LEGO(R) ムービーの作品情報・感想・評価・動画配信

「LEGO(R) ムービー」に投稿された感想・評価

これ観た後はとりあえずおもちゃコーナーのレゴを見に行くのがお約束
hato

hatoの感想・評価

3.7
まさかあの「LEGO」で大スペクタクルを味わえるとは...!
観る前からわかってたはずやけど水、火、爆煙含めたほぼ全てのものがレゴでできていることに驚き。トリップシーンまでレゴて。

ラストは子ども向け展開というよりは、大人向けなテーマ性を重視した感じ?子どもにとっても大人にとっても大事なテーマであることはわかってるけど、中盤が面白すぎてね。でもそこで判明する世界観設定はあまり見ないタイプで興味深かった。神話みたいで。

映像作品史上(恐らく)最もキャラの濃いバットマンにも注目。
べりぃ

べりぃの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

マニュアル通りに動くレゴたちが型にはまらずお仕事する姿、かっこいい。自分にしかできないことをやる。むしろ、やっていい。私も型にはまらない人生を歩んでいきたい。

レゴブロックを題材としているだけあって映画でも同じテーマにするのもさすが。

山寺宏一さん、森川智之さん、沢城みゆきさんが何役もやっている。すごいなぁ。
maico

maicoの感想・評価

4.5
良い良いとは聞いていたのと、声優が我らがクリプラなのでそれ目的で観ましたがどハマりした、、、エメットのフィギュア買って会社のデスクに飾ってます。
話の組み立てが上手いし大人でも食い気味で観れるアニメです。何回でも観たい。
バットマンも出てくるので楽しい。
これ観たあとめっちゃグッズ目的で名古屋のレゴランドに行ってみたくなります。
Tomo

Tomoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

全部がレゴなので、アクションやキャラクター達の動きには他の映画とは違う見応えがあった。子どもの頃にレゴでよく遊んだので、カタログや絆創膏、接着剤などのレゴに関連する小物が登場するとテンションが上がる。これがラストの伏線になっているのも面白い。
レゴがこれまでにコラボしてきた、アメコミのキャラクターをはじめとする多くの人気者が一堂に会しているのが、ワクワクした。終盤でこれが子ども(父のコレクションで遊ぶ息子)の仕業とわかり、レゴは綺麗にディスプレイするのも良いが、基本は自由な発想で遊ぶものなのだと思った。
教訓的なストーリーではあるが、大人も楽しめるようなギャグや、最後にちゃんとオチがあるので、最後まで楽しんで見ることができた。
めめめ

めめめの感想・評価

3.5
お手本みたいな映画
パパの登場しーんちょっと悪役ぽかったけど冷静に考えたらまじで優しい
あのレゴセット買うための値段、作り上げるのにかけた時間考えて
いくら自分の子供でもあんなぐちゃぐちゃにされたらもっと怒り狂ってもおかしくないのに出ていきなさいで済ますパパ控えめに言って仏じゃん
アメリカのヒーローは1回死ななきゃ皆に心から真のヒーローだと認めてもらえない所がキリスト教の影響感じる
Kohara

Koharaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

レゴだから子供向け映画と思ったら大間違い!
すごくメッセージ性のある映画だと思った。「マニュアル通りで型にはまっているものでないとダメという大人の考え」と「インスパイアされどんどんアイデアがでてくる柔軟な子供の考え」完全否定ではなく、どちらとも大切なのかもしれない。

後半は、ハートフルで現実とレゴの世界がリンクしているのが面白かった。
一番驚いたのは、レゴでここまで迫力あるアクションシーンを取れるということ笑
レゴだからの演出かもしれないが、実写でも見てみたいシーンがいくつもあった。
RRR

RRRの感想・評価

4.0
・ブロック玩具レゴをモチーフに制作された3Dコンピューターアニメ 
世界を救う伝説のヒーローと勘違いされた平凡な青年メヌエットは
ブロックシティを支配しようとするおしごと大王と何故だか戦う羽目に…的物語
・畳みかけるお馬鹿なギャグの嵐…なのに意外とグッとくる台詞や展開、嬉しい驚きでした
・一人一人が違う個性で大事な命なんだよと言葉にしてしまうと「ふーん…」となりますが
ちっぽけな子供の玩具を通す事ですんなりと心に入って来て
手のひらサイズで受け止めきれる感じの押し付けの無さがいいなと思いました
・レゴはぶっ壊してなんぼ、全てを無にされようともそれはこの世界の在り方で
また新たに組み立てて…の繰り返し 何度でも創造出来て何にでもなれる世界 
レゴのコンセプトを生かして物語に上手い事組み込んだニクい脚本でした 面白かったです
私はレゴに育てられた覚えがないので思い入れ全くありませんでしたがレゴムービーを見てレゴに無限の可能性を感じました。
レゴすごい!映画の影響でレゴランドに行きました。
sato

satoの感想・評価

3.6
子供の頃遊んでいたレゴのキャラ達が活躍してたのが感慨深かったし、大人でもクスッとなるネタも多かったのが意外だった。
縦横無尽に展開される世界観や、想定外の組み合わせで対抗してたのが新鮮だったし、この作品のテーマの”独創的なアイディアを生み出す大切さ”の説得力を更に増していたと思う。
吉祥寺のネタ何人の人に伝わるんだろ。
>|

あなたにおすすめの記事