スモールフットの作品情報・感想・評価

「スモールフット」に投稿された感想・評価

みーる

みーるの感想・評価

4.0
ただただ可愛いアニメかと思いきや異種共存がテーマで深い良いお話だった。
チャニング・テイタム、ゼンデイヤ、ジェームズ・コーデンという、歌の上手いキャスト集めたんだから、もう少し歌のシーンが多ければもっと良かったのにな〜
まなか

まなかの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

社会派だし本当に見てよかった!
なぜあまり注目されていないのだろう。
序盤『洗脳されてる宗教みたい』
中盤『だよね知らないほうが幸せだよね』と気持ちが変わるなんて珍しかった。
過去のイエティと人間との関係が綺麗事で片付けることは出来なかったし、関係ないと思うシーンが中盤から伏線回収だったりミュージカルとしても最高。
時として好奇心は恐怖に勝るよね‥‥。
無知は幸せ、そうだよね‥‥。
Yopico

Yopicoの感想・評価

3.0
海外映画館で見た最後の映画かな??

全然内容印象残ってなくて、内容書けない www
とりあえず記録
イエティー(雪男)の世界。彼らは人間を恐れており、見つからないところに住んでいる。しかし好奇心旺盛なイエティーのmigoは山を降りてしまう!イエティー目線での人間との遭遇。
【good】
・歌カッコいいしノリノリで楽しい
・話、設定しっかりで全く飽きない
・イエティー目線、人間目線、との対比が面白い
・テンポ良く、吹替も違和感なし♪
【bad】
・もっと見たい〜!2あればいいなぁ
■感想・ネタバレ
アニメだから子供向けでつまらないかな〜?と思ったけど、評価高いから見たら「めっちゃ面白い〜♪」
あちらでは人間の事を「small foot👣」と呼んで、山で足跡を見つけては大騒ぎになるような珍しい生き物に思われている設定。
もしイエティーが実在すりならあり得そうな話で、リアリティある心理描写が好きだった!
イエティーの世界を見て、「他の動物も人間に襲われるから怖い」って、同じように感じてたりして!とか思った。

✈️余談
モスクワ行きの飛行機で機内鑑賞でした♡
ロシア人のCAさん、みんなブロンドだし
おおお!お人形さんみたい〜!!ってくらい可愛い人揃いだった!♡

あと、エコノミーで初めて機内食が美味しいと感じた♡基本的にエコノミーの食事は美味しいとかじゃなく胃に入れましょうみたいなイメージ。なので大抵は美味しいものを買って乗る。(約10時間飛行機の中にいたらストレス溜まるからビジネスじゃない時はせめて食事くらいは美味しいもの食べたい😭!)
因みに今日の機内食メニューは…
お寿司と魚のあんかけ、クリームパスタ。普通にその辺のランチメニューにしても大丈夫な機内食の味👅だった✨
それにしても10時間半のエコノミーは肩腰にくる😂今回超絶寝不足な体調で乗ったのに痛くて寝るに寝れない笑

・AEROFLOT Russian Airlines 🇷🇺✈️
dadadany

dadadanyの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます



・鐘鳴らし
・カタツムリ
・ベストソングはストーンキーパーのラップ
熊

熊の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

とんでもねえメッセージ含んでた
自分の仕事で雲を作り出していたってやば展開
みなよく考えもせずに疑いもなく社会の歯車として働いているのってやばいな
地動説を元にしてるんだろうけど
常識やステレオタイプに乗っかって生活するのって普通だし、歴史が間違ってるなんて考えもしない
既存の価値観にのっかてるのってすごく楽
それを変化させるのはすごく大変
でも自分の目で見て新しいことを学んだり、知らなかった自分の世界を発見することって素晴らしい
みぽち

みぽちの感想・評価

3.6
劇場逃して後悔したので観れてよかった😍♡わりと深刻な過去なのにラップ調で説明するのがシュールでツボだった🤤👏
ナイルのソロ歌も素敵〜☺️💖テイタム声優もいけるのね♡
Erigeron

Erigeronの感想・評価

3.8
こども向けミュージカルと思いきやよくできた話でとてもよかった!
石とかカタツムリとかなんかいちいちモチーフの使い方が良い〜
あとラップがスーパークール
カラフルな雪や氷が綺麗で印象的
アナ雪思い出す
疑問を押さえつけて現状維持、嘘でみんなを守る気持ちもわかる
ヒマラヤの麓のバックパッカーストリート的なとこがなんか現代的に変でおもろかった

無知だった頃が恋しい
JIZE

JIZEの感想・評価

3.6
賛:過酷で険しい極寒の地を舞台に異人種間の交流をユーモラスに描いている。邦題のスモールフットは直訳で"人間"だがまさに異文化圏の視点を抽出して相互理解を唱えるメッセージ性が染み込んでいる。雪国特有の真っ白な世界観描写とイエティと人間たちの追いつ追われつなシニカルの構図は観てて楽しい。人間とモンスターが所属する心理(視点)を相対化させ見た目で判断できない重要性を唱えている。

否:イエティ種族のビジュアルデザインに癖が感じられミュージカル描写は違和感ないが普通の会話劇や彼らが戯れ合う様は観てて慣れるまでにやや時間がかかるかもしれない。また作品の後半,あれだけ家の天井をつたって無数の重量級のイエティたちが軽はずみに移動しまくってる様もシーンそのものは普通にやり遂げてて破壊活動を擁護しているように感じてしまった。この映画内で人間パートが割とポンコツ的で滑稽に描かれてるのも何かの警鐘かも。

真冬である今の時期にピッタシの長編アニメ映画に思う。前半は娯楽的なミュージカルを織り込み超軽い作風だったが後半から徐々にイエティ側の文化(起源)の黒歴史を乗り越え自分たちなりに前向きに行動を実行する部分に確固たるオリジナル性が秘められていたように感じました。実在しないとされる"スモールフット(人間)"を探す単調なアドベンチャー映画だが裏側には反戦を抑止する現代的な厚さがイエティ部族に擬態させ描かれていたような気がした。
ミサギ

ミサギの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

マイナーそうな映画にマモがいて歌っているという驚き。名声を引き換えにイエティを守る漢。
真実を知るのは怖いけど、嘘の世界よりはマシだ。
純然たる暇つぶしで見たのに意外と面白かったw
>|