東南角部屋二階の女の作品情報・感想・評価

「東南角部屋二階の女」に投稿された感想・評価

68

68の感想・評価

3.2
しっかりしてる大人とは言えない3人。
他人に委ねるからどうすべきか分からなくなってるのかな。
竹花梓さんの演技がこれからも見たかったな。
こういうのならいくらでも見られる。進歩が無いようで複雑な気持ち。
でも久々に見たら前より良かった。でも所々台詞がちょっと強い。この間まで住んでた木造畳の築45年のアパートがちょっと恋しい。
タジ

タジの感想・評価

3.4
レトロな昭和な雰囲気でゆっくりした時間が流れる『東南角部屋二階の女』を鑑賞‼️セピア色な8mmのビデオカメラで撮られた映像は、すごく雰囲気が合っていました😊
西島秀俊、加瀬亮、竹花 梓の3人の立ち位置がちょうど良く、見合いから始まり会社を退社して、それぞれ同じアパートに住むことになる話ですが、のんびりした空気が流れる優しい映画でした📹
好きなシーンは、部屋の押入れのすき間に、願いごとが叶う穴があり、そこに願い事を書いた紙を入れるシーンですね‼️温かさが伝わりました🤗
frOm

frOmの感想・評価

2.8
加瀬亮ってことで見たけどとても静かで緩くて一回目途中で寝ちゃいました
レトロな感じは良い
今時珍しく8ミリで撮られていて、すごい昭和感がするけど登場人物たちはケータイで話していて、このギャップがいい。話も音楽もゆったりとしていて、特に事件が起きるわけでもないけど何か心地よい。夜中向けの映画、そんな感じ。
アルビ

アルビの感想・評価

2.0
静かなストーリーを、動きのない画で撮る。
上手くハマれば良作だけど、たいていの映画は単調になってしまう。
この映画はただ時間が静かに過ぎただけだった。

物語に激しい起伏なんてなくていい。
音が大きければいいわけじゃない。
人の死も、涙も、恋愛もなくていい。
ただ「映画」である必要性はほしかった。
maro

maroの感想・評価

-
淡々としてるけど、ほんわかする。私もこのアパートの住民になりたい。
そして何より加瀬さんが最高。くすんだ桃色のセーターを着たマッシュの加瀬さん。素晴らしい。、
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.0
変化やきっかけって、日常の中になんとなしに入ってくると思う。

劇的にとかじゃなくて、淡々と。

でもきっと、変化する。
yume

yumeの感想・評価

2.0
「東南角部屋にも西日が射すんだね」
観たばっかりなのに内容はほとんど覚えていない
若かりし頃の西島秀俊、加瀬亮、良い
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
my映画館2009#5> いわゆる"逃げ"を考えてる3人と、地に足を着けて生きて来た3人・・・このトライアングルの絡み方が絶妙で、あの居酒屋に通うおっちゃんが実に効いている(笑)
まぁ、迷える3人の成長が見所って言えば、そうなのだが・・・独特の味わい深さで、ある意味古くて新しいのかなぁ。
そう、スタンダード・サイズで、あえてざらつかせた画質は昭和的で、こだわりのカットがちらほらあって、なかなかでした。
西島秀俊と加瀬亮が流石の芸達者ぶりで、竹花梓も頑張ってたし、塩見三省がいい味出してました。
>|