ソニック・ザ・ムービーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ソニック・ザ・ムービー」に投稿された感想・評価

「そんな間抜けに見えるか…?
もちろん飲みたいとも!お前のラテはうまい!!」

当時は緊急事態宣言で映画館が封鎖、新作の公開も軒並み延期になっていて、久しぶりに観れた大味ハリウッド映画が本作でした。

なので映画友達に同じく、ちょー楽しかった!!!
やっぱりこういう作品は映画館で観るに限る!!
『ランボー ラスト・ブラッド』も良かったけど、脳みそ0回転、ポップコーンパクパクで観られる作品はホント貴重で…泣

幼少期に地球に送られ、力を使うなとの教え、ゆえに孤独であり、一度発揮しようものなら悪に追われる。
…て、どこの『マン・オブ・スティール』=スーパーマンかな?笑

でも、スーパーマンが自我の目覚め、からの「多様性の尊重」と「力を持つ者の役割」を訴えていたのに対して、本作は「友情Forever!」のみの潔さで至極シンプル!

高速映像はまんまクイックシ…ゴホンッだけど、逆にそのベタさが心地よく、リングを駆使したワープ・アクションも『マイティ・ソ…安心感がありました!(優しい俺)

ソニックが1人遊び → やりたいことリストを消化していく様も微笑ましいし、人間側の主人公:ドーナツ・キングがおっさんなのも、絶妙なバディ感の醸成に一翼担っていたと思う!
水気を震えて飛ばすとモフッとなる姿も可愛い笑

けど何より、ジム・キャリーがホントよかった!
ここ10年は『キック・アス』ぐらいでしか見てないけど、往年の顔芸&マシンガン・トーク(with 山ちゃん)が冴え渡り、良きJ.キャリーに満足満足!

特にエアスキー、からのエアパックンチョ、からのロボットダンスは本人も楽しそうで、こちらもふふっとなった笑

そういや巷では、ソニックの声優問題が話題になっていたらしい。
今回吹替板で観たけど、中川大志君ファンてのを100歩譲っても、普通に上手かったと思うんだが…
Ryuji

Ryujiの感想・評価

3.0
これバカにしてやろーと思ったら案外楽しめちゃったっていうね。わりと王道なストーリー展開。ちょっとETぽい印象かなー。まー、急に友情が芽生えたのが謎だったけどね。
予想外!映画作品として成立して楽しい\(^o^)/
メガドライブの初作からゲーム遊んでます。全く期待せずに流し観のつもりで観始めたら意外や意外、楽しくそして不覚にも涙してしまいました。映画化にあたって色々設定をイジるのを許容出来るか否かで評価は変わりそう。ソニックのゲーム音楽群に素晴らしいものが多くあるので出来ればそれらを多用して欲しかったけどわずかしか使われておらずそこが残念だった。続編を匂わせるエンディング、期待せずに楽しみにしております。
nana

nanaの感想・評価

3.5
ゲームのソニック全然知らないけど可愛くて楽しかった〜!
トムも奥さんも強くて優しくてほっこりする。
Netflixで鑑賞

ジム・キャリー+山寺宏一のバリューがすごいので抵抗なければ絶対に吹替がおすすめ ソニックの吹替は若手俳優らしいですがそこもちゃんとハマってて丁度いいです

ビジュアルのキャラ付けが濃く演技・演出もいちいち大袈裟めなので、実写でアニメを演じているような 2.5次元のような感じ 変にリアルにせずエンタメに振り切ってて良いと思った

”もしポケモンが実在したら…”で作られている名探偵ピカチュウとはベクトルがわりと違うなと感じた あっちはSFでこれはファンタジー寄り

孤独な主人公が相棒を見つける話が大好きなので、個人的にはそこも良かった

一本の映画としては、終わったあと心に残るものがあったらさらに良かったなと思うけど なまじソニックの映画だとあまり脚本家のエゴが出ても良くないよなとも思う 難しいところ

続編が決まってるそうで楽しみ

速いっていうか、時間止めてない?

