アリーキャットの作品情報・感想・評価

アリーキャット2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

主人公の朝秀晃(通称:マル)は元・ボクシングの東洋チャピンオン。試合中の頭の怪我で、引退に追い込まれ、今は頭の後遺症に悩みながらもひっそり警備会社のアルバイトをしている。唯一、心を通わせていた野良猫の失踪をきっかけに自動車の整備工場で働く、梅津郁巳(通称:リリィ)に出会う。個人的な理由によりシングルマザーの女にボディーガードのアルバイトを頼まれた秀晃。女をストーカーする男を殴ってしまい、一緒に行…

主人公の朝秀晃(通称:マル)は元・ボクシングの東洋チャピンオン。試合中の頭の怪我で、引退に追い込まれ、今は頭の後遺症に悩みながらもひっそり警備会社のアルバイトをしている。唯一、心を通わせていた野良猫の失踪をきっかけに自動車の整備工場で働く、梅津郁巳(通称:リリィ)に出会う。個人的な理由によりシングルマザーの女にボディーガードのアルバイトを頼まれた秀晃。女をストーカーする男を殴ってしまい、一緒に行動することになった郁巳と共に、女を守るため東京へ向かうが・・・。

「アリーキャット」に投稿された感想・評価

こい

こいの感想・評価

3.0
00年代の映画という感じで少しシナリオに良い意味での古くささも感じつつ、主演二人の魅力もあいまって楽しめました。ただ、割とベタなストーリーの割には最後のところの爽快感に欠けたかなと思います。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
窪塚洋介と降谷建志につられて。
当たりだった
一般受けは怪しいけどもっと色んな劇場で公開してほしかった。
「キャメロンディアスが股開いてても市原悦子口説く男だぜ」と、
「たまんねえな一生の決断はいつも一瞬だぜ」が好き。

由依ちゃんえろ可愛い。
品川がホワイトカラーのストーカーやってるの笑う
Dragon Ashのホットケーキって曲でkjがアホっぽい声で喋るところがあるんだかど、そのまんまの感じが見れたってところが○。
映画としては、観て損はないけど、って感じ。
AL

ALの感想・評価

3.5
窪塚好きならみて間違いなし!
ストーリーとかはどうでもいい、
ただただ懐かしく、かっこいい!


一生の選択はいつも一瞬だ
ひろと

ひろとの感想・評価

3.8
個人的にめちゃくちゃ嫌いなシーンだらけで、終始ありえないくらい胸糞悪い。
初夏に観てるのに嫌な鳥肌が凄かった。
途中、演技なのかわからなくなるくらいにしんどいシーンの連続だった。

猫の魂とサエコを被せてるのかなって。
窪塚洋介見たさで見たけどリリーもすごい好きだった。

途中、IWGPのマコトとマルがなんか重なったんだけど、もがき苦しむ感じがマコトとマルとで似て非なる存在だと思った。
カリスマキングも好きだけど、負け組マルもすごい好き。

ありえないくらいの胸糞シーンのてんこ盛りだけど、その合間にあるつかの間の暖かなシーン、男同士のあの特有の会話とかが好きだった。
決してカッコよくなんか無いけど勝ちに行こうとするのがほんとにかっこいい。
人生を決める選択はいつも一瞬。
あとグロリアとコーラが最高。
PnC

PnCの感想・評価

2.8
降谷建志が演技?そして実はIWGP以外の窪塚を沢山観て来たわけではないけど懐かしくなってどれほど当時と違うか等、要は暇つぶし程度に観た(笑)
その程度の映画です
降谷建志カッケー窪塚洋介カッケーとかって感じの人が観ればいいと思う
nN

nNの感想・評価

4.0
キャスト発表されたときから窪塚洋介の横は井浦新じゃないと😠‼️‼️‼️という過激派だったんだけど…降谷さん…すごくハマっていた…しかも演技初挑戦?と見たような!
そして窪塚洋介は相変わらずスタイル良いしカッコいい。
窪塚洋介のバディもの大好きなのもあるけど、いや、それが大半だけど、129分(私にとっては長め)あっという間に見れた。

クールなマルとお茶目なだけでなく実は頭のキレるリリーの闇社会見学ツアー
マルは過去が描かれていてどういう信念のもとで動いていたかがわかったけどリリーは特にどういう人物かもわからず、ふらっとついて来てるようにも思えてラストもそのまま誰にも迷惑かけずいなくなってしまう、まるでアリーキャット
だから実は主役はリリーなんじゃないかと思った

品川さんの気持ちの悪いストーカーみがすごい。
ナグモさんのSPの車のナンバーが8893で笑った

エンディングはDragon Ashのバンドサウンドがいい感じに流れるのかなーと思ってたけど違った!
懐かしの窪塚洋介の演技

ゆったりとしたリズムの映画


中身というか、過激なシーンの連発なんで
そこ苦手って方にはオススメしません!

けど、窪塚の演技が好きな方には
超オススメ!!!

過去なんて所詮過去であって

人生はいつでもスタートできる!

そう感じさせてくれる映画かな!



リリーとマルのコンビがオモロイ!
切身

切身の感想・評価

3.1
俳優で持ってる映画の最たる例。
私もその1人なのだが、降谷×窪塚でなければ見向きもしなかったやつ。
内容がついていかないというか、頭に入らなかった。
窪塚の吐く台詞にしか目?耳?がいかない…。
なる

なるの感想・評価

-
品川はずっと怖い
市川はずっと可愛い
窪塚はずっと窪塚
Dragon Ashの人の演技が好きやった
んで瓶コーラ飲みたくなるよな
>|