・評価

3.5
おもしろいかおもしろくないかで言えばおもしろいけど好きか嫌いかでいえば大嫌い おんながむかつくしおんなへの扱いがむかつく キャスティングはうまい ふたりは猫みたい
こい

こいの感想・評価

3.0
00年代の映画という感じで少しシナリオに良い意味での古くささも感じつつ、主演二人の魅力もあいまって楽しめました。ただ、割とベタなストーリーの割には最後のところの爽快感に欠けたかなと思います。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
窪塚洋介と降谷建志につられて。
当たりだった
一般受けは怪しいけどもっと色んな劇場で公開してほしかった。
「キャメロンディアスが股開いてても市原悦子口説く男だぜ」と、
「たまんねえな一生の決断はいつも一瞬だぜ」が好き。

由依ちゃんえろ可愛い。
品川がホワイトカラーのストーカーやってるの笑う
Dragon Ashのホットケーキって曲でkjがアホっぽい声で喋るところがあるんだかど、そのまんまの感じが見れたってところが○。
映画としては、観て損はないけど、って感じ。
AL

ALの感想・評価

3.5
窪塚好きならみて間違いなし!
ストーリーとかはどうでもいい、
ただただ懐かしく、かっこいい!


一生の選択はいつも一瞬だ
>|