シュレックの作品情報・感想・評価

シュレック2001年製作の映画)

SHREK

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.4

「シュレック」に投稿された感想・評価

kiyora

kiyoraの感想・評価

3.3
お姫様の歌声で小鳥が爆発して、次のシーンで小鳥の卵を目玉焼きにして食べてたのが怖かった
seira

seiraの感想・評価

3.3
家族で楽しめる作品。
あと、ディズニーへの当てつけというか皮肉がすごい(笑)
ディズニーの様な品の良い作品というより、ドリームワークスらしい不快じゃない品の無さが楽しめる。
浜ちゃんの関西弁が濃すぎてますが、
その思い切ったキャスティングには拍手です。

ストーリーもよかったです。


「見た目だけじゃな、物事の奥の深さはわからん」
っていうセリフが好きです。


製作:2001年(米)
当時親と兄弟で見に行ったな😂内容忘れたけどシュレックの皮膚感だけはすごい覚えてるw
ShunSuzuki

ShunSuzukiの感想・評価

3.2
気楽に見れるハッピー映画!
とりあえずちょいちょい汚い笑

シュレックの声を浜ちゃんが吹替したと聞いてところどころ吹替で観てみたけど、浜ちゃんどうこうというよりドンキー役の山寺宏一さんにめちゃめちゃ驚いた。エディマーフィの声の再現率高すぎ……
slow

slowの感想・評価

5.0
「うえっ…あんなところに
住むヤツの顔が見たいぜ…」
「おまえの隣におるけど」
ーーーーーーーーーーーー
オープニングで心を
鷲掴みにする最高の映画‼

洋楽の選曲や
曲をかけるタイミングも
『ガーディアンズオブギャラクシー』
『キックアス』と非常に似てて
「ありのままの~♪」や
差別問題を説いた
『ズートピア』等の
近年大ヒットする洋画の要素を
先取りしたような作品♪

どんなものにも
"万人向け"があり、
"マニアック"なものが存在する。
賑わう場所が
好きな人もいれば、
そこに居心地の悪さを
感じる人もいる……。

この作品は
綺麗事だらけのアニメ映画に
ゲップを一発かますかのごとく
汚く自己中で
他人と関わるのが嫌いな男と
醜さを隠してきたヒロインを
主人公にしてるから面白い!

本作観て知ったのは
"見える正しさ"なんてのは
よく見てみると
間違いだらけで
真実の正しさは1つじゃなく、
別の道もあるんだと…
コナンは間違ってるんダ!m9(°Д°)

悪者扱いされる側にも
魅力はあるし、
清く正しい人にも
醜い所はあるのに
差別される側の人間が
差別する皮肉さ、
みんなと同じレールを歩かず
わが道を行くシュレックに
みんなと同じ高校には行かず
定時制に通う事にした私には
"生き方は1つではない"
"他の道もあるんだ!"と
この作品に慰められた。

外国アニメ映画お約束の
ミュージカル劇や
ハッピーエンドの茶番さえ
皮肉に描くから、
説教臭くないし
肩の力を抜く笑いが最高にすき。

飾らない個性を大事にする事を
キャラや作風、童話の世界観に
メッセージとして落とし込むとは…
ドリームワークスはすげえや…。
yonesan

yonesanの感想・評価

3.5
 お姫様は高い塔に閉じ込められ、王子様を待っていました……。いや、そんなのよくありすぎ!ドリームワークスが送るとっても「醜い」おとぎ話。
 大人気のアニメ映画シリーズ第一作目。簡潔ながら魅力的なキャラクターとヨーロッパ系のおとぎの住人たちが暮らすちょっと人っぽい?世界を表現したストーリーです。今後のシリーズ運びの足がかりとなるので、ぜひ続けてシリーズを見てもらいたいです。挿入歌は誰でも聞いたことのある曲も多いので楽しめます。
あだち

あだちの感想・評価

3.1
この吹き替えはダメだろ。浜ちゃんでしかないやん。笑

なんとか卿はイケメンにしといた方がメッセージ的にも際立つんじゃないでしょうか。

とは言え、美醜を取り扱った映画の中ではめずらしく納得の結末。
浜ちゃんの吹き替えがどハマり

山寺さんはもはや芸人ではない
まだ

まだの感想・評価

3.0
自分の恐ろしい容姿にコンプレックスを抱えた、人間嫌いの怪物の主人公から逆に漂う人間臭さが印象的でした。そりゃあ、あれだけ周りから怖がられ敵としてみなされたら、自信も無くしますし、人間嫌いになるのは分かりますね。

他にもコンプレックスを抱えている人が出てきます。短足な王様とか、姫とか。それぞれがそれぞれの形で隠しているのが面白かったです。

私の場合は、自分のコンプレックスを脅かす人との付き合いは避けがちなので、不快を自ら避けるシュレックタイプかなぁとか思ってました。
>|