たしかに、ゲームでもソニックは時間止める力あったし、実はソニックの速さとは相対的に動けることなのかもしれない。
ツナ缶

ツナ缶の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

●グロ
なし

●R18
なし

●感想
ソニックがふっさふさでひたすら可愛い。
ジムキャリーは悪役なのに面白くて憎めないほんとに適役。
ストーリーは単純だから子供が見ても楽しめる映画だと思った。

●結末
ソニックを捕まえるためロボトニックは自分の戦闘機で立ち向かうが、ソニックとトムの手によってリングを通じてキノコの惑星に飛ばされてしまった。
トムはモンタナ州に居座り続けることにした。
後日、政府に青い生き物について誰にも言わなかったとして感謝され、もう関わっていないかと聞かれた。
トムは知らないと答えた。
が、トムは屋根裏部屋にソニックの洞窟で生活していた家具を揃え、サプライズでソニックに部屋を与えた。
ロボトニックはソニックの一本の針の力を信じ、キノコの惑星でしぶとく生きていた。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

セガの人気ゲーム『ソニック』シリーズをジェフ・ファウラー監督が実写映画化したアドベンチャー作品である本作は、宇宙の果てで平和に暮らしていた中、自身が持つ"スーパーパワー"を狙うナックルズ族の襲撃に遭い、育ての親であるフクロウのロングクローによって地球へと生き逃れたソニックが、モンタナ州の小さな町グリーンヒルズでひっそりと孤独に生活をしていた10年後、とある日の夜に孤独に苛まれ、自身の特殊能力を放出し町中を停電させてしまったことをきっかけに宇宙征服を企む悪の天才科学者ドクター・ロボトニックから追われる身となってしまったソニックが、偶然逃げ込んだ、"ドーナツ卿"と親しみを感じていた保安官のトムとともにサンフランシスコへと訪れ、開かれたポータルに誤って落としてしまったリングの入った袋を取り戻し、そこへやってきたドクター・ロボトニックの陰謀を阻止すべく戦いに挑んでいく様を描いた作品となっているのだが、気軽に楽しめる作品であることに間違いはないですね。本作の主人公であるソニックが"映画好き"という設定とのことで、『スピード』や『ワイルドスピード』などといった作品が劇中の台詞やとあるシーンに映し出されるので遊び心が感じられますし、"高速移動"という特殊能力を持ち合わせたキャラクターであることから、画面上を縦横無尽に駆け回る彼が織り成す数々のアクションはとてもユニークで爽快感もありますし、発想やアイデアも豊富で単純に観ていて面白かった。ちょっとした時に楽しめる娯楽作品といったところでしょうか。ただ、物語という物語はとくに映し出されませんし、ドクター・ロボトニックを演じたジム・キャリーに関しても、どこか消化不良な印象を受けるものとなっているのでその点は気になるところ。それでも次作も観てみたいと思わされたことは確かですし、最後まで面白かったです。
hiyopii

hiyopiiの感想・評価

4.5
このモデリングになって本当によかった。
続編も決定してるようで、ソニック好きとしてはとてもありがたい。
エンドロールはファン必見。
Hayashi

Hayashiの感想・評価

4.0
2021年7月2本目
2021年通算9本目
ホテルの有料チャンネルで視聴
…聞くな


映画館でコーラとポップコーン側に置いてみたかったな〜

世界的な人気ゲームが実写化されると知った時の絶望的な不気味なキャラデザが
全とっかえされたことで、

終始可愛いわ〜〜!!とニヤニヤしながら
見ていられる作品になりました。

テンポの小気味いいシナリオ、
ソニックを表すような一気に駆け抜けていくような90分間。

地球の居心地を楽しみながらも
自分の居場所を探すソニック と

周りから求められる一方で
もっと自分の力を試すべく
自分の力が発揮できる場所を探す
ドーナツ卿 

の置かれた立場で
異なるポジショニングによる対立構造が

転職するか悩みながらも働くわたし自身に勝手ながら置き換えてしまいました。
>|