メガマインドの作品情報・感想・評価

「メガマインド」に投稿された感想・評価

ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.5
期待していなかったけど、流石ドリームワークス完成度高い!面白かった
shu

shuの感想・評価

4.5
素晴らしい!
子供向けのアニメかと思って敬遠してましたが観て良かった!
クライマックスのガンズの曲でのバトルはカッコ良かったー‼️
ストーリーも完璧!
トム・マクグラス監督は天才。
『マダガスカル』のノリの良さと『ボスベイビー』の善悪を綺麗に足して2で割った秀作。そして何よりもドリームワークスの超名作『ヒックとドラゴン』に匹敵する作品であること。

英雄に焦点を当てるのではなく、悪党に焦点を当てる。だからこそ浮き出てくる善悪の考え方がかなり深い。自分のアイデンティティを確立して生きるとは…。

OPのシーンも好きだし、何より音楽の良さ。本当に全て良かったけどやっぱりラストの『BAD』かな。
airin

airinの感想・評価

3.9
意外と知られてなくてびっくり。無名だけど新しくて良いヒーロー映画。ブラピが声優やってたなんて知らなかった!
kit

kitの感想・評価

3.7
話や設定自体が面白かったし
ヒーロー、ヴィラン、ヒーロー作品そのものを皮肉っていてそれも面白い!

吹き替えも良かったが、ブラピやジョナヒルが声を当てた字幕版も観たい

劇場公開どころかDVD化もされていないのがもったいな過ぎる
ずっと見たかったがネトフリでやっと見れた…!
Q:ヒーローを倒してしまったヴィランはどうするのか?
A:新しいヒーローを作ります!闘う相手が居てなんぼ!しかしこの新ヒーロー、完全に人選ミスである。根は良いやつの典型的悪役メガマインド、果たしてどうする?
IKe

IKeの感想・評価

3.8
アメリカアニメの勧善懲悪な設定を、
皮肉った感じで面白かった。
幼少期の孤独と劣等感から悪の道に行くしかなかった異星人天才科学者メガマインドが、愛を知り、人を育て、失敗し、元々持っていた性根の正義の心に気づくことで、ヒーローとなって行く誕生譚。

海外の子供向けアニメの絵柄でシンプルなシナリオだが、ヒーロー物へのメタ的要素や、ブラックジョークにも溢れているので、大人にもオススメしたい映画。

ガーディアンズオブギャラクシーみたいに往年の名曲を劇中歌に使っているのも相まって最後まで楽しく見ることが出来た。

知名度の割にはしっかり面白いので、休日に何となく映画を見るときに是非オススメしたい。
 ガンガンに皮肉が聞いてて、ある意味ですごくシリアスで、でもそんな話を子供が観てもいいギリギリの倫理観で仕上げているスレスレ感が最高だった。ノーラン映画やザック映画みたいなわけのわからない陰湿なトーンではなく、ごく普通の健全なアンパンマンみたいな世界観のまま、ヒーローの死とか、世論の思考停止した無責任さを正面から描く感じ。ヒックとドラゴンもだけど、この頃のドリームワークスアニメは本当に神の仕事をしている。
 人間、アイデンティティは自分の経験などで自発的に形成されていくとつい思いがちだけれど、実際のところはほとんど環境次第、他者あってこそだということをヒーロー対悪者の構図だけでなく、いろんな人間関係(恋愛関係、師弟関係など)から描くという神みたいな脚本。その準備を経た上でのクライマックスでの主人公のアイデンティティの変化の奇跡性!!久しぶりにこんなに鳥肌立ったなっていうぐらい興奮した。
 摩天楼でビュンビュン飛ぶシーンなんかもサム・ライミ版スパイダーマンっぽいぎゅいんぎゅいん感があって本当に最高だし、ジョナ・ヒルが声優やってるキャラは、吹替で観たにも関わらず「ジョナ・ヒルやん!!」と思うほどジョナ・ヒルだった。本当に良いものを観させて頂きました。Huluさん、ありがとうございます。
TSUKASA

TSUKASAの感想・評価

1.6
悪役がヒーローを失い、ヒーローを自ら作り上げるが「正義とは」という矛盾を描いた映画。単純だが深いメッセージ性も感じた。
>|