レイン・オブ・ザ・スーパーメンの作品情報・感想・評価・動画配信

「レイン・オブ・ザ・スーパーメン」に投稿された感想・評価

ドゥームズデイとの闘いによって死んでしまったスーパーマン、その後を継ぐべくあらゆるスーパーマンが一堂に会するスーパーマン版スパイダーバースのような多種多様なスーパーマンが暴れ回る!

DCアニメ映画は一定の面白さがあるけど本作も一定の面白さがあるスーパーマン主役映画

ガッツリDCアニメは追ってるわけじゃないけどある程度のコミックにおけるスーパーマンの重大イベントを知識に入れておくとストーリーが把握しやすいと思う

本作に出てくるスーパーマンはまるでスパイダーバースのようにあらゆるスーパーマンが出てくるんだけど

スーパーボーイ 
スーパーマンとレックスルーサーのDNAを融合して誕生したクローン

サイボーグスーパーマン
半分がメタル化したケーブルみたいなスーパーマン、記憶も半分消えてる

メタルスーパーマン
アイアンマンのように人の手で作り上げたメタルアーマースーパーマン

エラディケーション
謎の多いサングラススーパーマン

きっとあなたの推しも見つかるスーパーマンのバーゲンセールで俺の推しはメタルスーパーマン、誰でも装着できるという男の子は憧れるギミックとMCU初期のアイアンマンのような着脱シーンがときめいた。
ムジョルニアチックなハンマーを使うのもソーとアイアンマンとスーパーマンを合体させた感じが最高

スーパーマン亡き後真の後継者は誰なのかと第二のスーパーマンが争うのだけどもそこにはいつものレックスルーサーやダークサイドの陰謀が絡んでいてそれに対抗すべき力を合わせて倒すぞ!っていうストーリーはいつものアメコミって感じだから無難な面白さ

スーパーマンがいない世界で人々は何を思うのかとジャスティスリーグのスーパーマンを彷彿とさせる展開があったり(DCEUジャスティスリーグよりも遥かにイイ)
程よいアツみがある

DCアニメ映画だとロイスレインはかなりセクシー路線キャラなのか
出番はそんなにないけどジャスティスリーグが大統領の護衛するシーンの掛け合いは結構好き、あのバッツがジョークを飛ばしてる

アメコミ好き
スーパーマン好きはもちろん
スパイダーバースが好きな人にもおすすめ
レア物スーパーマンばっかだしスーパーマンがたくさんいるだけでなんか得した気分になれるから良いね
確かバットマンとグリーンランタンの一瞬のやりとりをみたいがためにみた気がするんだけど、ちょっと内容はむずかしかったのかあんまり覚えてない。
DVDの到着に何ヵ月もかかったことはよく覚えてる……海外からだしね……
あでゆ

あでゆの感想・評価

2.5
スーパーマンの死から数ヶ月後、世界は依然としてスーパーマン不在という状況に動揺していた。そんな時、メトロポリスに4人のスーパーヒーローが出現し、鋼鉄の男の生まれ変わりと称して戦いを繰り広げ始める。一心不乱なエラディケーター、自信過剰なスーパーボーイ、重金属製ハンマーを振り回すスティール、そして機械の肉体を持つサイボーグ・スーパーマン。彼らがメトロポリスを所狭しと暴れ回る一方で、ジャスティス・リーグはカル=エル亡き後の世界に対応しきれていない。もはや闇の勢力がうごめき出すのは時間の問題となる。

この作品があるからこそ、目的がなく理屈の通じないドゥームズ・デイと本作の敵が対比されていて、ようやく前作の悪役に意味が生まれるものになっていると思う。
サイボーグ・スーパーマンからは人には戦う理由があるからこそ弱みがあり、説得の中で心が揺れ動いてしまうからこそ隙が生まれてしまうのだと感じた。

