メガマインドの作品情報・感想・評価・動画配信

「メガマインド」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

コブンギョ
メトロマン銅板に弱い死んだふり
変身装置腕時計
メトロマンのエキスの銃
デブタイタン
ミュージックマン
タイタン街を破壊
新ヒーローメガマインド
niwajun

niwajunの感想・評価

3.8
埋もれるのはもったいない良作❗️
ラストシーンから始まりセオリーを外し続ける怒濤のストーリーはジェットコースターさながら!きれいに伏線も回収するエンタメ良作です!私的な見解では出てくる人物全員悪人なアウトレイジ作品です。「誰がワルなのか?」ってラストのセリフが象徴してます。

また、2010年前後のアメリカ社会への痛烈な批判が描かれているのではないかと感じます。バットマンビギンズ、ジョーカー、などなど好きな方必見。









考察によりネタバレ注意!




以下見方によっては全員悪人。誰がアメリカをこんな風にしたの?ってメッセージかな?

メトロマン→古き良き強いアメリカの象徴。世界の警察アメリカも疲れたか。はたまた強きアメリカに投票してきた市民の精神、経済的な疲れの象徴か。結局助けにこない所、「強いアメリカは戻ってこない」なんて言うメッセージを感じました。また、幼少期の鼻にかけた意地悪な態度がメガマインドを作ったところを見ると諸悪の根源。



メガマインド→
貧困層や有色人種のメタファーかな?オバマのスローガンとセットで映る姿を観ると新しいアメリカかな?正義と張り合う内に役割としての悪となる。悪が正義を必要として悪を作ってしまう…
最後皆んなに新しい街の救世主として祭られるが愚集政治ですねえ

リポーターの子→
メディア、市民のメタファー。
流石にコロコロ意見が変わりすぎかなあ…リーダーが変わると掌返しを簡単にしちゃう流されやすい人。服のデザインや色が作中最も変わり心情が反映されていると思われるのでその辺必見!


タイタン→
この方は市民かなあ?怖すぎです笑
強大な力に比べ感受性、オツムは0。
テロリストになっちゃう米国市民か、イラク戦争を支持して自分が強くなった気でいる人かはたまた、モラルなき力を振りかざすアメリカか…非常に怖いキャラクターでした。

最後の歌の歌詞は「who is bad?」誰がワル?って事で全員ワルってのが映画のメッセージと感じました。
考察通りならかなり当時の政府に批判的なんで日本でも敬遠されたかな?
でもきれいにエンタメしてる良作です★
アニメ映画特有の後半の展開が怒涛でアツいパターン!好き!!善も悪もTPOじゃんってメッセージがポップでいいね!全然マイナーやけどワンチャンシュレックよりおもろい まじでドリームワークスはディズニーととことん逆をゆくしどっちも大好き みんないつかのタイミングで大きな決断をする時があるんかも
でも女キャラの描き方が古典的すぎてそこは胸糞 全体的にはすごく面白かったです
ばくち

ばくちの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ただひたすらにいい映画。
嫌われ者が奮闘するってだけでもうグッときてしまいます。
設定は変わってるけど内容自体は王道。
終盤なんて主人公のMegamindがかっこよすぎて泣きそうになる。
いま(2020年1月31日時点)いちばん好きな映画です。
Maru

Maruの感想・評価

4.3
ちゃんと面白いのに、日本では未公開でDVDスルーもされてないから、見るのが難しいのがホントにもったいない😂

アメコミ映画のオマージュと曲のチョイスがただただ最高
いっぬ

いっぬの感想・評価

4.6
宿敵だったヒーローを倒してしまった悪党メガマインドがヒーローを倒してしまった後の虚無感から「新しいヒーローを造って自分のライバルにしよう」と新ヒーローを産み出すが正義のために動かず悪事を働き出し悪党であるはずのメガマインドが悪事働く新ヒーローを倒そうとするお話です。

メガマインドの目がめちゃくちゃ綺麗w
凄い面白いのに何故話題にならなかったんだろうか?
メガマインドの動きが可愛い足小さい
sena

senaの感想・評価

3.6
悪を生み出すのは周りの人たちや世間かもしれないね〜
メガマインドが生まれる背景はジョーカーに通ずるものがある
ちょめ

ちょめの感想・評価

3.6
さすがドリームワークス
大人でも楽しめる作品
悪役もヒーローも大変だよね

メガマインドの優しい気持ちがどんどん悪に染まってくのはちょっと悲しいけど、むしろ吹っ切って悪役になるのは面白かった
女の子は常に巻き込まれててほんとに可哀想(笑)
potatma

potatmaの感想・評価

3.9
置かれた環境の影響って大きいよねー

ヒーローも悪役も大変だ。

前半は
不憫でならないなー、くそー!
と思ってたけど、

後半から
そうだったんだw
そうだよねw
と面白い展開だった。

人間味があって良かった。

一番、ブラピが声優してることに驚いた。
じう

じうの感想・評価

3.9
悪役が、ヒーローを殺して しまった。

もう繰り返されることのない勧善懲悪。バイバイキンに、やな感じー。

憎めない悪役(主人公)は、新たなライバルを求める。

「今の僕はヒーロー抜きの悪党、陽のない陰。闘牛抜きの闘牛士だ、張り合いを失ってる」 

…、ヒーローさ、こいつ嫌な奴じゃん?(*'▽')ドンキーコングのシーン笑 懐かしい。 
>|