各次世代スーパーマンのキャラ付けがいいのだが、いまいち活かしきれていない。自分の血に関して揺れ動くスーパーボーイなどは普遍的だが共感できるものがあり出来がいいのだが、スティールと呼ばれる実質アイアンマンやエラディケーターに関してはかなり消化不良気味。
スーパーマンの復活という一大イベントも、誰かが何かを頑張った結果というわけでもなく、いやにそっけない印象だった。
レックス・ルーサーめっちゃええやつやんけ。
わりとおもしろかったです
どのスーパーマンが敵で味方か。
グリーンランタンおもろい
アクアマン存在感なさすぎ
わりかしこのシリーズみれるかも
じゅ

じゅの感想・評価

3.3
後編。
スーパーマンが死んで、新たなスーパーマンが4人現れる。
「どうせどれかが本物なんでしょ」って思って見てたけど、その答えは思いのほか複雑だった。

やっぱりぼくは実写の方が好きなんだと実感した
セラ

セラの感想・評価

4.5
『デス・オブ・スーパーマン』の続編。セットで鑑賞するのが良いと思います。

スーパーマンの死から半年後、スーパーマンの後継者を名乗る4人のスーパーマンが現れた!

スーパーマンは神なのか?スーパーマンがスーパーマンたらしめるものとは…?を4人のスーパーマンの視点から観る様な作品です。

生まれも育ちも違う4人ですが、個人的にはどのキャラクターにもクラークケント・スーパーマンの遺伝子が通っていると思っていて…

「もし、スーパーマンが〇〇だったら…」を体現したのがこの4人だと思っています。

コミックのアメリカンエイリアンとかとは真逆のタイプの作品だと感じました。
mii

miiの感想・評価

2.5
デス・オブ・スーパマンの続編

前作に引き続きVFXなど凄いこの時代に昔風のアニメーション🚀🌏最高です🎦

今作は正直あまりジャスティス・リーグの方々は余り出てきません💪

スーパーマンの彼女が今作は特に凄い💕
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.0
「デス・オブ・スーパーマン」の続編。
スーパーマン亡き後に突如として複数のスーパーマン的な存在が現れるというお話し。

スーパーマンがアメリカ人にとってどういう存在なのかがわかる作品。
スーパーマンはその規格外の強さで地球の平和を守ってきた。

それは一見、地球の正義とその行使を全てスーパーマンに任せているような、人任せな印象がありました。

しかしスーパーマンがもたらしたのは平和だけではありません。
市民一人一人の正義を愛する心と立ち上がる力を育んだところにこそその存在の重要性があるのだと感じます。

そしてスーパーマンを始めとするヒーローたちはその圧倒的な強さのみでヒーローなのではなく、大事なのは“ヒーロー”という心のあり方。

例え力がなくても大事なものを守るという勇気こそがヒーローをヒーローたらしめる最も大切な核なのだとスーパーマンは教えてくれました。
本作はSUPER”MEN”ヽ(´▽`)/💕✨パケ写のように①ボーイ👦🏻②サイボーグ③スティール🤖④エラディケイター🕶…と4人のスーパーマンが登場します(⬅︎なんじゃこりゃww✨とは言え演出・脚本も良くほぼ全編アクション✊🏻✨変わらず軽妙な会話も💬粋ですし序盤、ロイス👩🏻&ケントの両親👨🏻‍🦳🧓🏻のシーンは涙腺に来まつ🌊

もう『カル=エルの宇宙船🚀』や『水晶の要塞💎』が登場するだけで胸アツ♨️✨カタルシスーッ🌋!!!!

🦇DCファン用の(若干コアな)アニメですが『ジャスティスリーグ』さえ知っていれば内容は理解可👌🏻✨単品でも鑑賞可ですが🎞前作『The Death Of Superman』と連作なので👯‍♂️前作も観た方がより楽しめまつ

DC Animated Movie Universe (DCAMU)の33作目📽

犯罪の被害者が、
犯罪から守ってくれなかった警察を恨んで、
犯罪を引き起こした主犯格の手下になり、
警察に復讐するみたいな話だった。

いやいや、むちゃくちゃでっせ。
>|